メディア

『島耕作』シリーズであなたが好きなのはどれ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ビジネスパーソンを中心に高い人気を誇っている、弘兼憲史さんの漫画『島耕作』シリーズ。講談社の青年漫画誌『モーニング』にて1983年から1992年に掲載された『課長 島耕作』を皮切りに、さまざまなシリーズが展開され、現在も連載が続いています。

 そこで今回ねとらぼ調査隊では、「『島耕作』シリーズで一番好きな作品は?」というテーマでアンケートを実施。まずは投票対象から3作品を紹介します。

advertisement

課長 島耕作

 記念すべきシリーズ第1作です。大手電器メーカー「初芝電器産業」に務める島耕作。当初は小心者で平凡なキャラクターとして描かれていました。物語が進むにつれ、会社内部の派閥抗争などに巻き込まれながらも、自らの信念に従う一面が際立つようになりました。

advertisement

相談役 島耕作

 2019年から『モーニング』で連載されている現役のシリーズ作品。東京2020オリンピック・パラリンピックに関する話題のほか、島がCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)に感染し、宿泊施設で療養生活を送るという時事問題を絡めた展開が話題となりました。

advertisement

ヤング 島耕作

 『モーニング』の姉妹誌として創刊された『イブニング』で連載された作品。島が入社した1970年頃の社会情勢や世間の気風、大企業の雰囲気などが描かれ、当時の世相を知るために読んでも勉強になります。

advertisement

その他

 どの作品も、背景となる時代の雰囲気が感じられる『島耕作』シリーズ。選択肢には計13作品を用意しました。スピンオフ作品に投票したいという場合は、「その他」に投票のうえ、コメント欄でタイトルと投票理由を教えてください。それでは投票、よろしくお願いします!

advertisement

アンケート

「島耕作」シリーズで好きなのは?
合計:54票
実施期間:2021/05/06 00:00 〜 2021/05/19 23:59
投票は締め切りました

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.