ニュース
» 2005年08月08日 13時21分 公開

福岡で行われたシステムソフト・アルファーの説明会に乗り込んでみた(2/4 ページ)

[加藤亘,ITmedia]

 星系をひとつの国家とするとプレーヤーは、国民から税金を徴収している。版図が拡大すると税金は増え、軍需に予算を割くことができる。ただし、国家として国民に安寧をもたらすためには、元首の務めも果たさないといけない。例えば、戦闘に勝とうが負けようが、必ず出るのは戦死者だろう。

 元首であるプレーヤーは、自分のために戦って命を散らした戦死者遺族には、それ相応の遺族年金を払わないといけない。つまり、勝って星系を手に入れていれば維持できるが、負けが続くといずれ国家の経済を圧迫していくというわけだ。もちろん勝っても大損害を出しているとやっぱり苦しくなる。イケイケで艦船を建造しても、偏ったことをしているとひどい目にあうのはわかるだろう(お金という概念のない本作では、星系を確保し、生産力が増すことでのみ戦力を得る仕組み。建造した艦艇の維持費というものまで設定されている)。

 星系には、複数のパラメーターが存在する。強力な艦艇や兵装を開発するには「科学」を、艦艇を効率よく建造するには「工業」を発展させるなど、国家の状況に応じた内政を行わないといけない。

 多くのゲームでありがちな複雑な操作は必要とせず、国家政策を指定するだけで、各パラメーターは自動的に発展していく。国家の状況を把握し、的確な政策を指定することで、磐石な国家を形成できるのだ。

 星系が発展すると、中型艦までしか作れなかったものが、大型艦など新型艦艇が生産可能となり、オリジナルの艦艇を設計する事もできるようになる。艦艇の設計は、装備する兵装を選択・決定することで簡単にでき、技術開発が進めば強力な兵装が得られる。それらを装備させることで強力な艦が設計できるというわけだ。

輸送艦は新しく星系を占領したときに揚陸艦として使われるが、基本的に揚陸ポッドがない限りは上陸できない
電測艦は、非常に計量ですぐに生産できるものの耐久力がない。ただし、電測艦はいまだ見えない地域を見えるようにする性能があるので、探索にはかかせない。特性を見極めないとならない
新星系発見のために大量の探索艦を生産することはできないが、戦艦に兵装としてレーダーを積み込み、それの代用とすることもできるようになった。先々の運用方法を考えながら生産していく先見の明も必要

 装備する兵装の選択により、ビーム砲強化型、ミサイル重点型、重装低速型、軽装高速型など様々なタイプを設計することができる。設計したタイプには、艦級(クラス)名を付けることも可能で、自ら設計・命名した艦艇を艦隊に配属させると愛着もわくというもの。では、いざ生産した艦艇を配属する流れを追ってみよう。

 先述したが、指揮官の特性に合わせ艦艇を運用していくことがプレーヤーの1つの仕事といえる。指揮官の能力や特性と、自らが生産した艦艇の組み合わせを考慮し、広大な宇宙へと放つことになる。

性格や運用、火力など、指揮官になった時にこの特性が活かされる
レベルや特性により、率いるのに有利な艦隊も大規模艦船から小規模探索機まで
艦隊は、複数の小隊で構成される。小隊には艦隊内でのフォーメーションを指定する事ができ、フォーメーションは、戦闘時の役割分担を視覚的に表現している。編成した艦隊にはプレーヤー自らが艦隊名をつけることができる
戦闘する艦隊は、配下の小隊ごとに「前衛」「主力」「支援」の位置に配置される。配置された位置によって、それぞれの戦闘時の役割が決まるというわけだ。「前衛」ならば、敵艦隊に突撃。「主力」ならば、ビームやミサイルで交戦。「支援」ならば遠距離ミサイルで後方より攻撃といった具合。艦隊の能力に適した配置を行い、戦力を相互に連携させることが肝要だ

 戦闘以外でも国家間には「親密度」と「条約」のパラメーターがあり、外交や軍事行動によって親密度が変化していく。親密度によって「不戦条約」「通商条約」「軍事同盟」といった関係を築く事ができ、闇雲に戦闘で疲弊することなく利を得ることも考慮しなくてはならないようだ。

外交は「探索の世紀」では使用することができない

 山本氏の最初の言葉どおり、今回のデモプレイでもあっさりプレーヤーは敗退してしまっていた。アホみたいに強くしたというAIについて山本氏は、「このAIを作りたいがためにゲームを作ったといっても過言ではない」と豪語する。

 ゲームの難易度は6種類を予定しており、難易度はAIの判断するためのタイムラグや、艦隊編成の合理性にバイアスをかけ、敵の艦船の運用方法、また援軍の出し方などで変化させていこうと思考している。将来的にはプレーヤー同士との対戦も視野に入れている本作の発売が待たれる。

 今回、山本氏のプレゼンに協力していた「インペリアルフォース 2」のディレクター・大庭賢一氏からコメントをいただいたので紹介したい。

大庭氏 「インペリアルフォース2」は、自動生成されるマップと、手ごわい思考ルーチンが最大のウリです。現在のバージョンでは、マップ中央に母星が配置されると生き残るのは至難の業です。難易度ごとに調整中ですが、CPUの強さはご期待にそえるものになると思います。もちろん、イカサマはしていません。また、シンプルなゲームシステムになっているので、複雑なゲームはちょっと……という方もご安心下さい。プレイするたびに異なる勢力図と、多彩な動きをする思考ルーチンで末永く遊んでいただけると思います。

原作の緊迫感そのままに“やまと”をニューヨーク湾へ――「沈黙の艦隊 2」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」