ニュース
» 2005年02月04日 21時05分 公開

塊魂2部門制覇、マリパ6連覇ならず、Interactive Achievement Awards決定!!

ゲームのアカデミー賞とも言うべき第8回Interactive Achievement Awardsが決定、今年のGame of the Yearは「ハーフライフ2」に。

[岩井省吾,ITmedia]

 ラスベガスで行われているD.I.C.E.サミットの中で「Interactive Achievement Awards」の授賞式が行われた。このサミットおよび賞は米ゲーム業界の有力者で構成されているAcademy of Interactive Arts & Sciencesが主催するもので、この賞はゲームのアカデミー賞と考えてもらっていいだろう。

 日本からは「塊魂」(ナムコ)がGame of The Yearを含む5部門にノミネートされており、入賞に期待がかかっていた。

 Game of The Yearは総合・PCゲーム部門が「ハーフライフ2」(VU Games/Valve・国内発売元:サイバーフロント)が獲得した。同作品は全部で9部門で受賞し、横綱ぶりを見せ付ける結果となった。続いて「HALO 2」(マイクロソフト/Bungie)がコンシューマ部門のGame of The Yearを含む4部門を獲得した。

 国産ゲームでは、「塊魂」がGame of the Yearは逃したものの、「Outstanding Innovation in Console Gaming」(革新的なコンシューマゲーム賞)と「Outstanding Achievement in Game Design」(ゲームデザイン部門賞)を獲得した。

 大きな番狂わせとしては、「Children's Title of the Year」(子供向けタイトル賞・コンシューマ部門)にノミネートされていた「マリオパーティ6」(任天堂/ハドソン)が落選。マリオパーティ3から続く4年連続受賞はならなかった。その代わりに受賞したのは「怪盗スライクーパー2」(SCEA/Sucker Punch)となった。日本で発売されている受賞タイトルは以下の通りとなる。

王様のこと世界も認めてくれた。でも王様ならきっと「あぁあ、Game of The Year欲しかったな」とか言うに違いない。この世界観をわかってくれて王子も誇らしげ?
ハーフライフ2(VU Games/Valve・国内発売元:サイバーフロント)
Game of the Year(総合ゲーム・オブ・ザ・イヤー)
Computer Game of the Year(PCゲーム・オブ・ザ・イヤー)
Outstanding Achievement in Art Direction(美術部門賞)
Outstanding Achievement in Animation(アニメーション部門賞)
Outstanding Character Performance - Male(キャラクターパフォーマンス部門賞・男性)
Outstanding Achievement in Game Play Engineering(ゲームプレイ技術賞)
Outstanding Achievement in Visual Engineering(映像技術賞)
Outstanding Innovation in Computer Gaming(革新的PCゲーム賞)
First Person Action Game of the Year(ファーストパーソンゲーム賞・PCゲーム部門)

HALO 2(マイクロソフト/Bungie)
Console Game of the Year(コンシューマゲーム・オブ・ザ・イヤー)
Outstanding Achievement in Sound Design(音響デザイン賞)
Outstanding Achievement in Online Game Play(オンラインゲーム賞)
First Person Action Game of the Year(ファーストパーソンゲーム賞・コンシューマ部門)

Fable(マイクロソフト/Big Blue Game)
Outstanding Achievement in Original Musical Composition(オリジナル楽曲賞)
Outstanding Achievement in Character or Story Development(キャラクター・脚本賞)

塊魂(ナムコ)
Outstanding Innovation in Console Gaming(革新的なコンシューマゲーム賞)
Outstanding Achievement in Game Design(ゲームデザイン部門賞)

ゴールデンアイ・ダークエージェント(EA/EALA)
Outstanding Character Performance - Female(キャラクターパフォーマンス部門賞・女性)

怪盗スライクーパー2(SCEA/Sucker Punch)
Children's Title of the Year(子供向けタイトル賞・コンシューマ部門)

ドンキーコンガ(任天堂/ナムコ)
Family Game of the Year(家族向けタイトル賞・コンシューマ部門)

バーンアウト3:テイクダウン(EA/Criterion Games)
Racing Game of the Year(レースゲーム賞・コンシューマ部門)

ペーパーマリオRPG(任天堂/インテリジェントシステムズ)
Role Playing Game of the Year(ロールプレイングゲーム賞・コンシューマ部門)

スーパーマリオ64DS(任天堂)
Wireless Game of the Year(ワイヤレスゲーム賞)

メトロイドゼロミッション(任天堂)
Handheld Game of the Year(携帯ゲーム賞)

トム・クランシー スプリンター・セル パンドラ・トゥモロー(ユービーアイソフト/Ubi Shanghai&Paris)
Action/Adventure Game of the Year(アクションアドベンチャーゲーム賞・PCゲーム部門)

ズータイクーン2(マイクロソフト/Blue Fang Games)
Family Game of the Year(家族向けゲーム賞・PCゲーム部門)

ザ・シムズ2(EA/EA Maxis)
Simulation Game of the Year(シミュレーションゲーム賞・PCゲーム部門)

ローマ:トータルウォー(Activision/Creative Assembly・国内発売元:コーエー)
Strategy Game of the Year(ストラテジーゲーム賞・PCゲーム部門)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた