メディア

あなたの好きな「佐野元春」さんのオリジナルアルバムはどれ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 音楽界で独自の輝きを放っている、ミュージシャン&シンガーソングライターの「佐野元春」さん。さまざまなジャンルの音楽をミックスさせた曲が多く、高い評価を得ています。

 今回は、そんな佐野元春さんの「オリジナルアルバム」で、一番好きな作品についてアンケートを実施します。みなさんが特に名曲ぞろいと思う1枚を教えてください。その前に、ここではオリコンで売上ランキングTOP3のアルバムを紹介します。

advertisement

ナポレオンフィッシュと泳ぐ日

 1989年にリリースされた、佐野さん6枚目のアルバム。LP盤で発売された、最後の1枚でもあります。全作詞・作曲・編曲を佐野元春さんが担当していて、プロデューサーには、エルビス・コステロさんの作品なども手がけたコリン・フェアリーさんを迎えています。

 収録曲は、アルバム名と同じ「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」のほか、「約束の橋」「雪―あぁ世界は美しい」「シティチャイルド」など全13曲。レコーディングや、先行シングル「約束の橋」のPV撮影など、ほとんどの作業をロンドンで行なっています。ビートがアクセントのR&Rや、アコースティック・チューン、バラッドに至るまで充実した内容です。

advertisement

Sweet16

 1992年に発売された、佐野元春さん8枚目のアルバムです。こちらも全作詞・作曲・編曲を佐野さんが担当し、日本のロック90年代の傑作とも評されています。

 アルバムには表題曲のほか、矢野顕子さんがボーカルで参加した「また明日… 」や、ショーン・レノンさんとオノ・ヨーコさんが参加した「エイジアン・フラワーズ」をはじめ、「レインボー・イン・マイ・ソウル」、「誰かが君のドアを叩いている」など12曲が収録されています。ロックンロールとバラッドという2つのタイプの歌に分かれていて、当時の日本の新しいロックを確立させた傑作です。

advertisement

FRUITS

 1996年リリースの、佐野さんの10thアルバム。1994年4月にバックバンドのザ・ハートランドを解散したあと、同年9月に結成した新バンドのもと、制作に1年をかけて発売されました。

 広いジャンルの音楽性に、佐野さん独自のマジックを施し、2~3分の創造的でポップな曲がいっぱい詰まっています。当時、若手だった「プレイグス」による演奏も収録されており、バラエティ豊かな1枚です。

advertisement

あなたが一番好きな佐野元春さんのオリジナルアルバムは?

 選択肢には、これまで佐野さんが発表したオリジナルアルバム18枚のタイトルを用意しました。どれも佐野さんの多彩な音楽性と、飽くなきチャレンジが魅力的な名盤ばかりですね! たくさんの投票と、それぞれのアルバムや楽曲についてのコメントなどもお待ちしています。

画像は「ソニーミュージック」公式サイトより引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.