アイディアファクトリーが10周年記念ファン感謝祭を開催!――ここまでやりますか!?(1/2 ページ)

本日、第七回大聖堂オフ会と共に、アイディアファクトリー10周年を記念して感謝祭が開かれた。新作プロモーションビデオの放映や声優陣の生出演によるオリジナルストーリー、さらにはまだ未発表のタイトル映像まで……。

» 2005年02月12日 22時03分 公開
[遠藤学,ITmedia]

 本日、大田区産業プラザPioにて、「10周年記念アイディアファクトリーファン感謝祭(第七回大聖堂オフ〜Panic In Offlin〜)」が開催された。大聖堂オフとは、同社のネットワーク・ファンタジーSLG「キングダム オブ カオス」(以下、「KOC」)のユーザーが主体となって企画や運営を行っているイベントのこと。

 今回はアイディアファクトリー(以下、IF)の10周年記念と合わせて、「KOC」だけでなく、「新天魔界ジェネレーションオブカオス」(以下、GOC)シリーズや「新紀幻想スペクトラルソウルズ」シリーズを含む、IFすべてのタイトルファンのためにイベントが行われることとなった。

未発表タイトルのお披露目や生Liveに沸く〜午前の部

 肝心のイベントの中身に触れていこう。午前中のプログラムはプロモーションムービーの公開と生Liveが中心。まずは現在発売中の「スペクトラル ソウルズ2」のムービーが流された。その後、間髪入れずに青い花の二人が登場し、同タイトルのOPとEDを熱唱してくれた。

 次に流されたのはPSP用「新天魔界〜GOCW アナザサイト〜」のムービー。なお、2月24日の発売に向けて制作されていたが、諸事情により発売が3月になることが発表された。携帯ゲーム機での発売は同シリーズ初とあって、生みの苦しみがあるのだと予想されるが、シリーズの新たな展開のためにも、妥協せずに良いものを生み出してもらえればと思う。

photo

 ちなみにこちらもテーマソング「まだ見ぬ人」を歌う廣重綾さんが登場し、熱唱してくれた。なお、廣重さんはまだ12歳の女の子!ゲームはやるけどすぐに飽きてしまう、と語っていた。

 そして4月28日に発売を予定しており、IF10周年を記念して制作が行われている「スペクトラルフォース クロニクル」のムービーが披露された。同タイトルは10周年記念というだけなく、IF最高傑作の呼び声も高い「スペクトラルフォース」の名を冠したタイトルとして制作が行われている。

photo

 なお、OPをClairさん、EDを北村優希さんが歌うことが決定しており、それぞれが新曲を披露してくれた。

 と、ここまでがIFが持つブランド「IFネバーランド」のタイトル。この後、恋愛をテーマにしたタイトルを制作するブランド「IFメイト」のタイトルへと移ることとなった。「IFメイト」の最新作は2月24日に発売を予定している探偵AVG「月は切り裂く〜探偵 相楽恭一郎〜」。まずはこれまでの流れに逆らうことなくムービーが流される。

 さて次は生Liveだ、と思いきや、どうやらこちらは趣向が違うらしく、インターネットラジオ「アイエフメイト放送局」のパーソナリティを務める名塚佳織さんとディレクターのヤマケン氏が登場して、トークを展開。とは言え、話の内容は「KOC」が中心で、ネギは食べるものではなく装備するものだ、サソリ酒って何なの? 今度何かくれる時はそのアイテムの説明も一緒に、など個人の願望も交えたトークが展開されていた。

photo

 途中、PCの再起動音が聞こえるなど、イベントならではのハプニングもあったものの、ここまでは滞りなく進み、プログラム上の午前中イベントはすべて終了した。はずが、なぜかムービーがもう一本流れている。

photo

 良く見ると「SPECTRAL VS GENERATION(スペクトラル VS ジェネレーション)」と表示されている。本作はその名の通り、「ネバーランド」シリーズのキャラクターが登場するアーケード用格闘ゲーム。システムや稼動日などの詳細は明らかにされなかったが、2月19日に幕張メッセにて開催される「AOU2005」にて正式な発表は行うとのことだ。どうしても生で映像が見たい、という人はぜひ会場まで足を運んでもらいたい。

「KOC」各国の宣伝や抽選にますます盛り上がる〜午後の部

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/16/news016.jpg 結婚式で乾杯音頭をとる3歳息子、口癖になるほど練習して…… 大好きなおじのために頑張る姿が580万再生「天才!」「可愛い過ぎて涙出ました」
  2. /nl/articles/2404/15/news025.jpg 悪さばかりする猫に小型カメラを装着→映像を確認してみたら…… 衝撃の光景に「ヤバい最高」「こういうの見たかった」
  3. /nl/articles/2404/16/news014.jpg 築54年団地の狭いキッチン、洗った食器はどこに置く? プチプラ&すっきり片付くアイデアに「私の理想!」「そのセンスが欲しい」
  4. /nl/articles/2404/16/news015.jpg 8歳娘が描いた“志村けん”に「うますぎてびっっっっくり」「間違いなく天才」と絶賛の嵐 才能あふれるペンさばきが128万再生
  5. /nl/articles/2404/16/news006.jpg 元野良猫たちの家の庭に野良猫が現れた→ガラスを隔てた熱い攻防戦が…… それぞれの反応と予想外のオチに爆笑
  6. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/15/news156.jpg 豊田章男会長、マクドナルド「ハッピーセット」のおもちゃに大喜び→「天下のトヨタ会長がハッピーセットって」「ほんとお茶目で好き」と話題
  8. /nl/articles/2404/16/news033.jpg 小麦粉を変えてクッキーを作ってみたら…… 5種類の焼き比べが100万表示「こんなに変わるのねぇ〜〜〜」「みんな違ってみんな良い!」
  9. /nl/articles/2404/15/news132.jpg 「仮面ライダーゼロワン」出演俳優、脳梗塞の後遺症続き活動休止 「右半身の麻痺が回復せずこの度の決断に」
  10. /nl/articles/2404/03/news161.jpg 橋爪淳、大河ドラマ出演終了で「大腸に5センチ程のガン」公表 “病院嫌い”だったと明かし「命を繋いで頂きました」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」