メディア

【うる星やつら、犬夜叉など】「高橋留美子」作品であなたが一番好きなのは?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1978年のデビュー以来、「うる星やつら」「めぞん一刻」「犬夜叉」など数々の名作を世に送り出してきた高橋留美子さん。ラブコメからシリアスまで幅広い作品を発表しており、その独特な世界観は「るーみっくわーるど」と呼ばれ、多くのファンに親しまれています。

 今回は、そんな高橋留美子さんの作品の人気投票を実施します。ぜひお気に入りの作品に投票してください!

 それでは、アンケートの前に代表的な作品をいくつか紹介します。

うる星やつら

 1978年から『週刊少年サンデー』で連載がスタートした、高橋留美子さん初の連載作品。主人公の諸星あたるとヒロインの押しかけ女房・ラムを中心に繰り広げられるドタバタ劇が特徴のSFコメディーで、1981年にアニメ化されるなど、大きな人気を集めました。

 令和の今も愛される作品で、特にラムは新しいフィギュアがリリースされるなど、その人気は衰えません。

画像はAmazon.co.jpより引用
advertisement

めぞん一刻

 アパート「一刻館」に下宿する主人公の浪人生・五代裕作と、管理人の未亡人・音無響子の恋模様を中心に描いたラブコメ作品で、1980年から『ビッグコミックスピリッツ』で連載がスタートしました。

 クセの強いキャラクターが次々登場し、コミカルなストーリーがテンポ良く進んでいくのが特徴。1980年代を代表する恋愛漫画として、高く評価されています。

画像はAmazon.co.jpより引用
advertisement

らんま1/2

 1987年から『週刊少年サンデー』で連載がスタートし、アニメ化やゲーム化もされた人気作です。水をかぶると女の子になってしまう主人公・早乙女乱馬をはじめ、個性あふれるキャラクターが織りなすドタバタ劇が展開されます。乱馬と許嫁の天道あかねが、時にケンカしながらも、その距離を縮めていく様子もいいですよね。

画像はAmazon.co.jpより引用
advertisement

1ポンドの福音

 『1ポンドの福音』は、1987年から『週刊ヤングサンデー』で連載がスタートした作品。2008年にはテレビドラマにもなりました。

 大食いでいつも減量に失敗してしまうボクサーの主人公・畑中耕作と、敬虔な修道女であるヒロイン・シスターアンジェラとの恋愛を描いたスポーツラブコメ。苦しみながらもボクサーとして成長していく耕作と、そんな彼を厳しくも優しく見守るシスターアンジェラの交流は必見です。

画像はAmazon.co.jpより引用
advertisement

犬夜叉

 1996年から『週刊少年サンデー』で連載がスタートした作品。戦国時代にタイムスリップしたヒロイン・日暮かごめと、主人公の半妖の少年・犬夜叉の、四魂の玉のかけらを探す旅を描いています。迫力のバトルシーンやシリアスな展開を中心に、コメディ要素も随所に盛り込まれています。

画像はAmazon.co.jpより引用
advertisement

境界のRINNE

 2009年から『週刊少年サンデー』で連載された作品で、シリアスな展開が中心だった前作の『犬夜叉』から一転、コメディ要素が強く打ち出されました。人間界と霊界の間で繰り広げられるドタバタ劇が中心の作品で、クールな主人公・六道りんねとヒロイン・真宮桜の関係は、いつ読んでも魅力的です。

画像はAmazon.co.jpより引用
advertisement

MAO

 2019年に『週刊少年サンデー』で連載がスタートした作品で、記事執筆時点で8巻まで刊行されています。クールでマイペースな陰陽師の主人公・摩緒と、人間として暮らしていた妖のヒロイン・黄葉菜花の出会いから繰り広げられる物語は、これまでの作品とは違ったダークファンタジー。新しい「るーみっくわーるど」を味わえる1作です。

画像はAmazon.co.jpより引用

 投票は下のアンケートフォームからお願いします。また投票項目以外の作品が好きという人は「その他」を選んで、コメント欄から作品タイトルを教えてください。また作品の感想も、ぜひコメント欄に寄せてください!

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ランキング