メディア
ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 アメリカ航空宇宙局(NASA)が太陽系の外に地球とほぼ同じ大きさの惑星を発見したというニュースが、インターネット上で話題を呼んでいます。  時事通信社の報道によれば、惑星の名前は「ケプラー1649c」。大きさは地球の1.06倍。温度も地球に近く、水が液体のまま存在できると推定されています。ただ大気の存…

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home