メディア

【SLAM DUNK】シューティングガード(SG)のキャラであなたが一番好きなのは誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 井上雄彦さんによるバスケ漫画『スラムダンク』は、いつまでも人気の衰えない不朽の名作。バスケットボールに情熱を燃やす高校生を描いたスポーツ漫画の金字塔として、非常に多くのファンを魅了し続けています。今回はそんな「スラムダンク」でもシューティングガード(SG)の選手に注目して、キャラクター人気投票を行います!

 難易度の高いスリーポイントシュートが重要なシューティングガードは、特に得点源としての役割が期待される存在。そんな重責を担うSGの中で、みなさんが一番心を動かされたキャラご投票をお願いします。まずは、作中に登場するSGの3選手をピックアップして紹介します。

advertisement

三井寿

 湘北高校バスケ部のシューティングガード・三井寿は、中学時代に天才シューターの名をほしいままにしたものの、高校1年のときにケガにより挫折。2年間不良としてくさっていましたが、バスケ部の面々と本気のケンカを繰り広げた末、バスケへの思いがあふれて再び入部します。このとき顧問の安西先生に涙ながらに語った「バスケがしたいです……」は、安西先生が中学時代の三井にかけた「あきらめたらそこで試合終了だよ」と並ぶ名ゼリフとして有名ですね。

 2年のブランクがたたりスタミナ面で不安を抱えるものの、天性の素質から主にスリーポイントシューターとして活躍。特にそのシュートフォームは、相手校の監督から「手本にしてもらいたいくらいだ」と言われたほどです。

advertisement

神宗一郎

 神宗一郎は海南大附属高校バスケ部のシューティングガード。入部当初はセンターだったものの、線が細いためスタメン落ちの宣告を受けます。その日から1日500本ものアウトサイドシュートの練習を続けた結果、見事SGとして返り咲いた努力の人です。

 その後はチーム随一のスリーポイントシューターに成長し、その得点力はゲームメイクを左右するほど。 彼の3ポイントシュートと主将の牧とのコンビネーションは、作中屈指の完成度といえる合わせ技です。

advertisement

越野宏明

 越野宏明は陵南高校のシューティングガード。顧問からは、チーム内で一番負けん気が強いと評されています。ただ、湘北メンバーからは若干なめられつつある様子。ですが、海南大附属高校のSG・清田信長からは「ガードの越野」として一目置かれています。

advertisement

まとめ

 ここまで『スラムダンク』に登場する3人のシューティングガードを紹介しました。選択肢には、上記3選手を含む7人のSGを用意しています。もし、それ以外のキャラクターに投票したい場合は、「その他」を選択のうえ、「名前欄」にキャラクター名を、「コメント欄」に投票理由をお書きください。

 そのほかにも、各キャラの魅力や印象的なシーンなどもぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.