ニュース
» 2017年06月07日 14時11分 UPDATE

ゲーム動画配信のOPENREC.tvが任天堂と著作物利用で合意 任天堂作品のライブ配信を収益化できる初の例に

任天堂はヒカキンらが所属するUUUMとも合意したばかり。動画配信に意欲的な動きを見せています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ゲーム動画配信プラットフォームのOPENREC.tvが、任天堂と包括的な著作物利用に関する許諾契約を締結しました。同サイトの「OPENRECクリエイターズプログラム」に参加した動画配信者は、任天堂作品の配信を収益化することが可能となります。


OPENREC


 同プログラムはOPENREC.tvでの動画配信を通じて、広告表示や視聴者からのエール(有料の支援アイテムによる応援)で発生した収益の一部を配信者が受け取れる仕組み。視聴数やランキングなど、プログラムのルールに基づいて収益が参加者に分配されます。また、ライブ配信で任天堂の著作物を利用したマネタイズを可能とする、初めての例となります。


クリエイターズプログラム 視聴者はエール(いわゆる“投げ銭”)を贈ることで、メッセージをアピールできる

 OPENRECクリエイターズプログラムは7月上旬開始予定で、現在事前登録を受付中。任天堂はヒカキンらが所属するUUUMとも著作物利用に関する合意に達しており、今後ますます任天堂タイトルの動画配信が盛んになりそうです(関連記事)。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう