「最高のバスケ漫画」だと思う作品ランキングTOP17! 第1位は「SLAM DUNK」【12月21日はバスケットボールの日】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 本日12月21日は「バスケットボールの日」です。日本でも人気が高いスポーツのバスケットボールは、1891年12月21日にアメリカで「ファーストゲーム」が行われたとされています。記念すべき日として、NBA解説などで知られる島本和彦さんが2011年に提唱した「12月21日はバスケットボールの日!委員会」が記念日として制定。「バスケットボールの日」はイベント開催などで、全国的に周知されています。

 今回は、「バスケットボールの日」を記念して、「『最高のバスケ漫画』だと思う作品ランキング」(2022年12月ねとらぼ調べ・回答数784票)を紹介します。

 日本では、これまで数多くの魅力あふれるバスケ漫画が発表されてきました。大ヒットした作品もある中で、どの漫画が人気を集めたのでしょうか?

advertisement

「最高のバスケ漫画」だと思う作品ランキング

画像:写真AC
advertisement

第2位:DEAR BOYS

出典:Amazon.co.jp
DEAR BOYS(1) (月刊少年マガジンコミックス)"

DEAR BOYS(1) (月刊少年マガジンコミックス)

八神ひろき
660円(05/23 02:58時点)
発売日: 2004/09/07
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は『DEAR BOYS』でした。1989年から『月刊少年マガジン』にて連載中の八神ひろきさんによるバスケ漫画。第1部の完結以降もシリーズ化されており、2023年1月現在は、それまでの物語の舞台となっていた瑞穂高校のライバル校である湘南大相模高校を舞台とした、第4部「ACT4」が連載されています。

 第1部のストーリーは、暴力事件によって廃部寸前のバスケ部に天才少年が入部し、全国制覇を狙えるチームに変えていくというもの。ストーリーのおもしろさはさることながら、主人公たちと他校のプレーヤーとの交流を描いている点や、男子だけでなく女子バスケ部の活躍も描いている点、さらには恋愛や青春模様なども重要なファクターとなっている点などが本作の魅力です。

advertisement

第1位:SLAM DUNK

出典:Amazon.co.jp
SLAM DUNK 新装再編版 1 (愛蔵版コミックス)"

SLAM DUNK 新装再編版 1 (愛蔵版コミックス)

井上 雄彦
660円(05/23 02:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

 そして、第1位は『SLAM DUNK』でした。1990年から1996年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載された井上雄彦さんによる漫画。バスケ漫画の人気を確立した金字塔とも呼ぶべき作品です。ストーリーは、不良少年が一目惚れをきっかけにバスケ部に入部し、類まれなる才能を少しずつ開花させていくというもの。サブキャラクターたちが主人公に劣らぬほど重要な役割を果たしている点や、敗北と挫折を美しく描いている点などが魅力です。

 2022年12月には、原作者である井上雄彦さん自ら監督・脚本を担当した新作アニメ映画「THE FIRST SLAM DUNK」が公開され、大きな盛り上がりを見せています。コメント欄では「スラダンは本当に名作です。諦めたらそこで終わるが心にしみます」「スラダン見てバスケに憧れて、バスケを始めて小中と副キャプやりました!」といった声が寄せられていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.