愛猫が天国へ旅立つ前夜に起こった“不思議体験” 飼い主の自責の念を救った“メッセージ”が心を打つ(1/3 ページ)

「ペットロスとの寄り添い方」第29回は猫「大(だい)」くんです。

» 2024年05月24日 20時30分 公開
[ねとらぼ]

 多くの飼い主が一緒に暮らす動物を“大切な家族の一員”として捉え、人生をともに歩んでいます。動物と暮らした時間は長くとも短くとも、深い愛情を持って接した分、飼い主にとって人生のかけがえのない一部となり、別れは深い悲しみとなって心身に押し寄せます。

ペットロスとは

 愛する動物との死別による喪失感や混乱、後悔など、抱えきれないほどの悲しみによって心身が不安定になる状態を指す「ペットロス」「ペットロス症候群」。2023年、犬・猫を失った経験を持ち、現在はペットと一緒に暮らしていない1000人を対象に実施された「ペットロスに関する調査(アイペット損害保険)」では、ペットを失った人の約6割がペットロスを経験していると発表されています。

 飼い主にとって非常につらい経験となり、カウンセリングを要するケースもあることから、「ペットロス」「ペットロス症候群」は今、メンタルヘルス上の大きな課題として多くの人が向き合っています。動物とのこれまでの日々を忘れたり、死を乗り越えたりすることはできないかもしれませんが、時間の経過とともに受け入れ、いつかふと思い出したときにあたたかい涙がこぼれるような“寄り添い方”はあるはずです。

猫 第29回は飼い主・YUさん/猫「大(だい)」くん

 そこでねとらぼ生物部では「ペットロスとの寄り添い方」をテーマに、読者にアンケートを実施。寄せられたさまざまなエピソードから、愛する動物との思い出や別れ、当時の心境や救われた出来事をご紹介していきます。現在動物と暮らしている人や、悲しみの渦中にいる人に寄り添うヒントとなれば幸いです。

第29回 飼い主・YUさん/猫「大(だい)」くん

―― 大くんのプロフィールと出会い、思い出や印象的なエピソードを教えてください

YUさん:もう30年近く前になりますが、自宅近くの公園の側溝でおなかをパンパンに腫らし、1匹で鳴いているところを保護しました。

 先住猫がいたのですが、その子がとても気の強いお姉ちゃんで、大はいつも遠慮がちでした。鳴き声も「ふぇ〜」という感じで少し気の弱いところがありましたが、カギしっぽをピンと立ててすり寄ってくる姿がいじらしかったです。

 大は去勢手術跡から大量出血をして、生死をさまよったことがありました。動物は人間の身代わりになってケガや病気をすることがあると聞いていたので、もしかしたら家族の身代わりになってくれたのかも知れません。

 大はそれまで「金時」という名前でしたが、大量出血から命を取り留めてくれたので、大きく育つようにと「大」に名前を変更しました。

―― 大くんと別れてからの心境や、救われた出来事などがあれば教えてください

YUさん:19歳で虹の橋を渡りました。私が結婚して実家を離れるとき、猫たちは連れて行けず、仕事で忙しくしていた母に面倒を見てもらっていましたが、そのことが心苦しく気になっていました。

 もちろん様子を見に行ってはいましたが、「もっと何かしてやれることがあったんじゃないか?」「大は私を冷たい人だと思ってたんじゃないか?」「ごめんね」と自責の念に駆られていました。

 大は息を引き取る3カ月ほど前から極端に食欲が落ち、喉が腫れていました。おそらく腫瘍か何かだったと思いますが、年齢もあって積極的な治療はしていませんでした。虹の橋を渡ったその日も、私は後ろ髪を引かれる思いで実家から戻り、夜中寝つけませんでした。

 その夜、携帯でAmazonの本を検索していると、『ペットがあなたを選んだ理由』という本にたどり着きました。内容紹介欄に、「気にしてもらえるってうれしい」「家族ってあったかいね」という言葉が見え、なんとなく「あぁ、大もこんな風に思ってくれてたら救われるなぁ」と感じ、スッと眠れました。

 翌朝、母から大が旅立ったと連絡がありました。その後、本の内容紹介欄を見直しましたが、そんな言葉は書かれておらず、もしかしたら大が送ってくれたメッセージかも!? と思いました。

―― 現在の心境を教えてください

YUさん:この体験は信じられない出来事だと思いましたが、他にも虹の橋を渡った子からメールが来た人の話を目にすることがあり、やっぱりあるんだ! と思えました。

 気にしてあげるだけでうれしいだなんて、ほんの少し手をかけてあげたら幸せになる動物が増えるのになと思います。

―― 大くんに伝えたいメッセージ

YUさん:大、後悔ばっかりのお母ちゃんだったけど少しは幸せを感じてくれてたかな? また福(先住猫)と3人で会いたいな。

(了)

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/12/news077.jpg フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  2. /nl/articles/2406/12/news126.jpg 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  3. /nl/articles/2406/12/news029.jpg 「1匹いたら100匹いる」「発生しなかったら奇跡」 ビオトープに侵入し崩壊させる“ヤバイ奴”の駆除方法に反響
  4. /nl/articles/2406/12/news013.jpg 「めちゃくちゃ怖い」 3LDKの一軒家→外に出ると…… まさかの危険すぎる設備に「どうやって運ぶの?」
  5. /nl/articles/2406/11/news026.jpg 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  6. /nl/articles/2406/12/news024.jpg パパが1歳娘を寝かしつけ開始、途中で様子を見てみると…… 驚きの展開への娘の反応に「可愛すぎて語彙力無くなる」「仲良し親子」
  7. /nl/articles/2406/12/news023.jpg 新婦入場をスマホで撮影する父、一番いいシーンでまさかの……? 大爆笑の展開に「歯磨き中に吹いてしまったw」「結末わかってたけど笑ったw」
  8. /nl/articles/2406/11/news023.jpg 食べた後のパイナップルのヘタを植える→3年後…… 驚きの姿に「凄すぎます」「家庭菜園レベチ」と138万表示
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/12/news116.jpg ヒロミ、“6000万円超の超高級外車”に乗る→即ロックオンされてしまう “営業トーク”の嵐には「ポラリス10台分か」「乗る男になったらすげぇな」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」