メディア

「大企業を信頼していない人が多い国」ランキングTOP20 1位は「ニカラグア」の78.8%【2017〜2020年データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 世界的に経済格差が広がる中、今回は「大企業を信頼していない人が多い国ランキング」を紹介します。データは、国際プロジェクト「World Values Survey(世界価値観調査)」が5年ごとにまとめている調査結果の最も新しい2017年〜2020年版をもとにしています。

  この調査は、「大企業を信頼しているか」という質問に対する回答を、「とても信頼している」「やや信頼している」「あまり信頼していない」「まったく信頼していない」「わからない」の5つに分類したもの。 このうち、「あまり信頼していない」「まったく信頼していない」と答えた割合を合計して順位化しました。上位にはどの国がランクインしたのか、さっそくTOP3から見てみましょう。

(出典:World Values Survey

advertisement

第3位:レバノン(74.3%)

画像は「pixabay」より引用

 第3位は「レバノン」です。大企業を信頼していないと答えた人の割合は、74.3%となっています。レバノンはかつて金融業で栄え、首都のベイルートは「中東のパリ」とも称されましたが、1975年に始まった内戦により荒廃してしまいました。このとき、多くの企業や人材が国外へ流出し、経済的な復興はいまだ果たせていません。

advertisement

第2位:グアテマラ(76.5%)

画像は「pixabay」より引用

 第2位は中米の「グアテマラ」。大企業を信頼していないと答えた人の割合は76.5%です。コーヒーやバナナ栽培など農業を主体とするグアテマラでは、農園主から発展した財閥がいくつかあり、経済的に大きな影響力をもっているといわれています。その一方で、国民の半数程度が貧困層という深刻な格差問題も抱えています。

advertisement

第1位:ニカラグア(78.8%)

画像は「pixabay」より引用

 そして第1位は、同じく中米の「ニカラグア」でした。大企業を信頼していないと答えた人の割合は78.8%です。ニカラグアでは2014年、ニカラグア運河の建設が始まりましたが、資金難や反対運動などによりほとんど進捗しないまま2018年に中止。計画を主導したオルテガ現大統領への反発も強まりました。

advertisement

日本は何位?

 気になるのは日本の順位ですが、結果は「39.2%」でデータのある83の国と地域中68位でした。経済立国であるということもあり、企業への不信感は世界的に見れば低い方であるといえるでしょう。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.