ニュース
» 2018年11月15日 11時30分 公開

5桁の土地も! 住所に使われる「番地」、やたら大きい数字があるのはなぜ?

どこまで大きいものがあるのだろう。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 筆者は愛知県の出身で、現在は東京に住んでいます。最近になって、この2つの地域で住所の形式が違うんじゃないか、と気付きました。

 愛知の家の住所は、「●●市●●町××××番地」と、地名の後にすぐ「桁の多い番地」がつきます。一方で、東京の住所は「世田谷区●●町●丁目△番◇号」など、地名+「桁の少ない丁・番・号」で構成されていることが多いのです。


郊外に多い! 大きい番地の例

 実際に、大きい数字の番地は郊外に多いようです。例えば、長野にある軽井沢町役場の住所を調べてみると「長野県佐久郡軽井沢町大字長倉2381番地1」と、4桁の番地でした。

 みなさんの住所はどちらのパターンですか? 京都や北海道の住所は特殊なのでどちらでもないかもしれませんが、大体の人はどちらかに分類されると思います。

 これらの違いは果たして何なのでしょうか。


「地番」と「住居表示」で違う!

 結論からいえば、「●丁目△番◇号」という住所と、「××××番地」という住所は、その性質からして別物であることが多いのです。


「××××番地」という住所は「地番」

 末尾につく「番地」という言葉が表すように、これらの桁数が多い番地が町名のすぐ後ろについている住所は、土地を区別するためのものです。明治時代に、土地の価格にもとづいて税金を徴収する「地租改正」という政策が行われたことは、日本史でも習うと思います。このときに付けられた土地の番号をそのまま引き継いで、住所として使っている例がたくさんあります。

 しかし、建物が増えたり、街並みが広がってゆくにつれ、地番のままでは郵便配達や緊急通報などに支障が出始めます。というのも、地番というのは明治時代に付されて以来、道路や河川の改修、土地の分割や合併が繰り返され、昭和の中頃にはとても複雑なものになっていたのです。



 例えば上の画像のように、203番地を売却や贈与などのために分割すると、その時点で「203」という地番の後ろに支号が付き、「203-1」と「203-2」になります。逆に、土地を合併すると欠番が生じることもあり、地番というものは次第に複雑になっていきます。

※記事初出時、『203番地を売却や贈与などのために分割すると、その時点で最も新しい番号の「509」が付されたり』という記述がありましたが、誤りでした。お詫びして訂正いたします。(2018年11月19日16時30分 追記)

 また、そもそもの話ですが、4桁もある地番では誰だって方向や位置感覚がつかみづらいものです。


「●丁目△番◇号」という住所は「住居表示」

 分かりにくくなった地番をどうするか。1962年には、多くの建物が並ぶ都市部に対して、「●丁目△番◇号」といったような整理された「住居表示」を適用する法律ができました。

 これは、住居一つ一つの出入り口に対して決まったルールに従い番号を割り当てるものです。地図上でも探しやすく、郵便配達などに非常に便利でした。住居表示が導入された地域では、明治時代から使われてきた「地番」は不動産登記などで使うのみとなっています。

 都市部では、こうした「住居表示」を導入している地域が多いために、住所に桁数の多い番地があまりみられないのです。ただし、「古くからの地名を残したい」という理由から、東京都港区や千代田区などでも、住居表示が未実施の区域があります。


まさかの5桁の土地

 ちなみに、今回調べたなかで最も大きい数字は、静岡県浜松市西区篠原町にありました。その数なんと“27409”!



おわりに

 多くの自治体は、どの地区に住居表示を導入しているかを一覧形式で広く知らせています。「●●市 住居表示」などと検索すると各地の公式Webサイトが出てくるので、みなさんの地域がどちらなのか確認してみてください。

参考文献

今尾恵介(2017)『番地の謎』光文社


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう