メディア

【とんかつチェーン店】人気ランキングTOP15! 第1位は「とんかつ和幸」に決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 7月19日から7月25日まで、ねとらぼ調査隊では「あなたがおいしいと思うとんかつチェーンはどれ?」というアンケートを実施していました。

 国内の主なとんかつチェーン15ブランドを投票対象に、みなさんに投票していただきました。

 今回のアンケートでは、総数7831票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:とんかつ『田』、かつはな亭

 第10位は、「とんかつ『田』」と「かつはな亭」でした。得票数は100票、得票率は1.3%で同率順位となっています。

 とんかつ『田』は、ダイチ・コーポレーションが展開するとんかつチェーンです。東京都江戸川区南部を中心に展開しており、かつての田園風景が広がる江戸川区や、そこに暮らしていた人びとの絆に対する憧憬に似た思いから、屋号が「田」となったそうです。

画像は「ダイチ・コーポレーション」より引用

 かつはな亭は、グルメ回転寿司「がってん寿司」などを運営するアールディーシーのブランドです。とんかつ専門店となっており、「旨い・早い・安い・安全」をモットーに、新鮮でおいしいとんかつを提供しています。

画像は「旨いとんかつ かつはな亭」より引用
advertisement

第9位:名代とんかつ かつくら

 第9位は「名代とんかつ かつくら」でした。得票数は247票、得票率は3.2%となっています。

 京都で生まれた名代とんかつ かつくら。京都ならではともいえる、京料理の伝統と技術を注ぎ込んだとんかつ一筋の専門店で、季節ごとの味わいをさりげなく堪能することができます。料理を引き立てる店舗の内外装もすてきですね。

画像は「【公式】名代とんかつ かつくら」より引用
advertisement

第8位:勝烈庵

 第8位は「勝烈庵」でした。得票数は265票、得票率は3.4%となっています。

 1927年3月に創業した老舗で、現在は神奈川県横浜市中区に馬車道総本店を構える勝烈庵。初代庵主が生み出した和風カツレツを、変わらぬ味として長年にわたって提供しています。

画像は「勝烈庵フーズ」より引用
advertisement

第7位:矢場とん

 第7位は「矢場とん」でした。得票数は355票、得票率は4.5%となっています。

 「矢場とん」は、いわゆる「名古屋めし」の味噌カツで有名なとんかつチェーン。名古屋市内を中心に、大阪や東京などにも店舗を展開しています。矢場とんといえば、なんといっても面積の大きい「わらじとんかつ」が名物。ほかにも、焼けた鉄板に乗せた「極上リブ鉄板とんかつ」も人気です。

画像は「名古屋名物みそかつ 矢場とん」より引用
advertisement

第6位:まい泉

 第6位は「まい泉」でした。得票数は483票、得票率は6.2%となっています。

 1965年に東京で創業した「とんかつまい泉」は、箸で切れる柔らかなとんかつが特徴。現在は表参道に本店を置いており、青山本店では広々とした店内で熱々のとんかつを楽しむことができます。

画像は「とんかつ まい泉」より引用
advertisement

第5位:とんかつ濵かつ

 第5位は「とんかつ濵かつ」でした。得票数は531票、得票率は6.8%となっています。

 九州を中心に展開するとんかつ濵かつは、1962年に創業されました。シンプルで落ち着きのある店内で、厳選された素材によるワンランク上のとんかつを楽しむことができます。

advertisement

第4位:松のや

 第4位は「松のや」でした。得票数は594票、得票率は7.6%となっています。

 松のやは、牛めしでおなじみ「松屋」の松屋フーズホールディングスが展開するとんかつ専門店です。安価でおいしいとんかつを提供しており、定食メニューにはライスとみそ汁もついてくるというコスパの良さ。手軽にとんかつを食べたいという人にオススメです。

advertisement

第3位:新宿さぼてん

 第3位は「新宿さぼてん」でした。得票数は683票、得票率は8.7%となっています。

 新宿さぼてんは、1966年に創業したとんかつ専門店です。慶應義塾大学の食堂からスタートしたとんかつチェーン店で、現在は全国的に店舗を展開しています。ブランドポークを使用したとんかつメニューや、薄切りロースを重ねた「22層の重ねかつ」といったメニューを提供しています。

画像は「とんかつ新宿さぼてん」より引用
advertisement

第2位:かつや

 第2位は「かつや」でした。得票数は1037票、得票率は13.2%となっています。

 リーズナブルなとんかつ専門店として、幅広く展開しているかつや。オートフライヤーを導入しており、どの店舗でも同じ品質ですばやく調理しているのが特徴です。「カツ丼(梅)」は500円で購入できるなど、低価格かつ短時間でとんかつを堪能できます。お会計時に次回来店で使える100円引き券を提供しているのも、うれしいですよね。

画像はとんかつ・カツ丼「かつや」公式サイトより引用
advertisement

第1位:とんかつ和幸

 第1位は「とんかつ和幸」でした。得票数は2310票、得票率は29.5%となっています。

 神奈川県川崎市幸区に本社を置くとんかつ和幸は、1958年12月に誕生しました。厳選された素材と伝統の調理技法から作られるとんかつを、1000円前後で味わうことができます。また、定食メニューではライスやキャベツだけでなく、みそ汁のおかわりも自由となっているのがうれしいですよね。

画像は「とんかつ 和幸」より引用

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.