メディア

「東京六大学」の中でキャンパスライフが楽しそうなのはどこ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 東京六大学野球連盟に加盟している東大・早稲田・慶應義塾・明治・立教・法政の6校を指す「東京六大学」。今ではスポーツの枠組みを超え、さまざまな分野で競い合ったり協力したりしています。

 今回は、そんな「東京六大学でキャンパスライフが一番楽しそうな大学」をアンケート! ぜひ大学生になった気分で、憧れのキャンパスライフを想像してみてください。ここでは編集部がピックアップした3つの大学について紹介します。

advertisement

早稲田大学

 約5万人の学生を抱え、政界や財界、出版、新聞、文学などの分野に多くの人材を輩出している早稲田大学。進路選択のためのキャリア支援や国際交流、留学プログラムなど、学生一人一人が充実したキャンパスライフが送れるよう、さまざまな取り組みを実施しています。スポーツなどのサークル活動もさかんで、課外活動に参加している学生の割合が7割以上と高いのも特徴です。

advertisement

明治大学

画像は「明治大学」公式サイトより引用

 駿河台キャンパスのリバティタワーが象徴的な明治大学。和泉・生田・中野と、それぞれのキャンパスに広い敷地と近代的な建物を擁しているのも特徴です。そんな明治大学では、「明大サポート」という学生生活のサポート会社が存在していたり、学生相談室を設けたりなど、学生のキャンパスライフを全面的に支えています。サークル活動はもちろん、スポーツにも力を入れていて、学生によるボランティア活動も積極的に支援しています。

advertisement

立教大学

画像は「立教大学」公式サイトより引用

 豊島区の西池袋に本部を置き、創立から現在に至るまで、国際性やリーダーシップを育むリベラルアーツ教育を実践している立教大学。特に入試難易度が高い経営学部と異文化コミュニケーション学部は、立教の看板学部として知られています。また、キャリア形成や就職、海外留学・国際交流、課外活動などのサポートが充実しており、特に国際交流活動ではさまざまな制度を展開。正課外活動プログラム(チャレンジプログラム)も特徴の一つで、クリスマス時期には多くの行事やメサイア演奏会が開かれます。

advertisement

「東京六大学」の中でキャンパスライフが楽しそうだと思うのは?

 もともとは大学野球リーグとして始まった六大学。スポーツや学業だけでなく、キャンパスライフにもそれぞれに大きな特徴があります。学生生活が楽しそうと思える大学があれば、ぜひコメントを添えて、投票に参加してみてください。たくさんの方の投票をお待ちしています!

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「大学」のアクセスランキング