メディア

【スーパー戦隊シリーズ】70~80年代スーパー戦隊の主題歌ランキングTOP30! 第1位は「太陽戦隊サンバルカン」【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 3月27日から4月9日まで、ねとらぼ調査隊では「70~80年代スーパー戦隊の主題歌で好きなのは?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、1970年代から1980年代に放送された「スーパー戦隊シリーズ」のオープニングテーマーおよびエンディングテーマ全30曲です。今回のアンケートでは、総数700票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

第10位:バトルフィーバーJ

 第10位は「バトルフィーバーJ」でした。得票数は25票、得票率は3.6%となっています。

 「バトルフィーバーJ」は、1979年から1980年にかけて放送されたスーパー戦隊シリーズの第3作です。現在ではおなじみとなった巨大ロボットが初めて投入された作品です。オープニングテーマとなる「バトルフィーバーJ」を歌っているのは、MoJoさん、コロムビアゆりかご会、フィーリング・フリー。

advertisement

第9位:高速戦隊ターボレンジャー

 第9位は「高速戦隊ターボレンジャー」でした。得票数は27票、得票率は3.9%となっています。

 「高速戦隊ターボレンジャー」は、1989年から1990年にかけて放送された作品です。1980年代最後のスーパー戦隊作品で、「高校生」「妖精」「車」など、さまざまな要素を融合した作風が特徴。

 オープニングテーマの「高速戦隊ターボレンジャー」は、本作のレッド役である佐藤健太さんが歌っています。また、佐藤さんは1992年から放送された「恐竜戦隊ジュウレンジャー」のオープニングテーマも担当しました。

advertisement

第8位:秘密戦隊ゴレンジャー

 第8位は「秘密戦隊ゴレンジャー」でした。得票数は29票、得票率は4.1%となっています。

 記念すべきスーパー戦隊シリーズ第1作として、 1975~1977年にかけて放送された「秘密戦隊ゴレンジャー」。そのエンディングテーマ、および挿入歌として使われていたのが、“アニソン界の大王”ささきいさおさんが歌う番組と同名のこの曲です。

 作曲・編曲の渡辺宙明さんは、その後もスーパー戦隊シリーズの楽曲を多数手がけています。また、ささきさんの渋い声が染み入る一方、「バンバラバンバンバン」というスキャットが印象的なノリのよい歌です。

advertisement

第7位:光戦隊マスクマン

 第7位は「光戦隊マスクマン」でした。得票数は40票、得票率は5.7%となっています。

 「光戦隊マスクマン」は、1987年から1988年にかけて放送された作品です。戦隊チームのメンバーは武術の達人で、人間が持つ神秘の力「オーラパワー」で変身して戦うという設定。パワーアップがアイテムではなく、トレーニングというのも斬新でしたね。

 影山ヒロノブさんが歌うオープニングテーマ「光戦隊マスクマン」については、「サビの『気・気 オーラパワー!』の部分が好き」といったコメントが寄せられていました。

advertisement

第6位:超獣戦隊ライブマン

 第6位は「超獣戦隊ライブマン」でした。得票数は44票、得票率は6.3%となっています。

 1988年から1989年にかけて放送されたスーパー戦隊シリーズ第12作「超獣戦隊ライブマン」。それまでの作品にない試みがいくつも盛り込まれました。

 その試みの1つとして大きな話題となったのが、それまでは新人俳優を起用していた主人公のレッド役として、当時すでに歌手・俳優として知名度を得ていた嶋大輔さんが抜擢されたこと。オープニングとエンディングの主題歌も嶋さんが担当し、出演者が主題歌を歌うこともシリーズ初となりました。

advertisement

第5位:科学戦隊ダイナマン

 第5位は「科学戦隊ダイナマン」でした。得票数は49票、得票率は7%となっています。

 1983年から1984年にかけて放送された、スーパー戦隊シリーズ第7作に当たる「科学戦隊ダイナマン」。「科学と夢」というテーマに挑んだ意欲作で、そのオープニングテーマとして使用されたのがこちらの曲です。

 琵琶とクラベスが使用されているのが印象的で、これは作曲・編曲を担当した京建輔さんが、先に参加していた「快傑ズバット」から着想を得たといわれています。

advertisement

第4位:超電子バイオマン

 第4位は「超電子バイオマン」でした。得票数は50票、得票率は7.1%となっています。

 「超電子バイオマン」は1984年から1985年にかけて放送された、戦隊シリーズの第8作。戦隊ヒロインが初めて2人となった作品です。

 オープニングテーマは、宮内タカユキさんが歌う「超電子バイオマン」。コメントでは「歌詞のカッコよさではトップクラスだと思う」との声が寄せられていました。

advertisement

第3位:電撃戦隊チェンジマン

 第3位は「電撃戦隊チェンジマン」でした。得票数は69票、得票率は9.9%となっています。

 「電撃戦隊チェンジマン」は、1985年から1986年にかけて放送された作品です。大星団ゴズマによる全銀河征服計画に対抗する電撃戦隊チェンジマンは、地球が持つ神秘の力「アースフォース」を使って戦うという、スケールの大きな設定が特徴でした。

 オープニングテーマはKAGE(影山ヒロノブ)さんが歌う「電撃戦隊チェンジマン」。コメントでは「やっぱりチェンジマン!」「チェンジマンがカッコいい」との声が寄せられていました。

advertisement

第2位:ああ電子戦隊デンジマン

 第2位は「ああ電子戦隊デンジマン」でした。得票数は71票、得票率は10.1%となっています。

 「電子戦隊デンジマン」は、1980年から1981年にかけて放送された作品で、スーパー戦隊シリーズの第4作。初めて変形ロボットが登場した作品で、スーパー戦隊シリーズの土台を固めた作品とも言われています。

 オープニングテーマ「ああ電子戦隊デンジマン」を歌っているのは、成田賢さん。成田さんは、1979年に放送されたアニメ「サイボーグ009」のオープニングテーマ「誰がために」も担当していました。

advertisement

第1位:太陽戦隊サンバルカン

 第1位は「太陽戦隊サンバルカン」でした。得票数は104票、得票率は14.9%となっています。

 「太陽戦隊サンバルカン」は、1981年から1982年にかけて放送されたスーパー戦隊シリーズの第5作です。3人の青年が空・海・陸の3大パワーで、機械帝国ブラックマグマと戦っていくという作品。前作「電子戦隊デンジマン」の敵役・ヘドリアン女王が復活するなど、その世界観が引き継がれていました。最初から最後まで男性3人編成というのも大きな特徴。

 オープニングテーマ「太陽戦隊サンバルカン」を歌うのは、串田アキラさんとコーラスユニット「こおろぎ’73」。コメントでは「『太陽戦隊サンバルカン』のオープニングテーマを超える名曲はないと思う」との声から、「イントロから最高。ダダッダダッダ!」「イントロの『ウッ!』が好き」など、イントロからテンションが上がるといった声が寄せられていました。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.