メディア

高校生が持っているゲーム機、一番多いのは「ニンテンドー3DSシリーズ」 「ゲーム事情に関する調査」で判明

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 LINEリサーチが、全国の高校生男女を対象に「高校生のゲーム事情」に関する調査を行い、結果を発表しました。

最も保有率の高いゲーム機は「ニンテンドー3DSシリーズ」

 高校生全体では、約8割が自宅にゲーム機があると回答。男女別に見ると、比較的男子の方がゲーム機を持っている割合が高いようです。

 保有しているゲーム機の中で最も多かったのは2011年発売の「ニンテンドー3DSシリーズ」となっており、保有率は男女ともに約6割。その後は「Wii」「Nintendo Switch」「ニンテンドーDSシリーズ」と続き、任天堂のゲーム機が上位を占める結果に。

 なお、ニンテンドー3DSシリーズは9月に生産終了が発表されています。

advertisement

「普段遊んでいるゲームのジャンル」は「アクションゲーム」

 「普段遊んでいるゲームのジャンル」について、全体で1位となったのは「アクションゲーム」。2位以降は「ロールプレイングゲーム」「音楽・リズムゲーム」「アドベンチャーゲーム」「パーティゲーム」と続きます。

 男女別で好みがはっきりと別れており、男子の1位は「ロールプレイングゲーム」だったのに対し、女子の1位は「音楽ゲーム・リズムゲーム」となりました。女子高生は比較的ルールがわかりやすいものや、大人数で楽しめるものを好む傾向があるようです。

advertisement

「自宅でプレイしているゲーム」は「あつ森」が1位

 「普段自宅でプレイしているゲーム」は「あつまれ どうぶつの森」が1位、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が2位、「スプラトゥーン2」が3位という結果に。トップ3はNintendo Switchのソフトが占める結果となりました。

 また、3DSシリーズを持っている人が多いからか「とびだせ どうぶつの森/とびだせ どうぶつの森 amiibo+」も上位に。特に女子では2位につけており、「どうぶつの森」シリーズの人気を感じさせる結果となりました。

advertisement

ゲームで遊ぶ時間、最も多いのは「30分未満」

 1日あたりのゲーム時間については、男女ともに「30分未満」が最多。男女別に見ると、女子の50%以上が「30分未満」と回答しているのに対し、男子は30%ほどとなっており、男子の方がより長い時間ゲームをする傾向があることが分かりました。

 また、「2時間以上」と答えた人の割合は、学年が上がるにつれて減っていく傾向があるそうです。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.