メディア

兵庫県で「住宅地の価格が高い市区」ランキングTOP16! 1位は「芦屋市」【2022年データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 兵庫県は、政令指定都市の神戸市や高級住宅街として知られる芦屋市などを擁する県。現在は約546万人が暮らすエリアとなっています。そんな兵庫県における住宅地の価格はどれほどなのでしょうか。また兵庫県の中でもとくに地価が高いのはどのエリアなのでしょうか。

 今回は国土交通省「令和4年地価公示」のデータをもとに「兵庫県で住宅地の価格が高い市区ランキング」をお送りします。ここでは上位の結果を見てみましょう。

(出典:国土交通省「令和4年地価公示」

advertisement

第2位:神戸市中央区(30万9400円/平方m)

画像は「写真AC」より
画像は「写真AC」より引用

 第2位は神戸市中央区でした。住宅地の平均価格は30万9400円/平方mです。

 中央区は神戸市を構成する行政区の一つ。人口14万7518人、面積28.97平方kmで、人口密度は5092.1人/平方kmとなっています。同区は兵庫県の政治の中心であり、兵庫県庁があるほか神戸市役所の所在地でもあります。神戸ハーバーランドがあるエリアとしても知られています。

advertisement

第1位:芦屋市(34万2200円/平方m)

画像は「写真AC」より引用

 第1位は芦屋市でした。住宅地の平均価格は34万2200円/平方mです。

 芦屋市は県の南東部にあり、神戸市や西宮市に隣接しています。人口9万3922人、面積18.47平方kmで、人口密度は5085.1人/平方kmとなっています。同市は谷崎潤一郎著『細雪』の舞台で知られる地域。市内にある六麓荘町は日本屈指の高級住宅街として知られています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.