レビュー
» 2005年05月30日 16時59分 公開

既存のRPGへ投げかけた一石はどうなった?――「イリスのアトリエ エターナルマナ2」(1/4 ページ)

8年の歴史を持つアトリエシリーズの最新作、「イリスのアトリエ エターナルマナ2」がいよいよ発売になる。前作より、従来路線から大幅にシフトしたシステムを採用しているが、その中身はどうなっているのだろうか?

[J.O.宍戸,ITmedia]

日本のRPGに一石を投じた“アトリエシリーズ”とは?

 日本にRPGというジャンルが確立したのは遅く、今から20年ちょっと前の1983年頃。それまではアドベンチャーゲームが大流行していたが、国産初のRPG「ザ・ブラックオニキス」の発売と共に、大ブームが発生する。キャラを作成し、パーティを組んでダンジョンへ潜り、経験値を稼いで目的を果たす。プレイヤーは自らの姿を重ね、想像し、熱くなりながらプレイしたものだ。

 そしてこの頃から、最終目的というのはいつも仰々しいものだった。ほとんどのタイトルが、何らかの世界を支配している悪の親玉を倒すのが目的で、現在発売されているRPGを見れば、これに当てはまるものばかりなのが分かるだろう。

 そんな時代に一石を投じたのが、1997年に発売されたアトリエシリーズ1作目「マリーのアトリエ」だ。

この当時、世界を救う勇者がやたらと多かったのも事実だが、それにしても調合しかしないRPGというのには驚いた。ちなみに、ジャンルは「新感覚RPG」

 “世界を救うのは もう飽きた”との衝撃的なキャッチコピーをひっさげ、錬金術をメインに据えた新感覚RPGとして登場。アイテムを選んで調合しながらイベントをこなし、4年でアカデミーを卒業するという物語に、数多くのプレイヤーが夢中になった。

 それもそのはずで、従来のRPGにはなかった“アイテムとアイテムを選んで調合コマンドを実行すると、新しいアイテムが誕生する”ということが、プレイヤーを引きつけて放さなかったのだ。もちろん、これまでのRPGにも似たようなことができる作品はあったが、それらはあくまでもおまけレベル。「マリーのアトリエ」は、これをゲーム本編で耐えうるレベルにまで昇華させ、さらに巧みなストーリーをつけたのだ。

 調合といっても難しいことはまったくなく、森や湖などで拾ってきたアイテムを2つや3つ選んで、調合コマンドを選ぶだけ。すると新しいアイテムが生まれるのだが、今度はそのアイテムと違う材料を調合すると、さらに新たなアイテムが誕生する……。この繰り返しがやみつきになり、大勢のプレイヤーを中毒にしていったのだ。

実際の調合シーンは、極めてシンプル。材料と数を選んで調合を開始するだけ。ただし、マリーが疲れていると失敗することもあった

 大ヒットしたアトリエシリーズはその後、移動できる範囲を広くした「エリーのアトリエ」、錬金術を教えるアカデミーが出来るまでを描いた「リリーのアトリエ」、未来に飛ばされてしまった少女が、錬金術を駆使して元の時代に帰る「ユーディーのアトリエ」、自分の住む村を、錬金術で有名にする「ヴィオラートのアトリエ」と、5作目まで同じ路線で続くことになる。

 どれも基本システムは同じだが、調合できるアイテムが増えたり、各アイテムごとに品質や属性が設定されるなど、シリーズを追うごとに玄人向けへと進化していった。

各アイテムごとに従属属性と呼ばれる属性が設定され、これにより同じアイテムでも「効果範囲が広い・狭い」や「くさい」などの個性が生まれた

 やり込むのを得意とするプレイヤーには朗報だったものの、残念ながら初期のアトリエシリーズが好きだった人たちには難しくなってしまい、離れていく人も見られた。そこで従来の路線を大幅に変更し、調合システムを残しつつもRPG要素をより濃くしたのが「イリスのアトリエ エターナルマナ」だ。アトリエシリーズ初の男主人公クレインと、旅の途中で知り合った仲間リイタを中心に、天空都市レガルザインを目指す物語が語られるのだが、随所に新しい試みが取り入れられている。

これまでの主人公は女性だっただけに、男になったと聞いたときには驚いたものだ

 そして、この路線を継承しつつ、さらに新要素を取り入れ遊びやすくなったのが、今回のタイトル「イリスのアトリエ エターナルマナ2」となる。

エターナルマナになり、生まれ変わったアトリエシリーズ

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」