メディア

「北信越エリアの平均年収」ランキングTOP5! 第1位は「富山県」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 求人サイト「doda」を運営するパーソルキャリアは、2022年9月~2023年8月にdodaサービスに登録した約63万人(正社員)の平均年収データを47都道府県別に集計。2023年12月に「平均年収ランキング(47都道府県・地方別の年収情報)【最新版】」として公開しました。

 本記事では、「北信越エリア」のランキングを紹介します。北信越エリア(新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県)全体の平均年収は378万円であり、前回の結果と比べて、5県全てで平均年収が向上しています。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査対象2022年9月~2023年8月末までの間に、dodaサービスに登録した20~65歳の男女(正社員)
有効回答数約63万件

(出典元:平均年収ランキング(47都道府県・地方別の年収情報)【最新版】

advertisement

「北信越エリアの平均年収」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第2位:長野県

諏訪立石公園からの諏訪湖 長野県諏訪市
画像:PIXTA

 第2位には「長野県」がランクイン。平均年収は384万円で、男女別に平均年収を見ると、男性は425万円、女性は320万円でした。東京や名古屋、金沢といった各主要都市からアクセスしやすい場所に存在しており、輸送・交通ともに利便性の高い地域です。

 精密加工技術や電子技術を有する多くの企業が集積しており、2019年時点で情報機器製造業は第1位、電子部品製造業は第2位の規模。人とモノ、情報が行き交う地域であることから、マルコメやセイコーエプソンといった企業の研究所も多く、全国有数の研究開発拠点となっています。

advertisement

第1位:富山県

富山県 呉羽山公園展望台 眺望
画像:PIXTA

 第1位は「富山県」でした。平均年収は385万円で、男女別に平均年収を見ると、男性は427万円、女性は319万円となっています。県東部存在する立山連峰をはじめ、多数の山が天然の巨大なダムとして機能しており、1年を通じて豊富に水を得られるのが特徴です。

 豊富な水資源は水力発電や工業用水にも活用されており、富山県は北信越地方の中でも第2次産業が盛んな地域。製造に多量の水と電気を必要とするアルミニウム産業も盛んで、住宅用アルミニウム製サッシの全国シェアは第1位となっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「経済」のアクセスランキング