メディア

“バスチー”のヒットとコンビニスイーツ市場を検索データから調べてみた

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2019年はスペインのバスク地方のお菓子「バスクチーズケーキ」(以下、バスチー)が大ヒットしました。

 コンビニでは2019年3月にローソンがいち早く発売。およそ1年経っても人気商品の一つです。遅れて10月にセブンイレブンから発売されると、ファミリーマート、ミニストップが追随、バスチーはコンビニスイーツを代表する人気商品となりました。

 今回は、バスチーのヒットをネット上の検索データとアンケート調査から振り返り、コンビニスイーツマーケットを取り上げます。

advertisement

バスチーの大ヒットを振り返る

 検索キーワード分析ツールeMark+ Keyword Finderで調査した、「バスクチーズケーキ 」「バスチー」の検索ユーザー数は、下図のとおりです。

「バスクチーズケーキ 」「バスチー」検索ユーザー数推移
「バスクチーズケーキ 」「バスチー」検索ユーザー数推移
期間:2019年2月〜2020年1月
デバイス:PC

 3月にローソンで発売されてユーザー数が一時的に伸び、その後10月のセブンイレブンでの発売開始で急速にユーザー数を獲得、一気にバスチーブームとなりました。

 また、株式会社ヴァリューズが独自に行ったアンケート調査によると、バスクチーズケーキの認知度は全体で4割以上、特に20代〜40代の女性の6割以上が知っていると回答、さらに20代〜50代の女性の2割以上は購入したことがあると回答しました。

「バスクチーズケーキ」認知度・購入経験の有無
「バスクチーズケーキ」認知度・購入経験の有無
ヴァリューズモニターへのアンケート調査(2019年11月実施)から抜粋
advertisement

バスチー好きはローソン派?

 バスチー好きのユーザーはどんな人なのか、検索ユーザーの属性を調べました。下図のように、女性が64%、およそ3割が40代という結果でした。

「バスクチーズケーキ 」「バスチー」検索ユーザー属性<男女比>
「バスクチーズケーキ 」「バスチー」検索ユーザー属性<男女比>
期間:2019年2月〜2020年1月
デバイス:PC
「バスクチーズケーキ 」「バスチー」検索ユーザー属性<年代>
「バスクチーズケーキ 」「バスチー」検索ユーザー属性<年代>
期間:2019年2月〜2020年1月
デバイス:PC

 さらに、ヴァリューズが保有するWeb行動ログデータから、ネット上の検索キーワードで「バスチー」と類似度の高いキーワードを抽出しました。これによると、「サクバタ(サクッとバターサンド)」「ホボクリム(ほぼほぼクリームのシュー)」「カプケ(CUPKE)」というキーワードとの類似度が高いことがわかりました。いずれもローソン商品であり、ネット上の検索データからも「バスチー」に興味があるユーザーは、バスチーに続くローソンの他のコンビニスイーツも気になっている様子がうかがえます。

「バスチー」と類似度の高い検索キーワード
「バスチー」と類似度の高い検索キーワード
期間:2019年8月~2020年1月
ローソンの「サクバタ(サクッとバターサンド)」
出典: https://www.lawson.co.jp
ローソンの「サクバタ(サクッとバターサンド)」
ローソンの「ホボクリム-ほぼほぼクリームのシュー-」
出典: https://www.lawson.co.jp
ローソンの「ホボクリム(ほぼほぼクリームのシュー)」

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

© VALUES, Inc. All rights Reserved.