メディア

【朝ドラ】人気No.1を決めよう! 1980年代の作品で、好きなヒロイン役はだれ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 キラキラしたオーラを放つアイドルたちが、女優として開花するきっかけともなった80年代のNHK「連続テレビ小説」。社会現象を巻き起こした名作から、胸を打つ感動作まで、たくさんの大作が勢ぞろいしているのが特徴です。

 今回は、そんな80年代の朝ドラにスポットを当て「一番好きな80年代の朝ドラヒロインは?」というアンケートを行います。まずは3作品の主演女優について紹介していきます。

「朝ドラ100/NHK放送史」公式サイトより引用
advertisement

沢口靖子(澪つくし)

 千葉県の港町・銚子市を舞台に、老舗のしょうゆメーカーのお嬢様として育てられた主人公・かをるのラブストーリーが展開する「澪つくし」。2021年になった今でも、再放送されている名作です。

 主演を務めたのは、現在では大女優としての地位を確立している沢口靖子さんでした。彼女のブレイクのきっかけとなった本作では、恋に悩む少女の強さやかわいらしさを、フレッシュな演技で余すところなく見せてくれています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

斉藤由貴(はね駒)

 80年代のアイドルとして、多くのファンを虜にしてきた斉藤由貴さん。1986年4月スタートの「はね駒」では、福島出身の女性新聞記者・橘りんを演じました。

 ドラマ放送前から、お茶の間の人気者だった斉藤さんが主演だったため、平均視聴率が40%を超える人気作となりました。仕事と家庭の両立に悩みながらも活躍する橘りんの前向きな姿は、多くの共感を呼びました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

山口智子(純ちゃんの応援歌)

 激動の戦後に、高校球児たちと甲子園を目指すヒロイン・純子の奮闘劇「純ちゃんの応援歌」。主演の山口智子さんは、オーディションを勝ち抜いて、本作が初出演のドラマとなりました。

 トレードマークの麦わら帽子は、山口さんの明朗快活なイメージにピッタリ合っていましたね。また、この作品で山口さんは、後に夫となる唐沢寿明さんと共演を果たしています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

その他

 ここまで3作品のヒロインを紹介してきました。80年代の朝ドラヒロインを演じた女優のみなさんは、今ではビックキャストになっている方ばかりです。

 今回は、80年代に放送された作品に登場したヒロイン22人が投票対象です。あなたが一番好きな女優へ投票してください。ヒロインや作品への熱いメッセージもお待ちしております。それでは投票、よろしくお願いします!

advertisement

アンケート

あなたが好きな80年代の朝ドラヒロインは?
合計:534票
実施期間:2021/02/10 00:00 〜 2021/02/23 23:59
投票は締め切りました

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング