「息子たちは嫌いだって」 シャキーラが語った「バービー」への率直な感想に落胆の声「“遅れている”なんて残念」(1/2 ページ)

男の子ママとしての気持ちを吐露。

» 2024年04月02日 19時40分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 コロンビア出身の歌手シャキーラが2023年の映画「バービー」について述べた感想が論争を呼んでいます。シャキーラは4月1日の米Allure誌とのインタビューで、自身の2人の息子たちは映画を鑑賞し「男らしさを奪われたように感じた」と語りました。

2人の男児の母であるシャキーラ 監督やプロデューサーは“コメディー”であることを強調(画像は過去記事から)

男性キャラの描き方には反発も 監督の見解は「あくまでコメディー」

 映画「バービー」といえば2023年に世界中で旋風を巻き起こし興行収入でも大成功を収めた話題作で、グレタ・ガーウィグがメガホンを取り、マーゴット・ロビーが主演とプロデュースを担当。完璧なバービーワールドで暮らすバービーが、ケンを伴い不完全な人間世界へ飛び出す内容で、あらゆる女性の生きづらさを描きながら“何でにでもなれる”というポジティブなメッセージを打ち出していました。

 単独の女性監督作品で初めて全世界興行収入が10億ドル(約1410億円)を突破し、ゴールデン・グローブ賞では興行成績賞と主題歌賞を受賞したものの、賞レースでの成績はいまいち振るわず。8部門へノミネートされたアカデミー賞でも受賞は歌曲賞のみにとどまり、監督賞と主演女優賞へはノミネートすらされず。ケン役のライアン・ゴズリングは助演男優賞にノミネートを受けながらも「がっかりした」と苦言を呈していました

 おおむね高い評価を受ける一方、ゴズリングの他、シム・リウら複数の男性俳優が演じるケンが作中で果たす役割はバービーほど前向きで爽快なものではなかったという意見もちらほら。作中でケンはバービーワールドと真逆な家父長制に影響され、“有害な男らしさ”を発動し大暴れしてしまいます。

 ガーウィグ監督とプロデューサーのデイビッド・ヘイマンは2023年8月の来日時、ねとらぼのインタビューでこの話題に触れ、この作品は“コメディー映画”であることを強調し、「特定の層を意識していない」とコメント。あくまでみんなに笑ってもらうことを目的にしていて、「ケンのシーンは女性にとってだけでなく、男性にもケンの中に自分自身との共通点を見つけ出して面白いと感じられるシーンにしたかった」としています(関連記事)。

母親として、息子たちには「女性を尊重しつつ、彼らにもパワーを感じてほしい」

2人の男児の母であるシャキーラ シャキーラと2人の息子(画像はシャキーラのInstagramから)

 一方でシャキーラは現在11歳の長男ミランと9歳の次男サシャ、2人の男の子のママという立場。今回、インタビューで「バービー」の感想を聞かれると質問のあとしばらく沈黙し、「息子たちは本当に嫌っていた。彼らは、男らしさを奪われたように感じた。そして、私もある程度までは同意する」と息子たちは鑑賞後に良い感情を抱かず、自身としてもその気持ちは理解できるとしました。「私は2人の息子を育てている。私は、女性を尊重しつつ、彼らにもパワーを感じてほしい」と母親としての正直な気持ちを明かしています。

 「男性が男性としてあるための可能性を奪わず、女性に力を与え、守り、機会を与えるようなポップカルチャーが好き。私は、本質や女性らしさを失うことなく、女性に全ての手段とどんなこともやり遂げられるという信頼を与えることができると信じている。男性には社会における目的があり、女性もまた別の目的があると思う。私たちはお互いに補い合い、それを失ってはならない」と持論を展開しました。

 さらにインタビュワーから「女性が全てをこなせるからといって、そうすべきとは限らないということ?」と尋ねられると、「なぜそれを背負うに値する人や背負う義務のある人と、重荷を分かち合おうとしないの?」と回答しています。

 シャキーラは、2022年に破局するまで11年に渡るパートナーであったサッカー元スペイン代表ジェラール・ピケとの長男ミランを2013年に、次男サシャを2015年に出産。ピケの浮気による破局を歌詞に盛り込み新曲をリリースするなどしてメディアを賑わせ、現在はシングルマザーとして子どもたちを育てています。

猛反発を浴びる結果に 「シャキーラが“遅れている”なんて残念」

 インタビューの反響は大きく、「シャキーラのシーウルフフェミニズム」と題して掲載されたこともあってか、記事の掲載後シャキーラがInstagramアカウントトップに固定している投稿には、一部から批判的なコメントも寄せられることに。「バービーをもう一度みることを勧めるよ。君はよく理解してないみたいだから」「この映画の全体的なテーマは、ジェンダーの役割と格差を超越することだったのに」「シャキーラが“遅れている”なんて残念」など、彼女が作品の趣旨を理解していないとして落胆する声が多数寄せられました。

 また、「私の12歳の息子は大好きみたいだよ!」との反対意見もあったものの、同作は米国で13歳未満には保護者の指導や注意が必要なPG-13指定で、「この映画は彼らの年齢がターゲットじゃないんだよ」と指摘する人も。「その(男らしさを奪われるという言葉の)意味を11歳と9歳の男の子が分かってるとは思えないけど」など、息子の感想とした語られた言葉はシャキーラのものなのではと疑問を持った人もいたようです。

 一方、「彼女が何を考えようと自由だ。あなたの意見と彼女の意見が違っていたとしても、それは彼女が間違っているということにはならない」と彼女の意見を頭ごなしに“間違っている”“古い”と決めつける姿勢への批判もみられました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」