メディア

【大河ドラマ】「鎌倉殿の13人」で期待している俳優は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年1月9日にスタートする、61作目のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。「新選組!」「真田丸」に続き、3作目の大河ドラマとなる三谷幸喜さんが脚本を手がけます。主人公の北条義時を演じる小栗旬さんをはじめとした豪華俳優陣が出演を予定しており、放送を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では「『鎌倉殿の13人』で期待している俳優は?」というアンケートを実施します。あなたが一番楽しみにしている人を教えてください! それではまず、出演者から5人を紹介します。

advertisement

小栗旬(北条義時)

 主人公となる「北条義時」を演じる小栗旬さんは、本作で大河ドラマ初主演を務めます。義時は弱小豪族の出身ながら、姉の政子が源頼朝の妻となったことで運命が一変。さまざまな苦難を乗り越えながら、頼朝を支えていくことになります。三谷さんいわく「巻き込まれ型主人公」である義時が、クセの強い周りの御家人たちをまとめ、最終的に鎌倉幕府を引っ張っていく最高権力者になるまでを、小栗さんがどのように演じていくのか、いまから楽しみですよね。

advertisement

大泉洋(源頼朝)

 「龍馬伝」「真田丸」に続き、3度目の大河ドラマ出演となる大泉洋さんが演じるのは、「源頼朝」。頼朝は義時たちに支えられながら、鎌倉幕府の初代将軍まで上り詰めていきます。三谷さんは頼朝を描くにあたり、「御家人たちとの関係で悩み続ける孤独な姿」に重点を置いているとインタビューで語っており、そんな頼朝をコミカルな演技に定評のある大泉さんがどう表現していくのかが気になりますね。

advertisement

菅田将暉(源義経)

 菅田将暉さんが演じるのは、悲劇的な最期もあり高い人気を誇る頼朝の弟「源義経」。驚異的な身体能力の持ち主と言われており、第1話では馬の上で逆立ちをするシーンがあるそうです。戦場で大活躍する天才武将・義経を、菅田さんは生き生きと演じてくれそうですよね。

advertisement

新垣結衣(八重)

 新垣結衣さんが演じる「八重」は、義時の初恋の人でありながら、頼朝の最初の妻になる女性。新垣さんは大河ドラマ初出演となり、さまざまな理由から父親と頼朝の間で板挟みになる悲運の美女・八重をどう演じるのか注目されています。公式SNSで新垣さんの和装の写真が公開された際には、「かわいすぎる」と話題になりました。

advertisement

小池栄子(北条政子)

 小池栄子さんが演じるのは、“尼将軍”としても名高い「北条政子」です。歴史上では猛女として描かれることの多い政子は、どこか小池さんのイメージにもぴったりですよね。小池さんが大河ドラマに出演するのは、2005年の大河ドラマ「義経」で巴御前を演じて以来17年ぶりとなります。

advertisement

NHK大河「鎌倉殿の13人」で期待している俳優は?

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 「鎌倉殿の13人」に出演する俳優から、5人を紹介しました。このほかにも、義時の兄・北条宗時を演じる片岡愛之助さんや、平清盛を演じる松平健さんなど、多くの俳優が登場します。今回のアンケートでは、出演が発表されている俳優から、主要人物の名前を選択肢にピックアップしています。選択肢の中に好きな俳優の名前が見つからない場合は、「その他」に投票の上、コメント欄にて名前を教えてください。それでは投票よろしくお願いします!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング