ニュース
» 2024年02月01日 18時00分 公開

『ぼっち・ざ・ろっく!』から生まれた異端の「酒クズ」スピンオフ 『廣井きくりの深酒日記』作者くみちょう&原作者はまじあきインタビュー(1/3 ページ)

飲キャならロックをやれ!

[たろちんねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「飲キャならロックをやれ!」という一部の層にぶっ刺さるコピーで登場した漫画『廣井きくりの深酒日記』。アニメも大ヒットした人気漫画『ぼっち・ざ・ろっく!』に登場する天才ベーシスト・廣井きくりを主人公としたスピンオフ作品です。

廣井きくりの深酒日記 『ぼっち・ざ・ろっく!外伝 廣井きくりの深酒日記』

 バンドマンとしての才能はピカイチなものの、ステージ上で酔っては機材を壊し、常に抱える借金や将来の不安を忘れるためお酒で「幸せスパイラル」状態にならずにはいられないという正真正銘の“酒クズ”。本作ではそんな彼女のロックだったりろくでもなかったりする日常が描かれます。

 今回は単行本1巻の発売を記念して、作者のくみちょう先生と原作『ぼっち・ざ・ろっく!』の生みの親であるはまじあき先生にインタビュー。『ぼっち・ざ・ろっく!』本編と密接に絡み合い、本家“廣井きくり”のキャラクターにも影響を与えたという異色のスピンオフ制作について聞きました。

酒を飲まない作者が“酒クズ”漫画を描く理由

――『ぼっち・ざ・ろっく!』のスピンオフをやろうとなったのはどういう経緯だったんですか?

はまじあき(以下、はまじ):以前から編集部で「スピンオフをやりたいね」って話はしてくれていたんです。本格的にプロジェクトチームができて話が進み始めたのは、『ぼざろ』のアニメが人気になったのがきっかけでした。

くみちょう:私は前の連載が終わったタイミングでちょうど『ぼざろ』のアニメにハマってSNSでファンアートを描いてたんです。それを見ていた担当さんから「スピンオフやらない?」って声をかけていただいて。

はまじ:伊地知姉妹推しでしたよね。私もファンアート見て「いいね」とかしてました。

くみちょう:見つかっていた(笑)。虹夏ちゃんが好きです!

――廣井きくり推しというわけではなかったんですね。

くみちょう:でもスピンオフをやるならきくりさんかなというのは、お話をいただいたときから思ってました。虹夏ちゃんは「結束バンド」のメンバーで主要キャラなので本編で出番がありますし。

はまじ:アニメでも廣井はすごく人気があったキャラなんですけど、本編では意外と深掘りしてなかったんですよね。

くみちょう:主人公たちより実力のあるバンドのリーダーで酒好きで大人キャラで……「アナザー主人公」として描くのに1番ちょうどいいポジションでした。

はまじ:廣井はぼっちちゃんの次くらいにアニメの反響があったキャラで、普段は絶対きらら系のファンアートを描かない人も廣井のファンアートは描いてたりしたんです。アーティスト気質の人とか海外のファンも多くて。酒でロックで、ってキャラがいいんですかね。

――確かにここまでハードな酒キャラはきらら系では珍しい気がします。ちなみにお2人もお酒は好きなんですか?

はまじ:1杯しか飲めないです。2杯以上飲んで失神したことがあって(笑)。

くみちょう:私もほとんど飲めないです。きくりさんは「幸せスパイラル」とか楽しそうですけど、私は飲んでも頭痛いし楽しくなくなっちゃう。

廣井きくりの深酒日記 全ての悩みを吹き飛ばす「幸せスパイラル」(1話28P)

――意外な事実が(笑)。それだと「酒クズ」みたいな描写ってどうやって考えてるんでしょう?

はまじ:バンドマンってやっぱりライブでお酒飲んで伝説になるみたいなエピソードがあるのでそういうのを膨らませて。あと担当の瀬古口さんはすごい飲む人です。

瀬古口(ぼざろ担当):廣井きくりのモデルは僕とはまじ先生の好きな「八十八ヶ所巡礼」というバンドのマーガレット廣井さんなんですが、その方もすごい酒豪なんです。『ぼざろ』の企画段階で最初に作ったキャラ表の段階から廣井の構想はもうありましたね。

――「サイゼ飲み」や「磯丸水産で朝を迎える」といった“酒クズ”のディテールの細かさがすごく印象的だったんですけど、あれも実体験ではない?

廣井きくりの深酒日記 酒飲みにとってサイゼ(作中ではソイゼ)は居酒屋です(2話9P)

くみちょう:行ったことはありますけど、実体験というよりは周りの人たちに聞いたあるあるネタとかから想像をふくらませてる感じですね。

はまじ:瀬古口さんもサイゼいいって言ってましたね。

瀬古口(ぼざろ担当):よく飲んでます。ワインがあの値段であの量飲めて、あったかいつまみが出てくる店ってちょっと他にない。

――めっちゃわかります。

くみちょう:どっちかというと自分がそんな飲めるタイプじゃないので、飲み会でも酔い潰れた人に水とか買ってくる立場なんですよ。だからむしろ酔っ払いの行動とかをちゃんと覚えてるというのはあるかもしれません。

――確かに酔っ払った側は基本忘れてますね……。

はまじ:瀬古口さんもよく「覚えてない」って言ってますね。

瀬古口(ぼざろ担当):すいません……。

――そういう意味だと“酒クズ”の漫画を描くのは飲まない人のほうが向いてるのかもしれませんね。

はまじ:飲み会にはよく行くけど自分は飲めないっていう。私も廣井みたいに気持ちよく酔えるのうらやましいな、って思いつつ、こうはなりたくないなと思います(笑)。

くみちょう:憧れるけどなりたくはない(笑)。

きらら好き以外の層に刺さった“酒クズ大人キャラ”

――『深酒日記』の制作はどんな風に進められてるんでしょう。

くみちょう:私もはまじ先生も担当さんもこういうスピンオフをやったことがないので正しいやり方かわからないんですけど……私が「志麻とイライザの会話はこんな感じかな」とか想像しながらネームを作ってます。

――え、じゃあ全部くみちょう先生発信で考えてる……?

くみちょう:そうなんですよね。「SICK HACK」の結成とかについても本編では細かく触れられてないので、いったん私のイメージで作って。違ったら直してくださると思ってるんですけど、それが結構スルスル通ってしまって。

はまじ:直すところないんですよ。くみちょう先生、自分より漫画うまいからそういう人に何も言うことない。

――『深酒日記』って「本編の裏側で実はきくりたちはこんなことをしていた」みたいに、結構本編と絡むような描き方も多いのが特徴ですよね。原作者として気になることとかないんですか?

はまじ:こんなことがあったんだー、すごいなーって思ってます(笑)。

廣井きくりの深酒日記 「結束バンド」初ライブの打ち上げの“その後”が描かれる回(4話3P)

くみちょう:私も『ぼざろ』ファンなので本編を何度も読み返して辻褄が合うように話や設定を考えてるんですけど、これってやってること完全に2次創作なんですよ。しかも原作者のはまじ先生という「神」に見られるわけで……。

――2次創作的に作った話がどんどん公式に採用されていく(笑)。くみちょう先生ももう神の一部になっているんですね。

くみちょう:「お前が勝手にやってたんかい」と思う『ぼざろ』ファンの方もいるかもしれないので、そこは悩みながら作ってますね。

はまじ:でもスピンオフってそうやって作品世界を広げてもらうものだからアリだと思ってます。本編はやっぱり「結束バンド」の話がメインなので、なかなかそれ以外のキャラを掘り下げるのって難しくて。くみちょう先生にいろんなキャラを補完してもらえてうれしいです。

――確かに本編で「PAさんが実はVtuberでコラボカフェに行く話」をがっつり1話は描けないですね。

はまじ:それも最初に渡したキャラ設定で「PAさんとイライザはゲーム仲間」って1行書いただけなんです。あとはくみちょう先生がそこからふくらませてくれて。

――なるほど、本編で描かれていないけどそういう設定は考えてあったんですね。

はまじ:スピンオフが決まって急いで考えた部分も多いんですけど。本編で使う機会ってなかなかないので「これはフリなのでどんどん描いちゃってください」ってお話してました。

くみちょう:イライザと志麻は原作でも登場が少ないので連載前に詳細なキャラ設定を考えてくださいました。でも、きくりさんについては連載が始まってしばらくしてからいただいた感じでした(笑)。

――主人公なのに……!

はまじ:くみちょう先生なら分かるかな、と思って(笑)。

――信頼がすごい。逆にはまじ先生が『深酒日記』から影響を受けた部分なんかもあるんですか?

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」