ニュース
» 2005年05月13日 18時36分 公開

次世代Xboxプレビュー:「大軍勢感」と「マルチアングル・シナリオ」で迫る「Ninety‐nine Nights」 (1/2)

キューエンタテインメントの水口哲也氏がXbox 360向けに製作している「Ninety‐nine Nights」。韓国のPhantagramとのコラボレーションとなるファンタジーアクションゲームは、「大軍勢感」がコンセプトだ。

[今藤弘一,ITmedia]

 「1年半前に、14年間勤めたセガを退社して、キューエンタテインメントを設立した。今日、新作を発表できるのはうれしいと思う」と水口氏。水口氏がゲーム業界に携わってきた15年の間には、さまざまな変遷があったという。

画像 キューエンタテインメント チーフクリエイティブオフィーサー 水口哲也氏

 水口氏が入社した1990年の頃は、3DCGのテクノロジーはなく、2D画面で、音はビープ音。1993年にCGがゲーム業界に導入され、水口氏がアーケードゲームの「セガラリー」をプロデュースしたときには、新しい技術を、いかにゲームに取り込んでいくかを考えていたという。

 「本物の車のようなリアルな表現を使ってみようとか、それを使って砂漠や森、町などの中を走らせてみようとか、ドリフトをさせてみようとか考えていた。これが10年前くらいの話だ」(水口氏)

 その後もゲーム機のテクノロジーは様々に技術を進化させてきた。20世紀の終わり頃には、音を取り入れる技術が向上してきたが、技術の進化というのは、新しいインスピレーションを与えてくれるものだ、と水口氏。次世代機を目の前にして、新たな想像力を刺激されている自分がいる、という。

 このあと紹介された韓国、Phantagramのチーフ・エグゼクティブ・オフィーサーのサンユン・リー氏は「コラボレーションは初めての経験で、多少の不安があった。しかし水口氏は経験を元にプロジェクトを引っ張ってくれるし、日韓ともに順調に進行している」と述べる。Ninety‐nine Nightsは、水口氏がプロデューサー、リー氏がディレクターという立場となる。

画像 Phantagramのサンユン・リー氏と水口氏

 Ninety‐nine Nightsの製作に当たっては、キューエンタテインメントのスタッフも韓国に常駐して仕事をしている。「日本語と韓国語、そして英語が飛び交うため、『ここはどこだ?』と思うようなオフィスになっている。これまで経験したことのないようなエキサイティングな現場だ」(水口氏)。

数万人の兵士が動き回る「大軍勢感」を

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた