メディア

台湾でコロナの新規感染者ゼロを達成 ネットでは「希望の持てるニュース」「まだ油断はできない」などの声

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2020年4月16日、台湾ではCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の封じ込めに成功しているという報道があり、大きな話題となっています。

 時事通信社によると、台湾では4月14日に新規感染者数ゼロを記録しました。これは、3月9日以来36日ぶりのことだそうです。

 台湾では日本のように外出自粛は求められないものの、感染者や濃厚接触者、海外から台湾に戻った人には14日の隔離を義務づけています。また、隔離者には補償金を支給する一方、違反者には罰金が科されます。このような日本とは異なる新型コロナ対策についてもネットでは多数の感想が寄せられています。

「台湾 コロナ 封じ込め」の評価は?

 SNS分析ツールを用いて「台湾 コロナ 封じ込め」を含んだツイートを解析したところ、81.3%がポジティブな内容であると分類されました。

advertisement

「台湾 コロナ 封じ込め」の盛り上がりは?

 時事通信による報道があった7時台から徐々に話題となり、10時台にはピークを迎えました。

advertisement

「お手本のような対策で素晴らしい」「日本でやるのは難しい」など台湾のコロナ対策への声

 台湾のコロナ封じ込め対策について「お手本のような対策」「希望が持てるニュース」などと、台湾の対応を絶賛する声が多数見られました。

advertisement

「過去に学ぶ国は強い」台湾はSARSの経験を強みにしているとの声

 台湾では、2002年から2003年頃にSARSが流行したときには収束が遅くなりました。これに関連して、「過去に学ぶ国は強い」「今回は対策が早かった」と台湾の対応を評価する意見がありました。

 また、台湾では、濃厚接触者や海外から戻ってきた人への隔離を命じ、違反者は罰金とする対応がされています。これに関連して、「行政も国民もどう行動したら良いか理解している。だから厳しい制限を課されても従っている」などと、SARSの経験が生きる国だからこそ国民が従っていると分析する意見も寄せられています。

advertisement

良いニュースだけど油断禁物

 台湾のコロナ封じ込め成功のニュースについて、「継続的に調子良い日があってから、改善と考えるべき」「油断は禁物」とまだまだ注意が必要だとする冷静な声も寄せられています。

 また、「油断は禁物だけど、このまま頑張ってほしい!」などと、台湾を引き続き応援する声もありました。

advertisement

まとめ

 台湾のコロナ封じ込めについて、「過去のSARSの経験を生かしていて素晴らしい」「希望が持てるニュース」など、好意的な反応が多く寄せられました。また、一方では台湾で成功している対策をそのまま日本で実施するのは難しいと分析する声もあります。まだまだ油断できない段階ではありますが、台湾の例のように明るいニュースが増えていくと良いですね。

調査概要

調査期間2020年4月16日
調査対象Twitter
調査件数1万2345 件(10%サンプリング)
調査キーワード 台湾 コロナ 封じ込め
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正
Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ランキング