ニュース
» 2011年05月16日 17時59分 UPDATE

東日本大震災:ソフトバンク孫社長の復興支援100億円、寄付先が決定

ソフトバンクは孫正義社長の100億円の寄付は、日本赤十字社、日本ユニセフ協会や、新設する復興支援財団に配分される。

[ITmedia]

 ソフトバンクは5月16日、孫正義社長が個人で寄付すると表明した100億円の配分を発表した。日本赤十字社のほか、新たに設立する東日本大震災復興支援財団(仮称)へ40億円を配分する。

 寄付の配分は以下の通り。

  • 日本赤十字社:10億円
  • 中央共同募金会:10億円
  • 日本ユニセフ協会など:6億円(東日本大震災での遺児・孤児への支援を目的に、公益法人に対する寄付を予定)
  • 被災した地方自治体:岩手県(10億円)、宮城県(10億円)、福島県(10億円)、茨城県(2億円)、千葉県(2億円)
  • 東日本大震災復興支援財団:40億円

 東日本大震災復興支援財団は2011年6月上旬に公益法人として設立の準備を進めており、同団体に寄付する40億円は遺児・孤児への支援(奨学金、留学支援など)、被災地におけるNPO活動への支援、そのほか中長期にわたる被災者への支援活動に役立てるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー