メディア

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増! 話題のお取り寄せサイト分析

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのが「お取り寄せグルメ市場」。

 今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。

人気お取り寄せグルメサイトのユーザー数は?

 まずは、人気のお取り寄せグルメサイトのユーザー推とその推移を調べます。対象サイトはサイト・アプリ市場調査ツールeMark+のサイトランキング機能を用い、ランキング上位のサイトから以下の5サイトをピックアップしました。(条件:カテゴリ/食品・飲料、グルメ キーワード/取り寄せ)

47CLUB
おとりよせネット
うまいもんドットコム
婦人画報のお取り寄せ
おとなの週末お取り寄せ倶楽部

47CLUB

47CLUB
出典: https://www.47club.jp

おとりよせネット

おとりよせネット
出典: https://www.otoriyose.net

うまいもんドットコム

うまいもんドットコム
出典: https://www.umai-mon.com

婦人画報のお取り寄せ

婦人画報のお取り寄せ
出典: https://fujingaho.ringbell.co.jp

おとなの週末お取り寄せ倶楽部

おとなの週末お取り寄せ倶楽部
出典: https://www.otoshu.com

 まずはユーザー数の推移を見ていきます。ユーザー数は「47CLUB(前月比2.2倍)」「婦人画報のお取り寄せ(前月比1.3倍)」「おとりよせネット(前月比2.6倍)」「おとなの週末(前月比6.3倍)」については4月に前月より増加していることがわかります。

 「うまいもんドットコム」については3月に前月の40倍ものユーザー数を獲得しています。これについては後半で考察します。

お取り寄せグルメサイトユーザー数推移
お取り寄せグルメサイトユーザー数推移
デバイス:PC&スマートフォン
期間:2019年5月〜2020年4月
advertisement

お取り寄せグルメサイトは併用せず 女性ユーザーが多い

 次に、お取り寄せグルメ5サイトのユーザー属性を比較します。どのサイトも女性比率が高いようですが、「47CLUB」は男性比率が48.3%と他サイトとの差がみられました。

 年代は「うまいもんドットコム」「おとなの週末」が20代、30代が多く、「47CLUB」「婦人画報のお取り寄せ」は50代、60代が多いという結果でした。

 また、それぞれのサイトの併用率は低く、86%が1サイトのみの利用(併用なし)でした。利用頻度にもよるのかもしれませんが、現状は、使い慣れた1つのサイトをよく利用する傾向にあるようです。

お取り寄せグルメサイトユーザー数推移
お取り寄せグルメサイトユーザー数推移
デバイス:PC&スマートフォン
期間:2019年5月〜2020年4月
お取り寄せグルメサイト併用率
お取り寄せグルメサイト併用率
デバイス:PC
期間:2020年4月
advertisement

「うまいもんドットコム」は農水省キャンペーン効果で前月比40倍

 続いて、各サイトの流入元を比較します。

 「うまいもんドットコム」は外部サイトが多く占めました。この要因としては、農水省が3/16に発表した、「食べて応援学校給食キャンペーン」が影響していると考えられます。

 本キャンペーンでは、学校給食用に納入予定だった食品事業者の代替販路を確保するため、「うまいもんドットコム」上に特設通販サイトが開設されました。結果、同サイトの4月のユーザー数は3月の約40倍に急増しています。

食べて応援!学校給食キャンペーン|うまいもんドットコム
出典: https://www.umai-mon.com
食べて応援!学校給食キャンペーン|うまいもんドットコム
※学校給食キャンペーンは2020年5月7日に販売を終了
お取り寄せグルメサイト流入元
お取り寄せグルメサイト流入元
青:うまいもんドットコム 赤:47CLUB 緑:婦人画報のお取り寄せ
黄緑:おとりよせネット 水色:おとなの週末
デバイス:PC
期間:2020年3月〜4月

 他のサイトについては自然検索が多いようです。では、どんなキーワードで検索されているのでしょうか。

advertisement

まとめて見たい! キーワードは「お取り寄せグルメ」「ランキング」

流入経路「自然検索」における検索キーワード
流入経路「自然検索」における検索キーワード
デバイス:PC
期間:2020年3月〜4月

 お取り寄せに関するキーワードは「お取り寄せグルメ」「お取り寄せランキング」のように、目的の商品やお気に入りのサイトがあるというよりは、“人気のものから選びたい”や“まとめて情報を見たい”というユーザーが多いことがわかります。

 また、この期間に限っては「食べて応援学校給食」「給食」というキーワードが頻出し、支援活動が行われていた実態を垣間見ることができました。

advertisement

まとめ

 ステイホーム期間におけるお取り寄せグルメサイトについて、ユーザーの動向などを分析しました。

 お取り寄せグルメサイトは、ステイホームが奨励された3月〜4月に合わせて大幅にユーザー数を増やしています。また、キーワード検索においては、特定のブランドや人気商品に固執することはなく、紹介サイトやランキングなどが人気のようです。

 全国の学校で休校措置が取られたことによる「食べて応援学校給食キャンペーン」でのユーザーの動きも見ることができました。同キャンペーンに多くの関心が寄せられたことをデータで確認することができました。

 ステイホームやコロナによる休校影響で多くのユーザーの注目を集めることになったお取り寄せグルメサイト。一時的な利用ではなく、顧客がリピートし、定着するのか、今後の動向も気になるところです。

関連タグ

© VALUES, Inc. All rights Reserved.