コラム
» 2018年11月05日 11時00分 公開

【マンガ】フグだって“自分の毒で死ぬ”可能性がある

青酸カリをはるかに上回る毒性があるそうな。

[ねとらぼ]

 フグの持つ毒「テトロドトキシン」には青酸カリの500〜1000倍もの毒性があり、わずか数ミリグラムで人間を死に至らしめるといわれています。この毒は熱などにも強く、調理で分解することも難しいのだとか。

 ちょっと気になるのは「どうしてこんな猛毒を、わざわざ体内に持っているのか」という点。自分の毒にやられて困ったことに……なんてことは起きないのでしょうか。

解説

 テトロドトキシンには神経をマヒさせる作用があり、人間が摂取するとまず指先などがしびれ始め、次第に感覚や運動機能がマヒ。最終的には呼吸中枢にまで作用し、呼吸が停止してしまうといいます。

 フグはテトロドトキシンを自身の体内で作り出しているわけではなく、この毒を持つエサを食べることで体内に蓄積しているのだとか。それでも死なないのは「テトロドトキシンを吸収しない体のつくりになっているから」といわれていますが、正確には「他の生物に比べて効きにくい」だけで、量が多過ぎるとやはり死んでしまうそうです。

 ちなみに、かつて日本では、テトロドトキシンが痛み止めとして市販されていた時期が。毒も使いようによっては役に立つ、というわけです。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう