メディア

「AKB48」のシングル曲で歌詞が好きな曲は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

  AKB48は「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、2005年に東京・秋葉原を拠点として活動をスタートしたことで知られる女性アイドルグループ。秋元康さんプロデュースのもと、2000年代以降のアイドルシーンに一大旋風を巻き起こしました。

 そこで今回は、「『AKB48』のシングル曲で歌詞が好きな曲は?」というテーマでアンケートを実施します! 歌詞で特にお気に入りの曲がある人は、ぜひ教えてください。まずは、投票対象の中から3曲をピックアップして紹介します。

advertisement

会いたかった

 「会いたかった」は、 AKB48のメジャーデビューシングルとして、2006年に発売されました。前田敦子さんがセンターポジションを務め、今でもAKB48のロングセラー作品として親しまれています。

 キャッチ―なタイトルや「好きならば好きだと言おう」のフレーズなど、少女のストレートな恋愛感情がテーマになっています。恋に素直になれない、でも後悔しないために思いを伝えるといった、王道の恋愛ソングといえる歌詞です。

advertisement

ヘビーローテーション

 「ヘビーローテーション」は、2010年に発表されたAKB48の17枚目のシングル。 2010年の「8/30付オリコン週間シングルランキング」1位、 2011年の「9/19付オリコン週間カラオケランキング」47週連続首位などを獲得しました。

 ヘビーローテーションとは、本来はラジオなどで頻繁にかけられる曲を指す言葉。歌の中では、恋人を一日中思っている気持ちを「ヘビーローテーション」と表現しています。大島優子さんをセンターポジションとした振り付けや衣装の印象の強い楽曲ですが、歌詞を読んでいるだけでも元気が出てくるでしょう。

advertisement

恋するフォーチュンクッキー

 2013年にリリースされた「恋するフォーチュンクッキー」は、AKB48の32枚目のシングルです。2013年の「9/2付週間ランキング」1位、「オリコン年間ランキングの「シングルセールス部門」1位など、こちらも輝かしい成績を打ち立てています。

 「あなたのことが好きなのに私にまるで興味ない」という、なんとも切ない一節から始まり、何度も失恋をしている様子が描かれています。自分を「地味な花」と表現するなど、はじめはちょっと後ろ向きのワードが見られますが、後半になるにつれて明るさが全開となっていく歌詞が特徴的です。

advertisement

「AKB48」のシングルで歌詞が一番好きな曲は?

 選択肢には、AKB48公式サイトに掲載されているシングル表題曲60タイトルを用意しました。歌詞で選ぶとなるとなかなか1つに絞れないかもしれませんが、特に歌詞が心に残っている曲を教えてください。選んだ理由や印象的なエピソードなどもぜひコメントにお寄せください。それでは、たくさんの投票とコメントよろしくお願いします!

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング