メディア

【KIRINJI(キリンジ)】シングル曲人気ランキングTOP30! 1位は「Drifter」に決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 8月18日から8月24日まで、ねとらぼ調査隊では「KIRINJIのシングル曲で一番好きなのは?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、配信限定含むKIRINJI(キリンジ)のシングル曲全43曲です。好きなシングル曲が選択肢にない場合は「その他」に投票していただき、コメントで曲名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは、総数1909票もの投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございました! どの作品がランクインしているのか、さっそく見ていきましょう。

advertisement

第10位:killer tune kills me feat. YonYon

killer tune kills me [feat. YonYon]"

killer tune kills me [feat. YonYon]

250円(10/28 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第10位は2019年に発売された「killer tune kills me feat. YonYon」です。KIRIJIのシングルでは初めて弓木英梨乃さんがメインボーカルを担当した楽曲で、韓国と日本で活動するYonYonさんがラップとボーカルでフィーチャリングしています。浮遊感のあるダンストラックに、弓木さんとYonYonさんの声がマッチした上質なサウンドとなっています。

advertisement

第9位:双子座グラフィティ

双子座グラフィティ"

双子座グラフィティ

250円(10/28 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第9位は1998年に発売された「双子座グラフィティ」です。メジャーデビューシングルで、堀込高樹さんと堀込泰行さんの兄弟による、息のあったコーラスが印象的。楽曲はホーンセクションを取り入れたアレンジで、どこか懐かしいメロディを聞くことができる、新しい形のシティポップとして人気を獲得しました。

advertisement

第8位:雨は毛布のように

雨は毛布のように"

雨は毛布のように

キリンジ
2,400円(10/28 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第8位は2001年に発売をした「雨は毛布のように」です。プロデューサーを冨田恵一さんが務めており、女性コーラスを取り入れた軽快なポップサウンド。雨の日を歌った曲は憂鬱な内容が多いですが、ずぶ濡れすらも楽しくなりそうな楽曲は心をウキウキとさせてくれます。

advertisement

第7位:アルカディア

アルカディア"

アルカディア

250円(10/28 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第7位は2000年に発売された「アルカディア」です。ロードムービーを見ているような歌詞と世界観の楽曲で、アコースティックギターが印象的。ザラッとしたギターの音色とリズムがマッチする間奏部分も聞き所。サビではKIRINJIらしい美しいハーモニーを聞くことができます。

advertisement

第6位:君の胸に抱かれたい

君の胸に抱かれたい"

君の胸に抱かれたい

キリンジ
9,283円(10/28 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第6位は2000年に発売された「君の胸に抱かれたい」です。ストリングスアレンジの心地よいラブソングで、特にファンの間では歌詞が話題になりました。堀込高樹さんの好きな洋楽アーティストの歌詞やタイトルが随所で使われ、ダブルミーニング的に聞こえる箇所を考察したブログなどが多く見られます。

advertisement

第5位:グッデイ・グッバイ

グッデイ グッバイ"

グッデイ グッバイ

キリンジ
Amazonの情報を掲載しています

 第5位は2000年に発売された「グッデイ・グッバイ」です。音楽誌などで「遅れてきた渋谷系」と表現されたKIRINJIらしい、ホーンセクションを取り入れた軽快なポップスサウンドを聞ける楽曲です。何気ない日常を切り取ったような歌詞からも「渋谷系」を感じられる一曲です。

advertisement

第4位:十四時過ぎのカゲロウ

画像は「Amazon.co.jp」より引用
十四時過ぎのカゲロウ"

十四時過ぎのカゲロウ

900円(10/28 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第4位は2004年に発売された「十四時過ぎのカゲロウ」です。夏のプールサイドでの切なさを表現した歌詞は難解で、何度も聞きたくなってしまいます。ボサノヴァ調の楽曲となっており、パーカッションが気持ち良いアレンジです。また、KIRINJIらしい美しいコーラスとハモリを聞くことができます。

advertisement

第3位:スウィートソウル

画像は「Amazon.co.jp」より引用
スウィートソウル ep"

スウィートソウル ep

キリンジ
1,500円(10/28 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第3位は2003年に発売された「スウィートソウル」です。美しいメロディを堪能できるスローバラード。真夜中のコンビニがアートワークとなっており、夜をテーマにした楽曲が多いKIRINJIの中でも、特に夜にピッタリな楽曲になっています。

advertisement

第2位:エイリアンズ

画像は「Amazon.co.jp」より引用
エイリアンズ"

エイリアンズ

250円(10/28 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は2000年に発売された「エイリアンズ」。鈴木雅之さんや秦基博さんなど、さまざまなミュージシャンにカバーされているKIRINJIの代表曲です。ギターを主軸に無駄を削ぎ落としたアレンジで、美しいメロディを聞かせてくれます。2021年5月1日には、BSフジで「アワー・フェイバリット・ソング 私が『エイリアンズ』を愛する理由」という「エイリアンズ」だけに着目した番組が放送されました。

advertisement

第1位:Drifter

画像は「Warner Music Japan」より引用
Drifter/太陽とヴィーナス"

Drifter/太陽とヴィーナス

キリンジ
2,400円(10/28 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は2001年に発売された「Drifter」。「これぞKIRINJI」とうなってしまうような、ストリングスのアレンジが美しい楽曲です。特に評価が高いのは歌詞。ストレートなラブソングではなく難解で、まるで映画を見ているような気分にさせてくれます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.