メディア

【ファイナルファンタジー】歴代FFの中で一番好きなストーリーはどのタイトル?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1987年に初代・ファイナルファンタジーがリリースされ、2021年5月現在、「XV」まで続いているFFシリーズ。日本を代表するゲームタイトルのひとつであり、世界中に多くのファンを持っているゲームです。

 今回は「歴代FF(ファイナルファンタジー)で一番好きなストーリーは?」というテーマで人気投票を実施します。まずは、投票対象となるタイトルの中から3タイトルを紹介します。

画像は「ファイナルファンタジーポータルサイト」より引用
advertisement

VI

 1994年にリリースされた「ファイナルファンタジーVI」は、1000年前の魔大戦により魔法が失われ、代わりに機械が発達した世界を舞台にしています。しかし魔法の力の元となる幻獣の存在を発見した時の皇帝ガストラは、魔法の力を甦らせ、機械と魔法の力をドッキングさせた魔導の力を利用して世界征服を画策。

 VIでは、そんなガストラ帝国と反帝国組織リターナーの対立や、それぞれの組織に関係するキャラクターたちの絡み合う人間模様が描かれました。また本作では、前作の「V」までは当然のように使えた「魔法」の存在に重点を置いたストーリーが大きな特徴です。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

VII

 1997年にリリースされた「ファイナルファンタジーVII」は、シリーズの中でも屈指の人気と知名度を誇る作品です。カギとなるのは、星を流れるライフストリームという精神エネルギー、遙か昔に星を開拓した古代種、そして空から来た厄災・ジェノバの存在。

 ストーリーは、ライフストリームを「魔晄」と呼んで軍事や商業に利用し、世界を牛耳る神羅カンパニーと、星の命を守るという目的のために活動する反神羅組織アバランチの対立から始まります。

 物語が進むにつれ星の成り立ちが明かされ、やがて古代種のみが知るという至上の幸福がある場所、「約束の地」を探すことに。さらには魔晄によって超人的な力を得た神羅の兵士、ソルジャーの存在も物語に大きく関わってきます。2020年に発売となった「REMAKE」では、細かな部分のストーリーや演出がかなり変更されているので、続きがどうなるのかも楽しみなタイトルです。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

XV

 2016年にリリースされた「ファイナルファンタジーXV」の舞台は、シガイと呼ばれる魔物がうろつく世界。ストーリーは、魔法が栄えるルシス王国と、機械技術が発達したニフルハイム帝国という2つの国の停戦調印式で、ニフルハイムが裏切ることから始まります。

 この襲撃により、ルシス王国はクリスタルを奪われ陥落。自身の結婚式のために王都を離れていたルシスの王子ノクティスは、国王である父の死を告げる報道を耳にし、歴代王の力を手に入れるために旅に出ることになります。壊れていく世界の中で描かれるノクティスの成長と、仲間たちとの絆の描写は胸に迫るものがあり、ラストに向かうにつれ切なさがこみ上げます。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

歴代FF(ファイナルファンタジー)で一番好きなストーリーはなに?

 歴代FFの重厚なストーリーは、ひと言で語れるようなものではなく、それぞれに異なるよさがあります。投票対象はナンバリングタイトルとなる全15作。各派生タイトルのストーリーが好きだった人は、「その他」を選んでからコメント欄でタイトルを教えてください! それではアンケートより、ご投票よろしくお願いします。

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ゲーム」のアクセスランキング