メディア

「すごいぞ日本!って誰が思うねんw」 デンソーと日立が開発“押印ロボット”にネット上総ツッコミ

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 デンソーウェーブ、日立キャピタル、日立システムズは12月11日、ロボットが契約書などに押印してくれるサービスを発表しました。しかし、Twitter上では、「このやってしまった感、めちゃくちゃ好き」などツッコミの嵐です。

advertisement

押印ロボットに「虚構新聞かと思った」「これは実はメディアアート」などの声

 金融機関や自治体などに向けて、契約書や請求書の電子化が進んでいない業界の押印作業効率化を狙ったサービスとして発表された“押印ロボット”。Twitter上では「虚構新聞かと思った」など、ネタではないということに驚きの声も。また、「これはメディアアートだ」という意見もあり、いまだにハンコ文化が残っていることを皮肉っているという声も見られました。

 また、「この技術があるのにまだハンコ文化残っているのおかしい」や「IT大臣がハンコ推進派だとこうなるのか」などの声が多数。また、「これはメディアアートだ」という意見も。

advertisement

ポジティブな反応が9割

 SNS分析ツールでのツイート分析結果、9割がポジティブな反応でした。頻出関連語には「すごい」「ギャグ」「面白い」などが見られ、ツイートでは「イグノーベル賞候補だ」といった声も見られました。

advertisement

「本人が押印しないでいいのか」押印ロボットの存在理由

  電子署名など、ハンコを必要としない便利な社会となってきている今、「本人が押印しなくていいのか」や「 ハンコロボットはいかにも日本的 」という意見が多数。そんな中で「なくなったほうがいいものを効率化して生きている人も多い」という意見も。本人の意思と関係なくハンコを押せてしまうことへの疑問は残りますが、膨大な量の書類にハンコを押す必要がある現状では、このシステムの需要はあるのでしょう。

advertisement

「紙をめくれるロボットがすごい」という声も

 さまざまな声がある中に、「技術的にすごい!」や「何が凄いって紙めくれるロボット作れるのが凄い」などの感想も見られ、高い技術力に関心している人もいるようです。

advertisement

調査概要

調査期間2019年12月11日~12月12日
調査対象Twitter
調査件数2505 件(10%サンプリング)
調査キーワード「デンソーと日立」
調査方法対象期間のTweetを「クチコミ@係長」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正
Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.