レビュー
2005/08/25 20:11 更新


よみがえれ美しい思い出! 「タイトーメモリーズ下巻」で記憶の旅に出る (3/4)


前のページ | 1 2 3 4 | 次のページ

エレベーターアクション

 本作がゲームセンターでデビューした83年と言えば、あの「ゼビウス」が登場した時期と重なる。それまでには存在しなかった“ゲーム・ミュージック”文化を取り入れ、さらにはソルやスペシャルフラグなどの隠しキャラをも導入し、すべてにおいてアーケードゲームの革命的存在となっていた。

 その時期、筆者が通っていたゲームセンターには、「ゼビウス」ならぬ「ゼビオス」が入っていたが、なぜかそれを無視して遊んでいたのが、SNKの「ジョイフルロード」と「エレベーターアクション」だった。

 特に、エレベーターアクションの主人公はスパイのはずなのだが、ビルに忍び込むデモ画面を見る限りではタダの子供にしか見えないとか、頭が真っ平らなので敵弾をしゃがんでかわすという芸当ができたりと、あまりのユニークさに取りつかれたようにプレイした記憶がある。

 エレベーターで敵を潰したときや電灯を当てて倒したとき、ジャンプして敵を押しつぶしたときの爽快感も最高で、ジャンプしながら「ヒッププレス!」などと叫びつつ遊んだものだった。しかし、タイミング悪くエレベータの天井に乗って敵に潰されたことがあり、そのショックの大きさから引退し、コナミのジャイラスへと逃避した思い出がある……。

 目的は、30階建てのビルに忍び込み、赤いドアの中に隠された機密書類をすべて盗みだし、地下に止めてあるポルシェ(?)のような車に乗って脱出すること。タイトルの通り、ビルにはあり得ないぐらいの数のエレベータが設置してあり、これを利用して各階を移動したり、敵を倒すことになる。プレイヤーの武器は、3連射ができる拳銃とジャンプ、しゃがむことのみ。しかし、敵に重なってジャンプすれば蹴りで倒せるし、エレベータと地面の間に挟み込めば潰してしまえる。なお、7階より下は各フロア2部屋しかなく、それ以外はすべてエレベータという、とんでもない構造になっているのだ。

wk_0825taito21.jpg

わざわざ、機密書類を色の違うドアの部屋に隠しているあたり、敵も間抜けというか何というか……

wk_0825taito22.jpg

弾丸は、それほどスピーディに飛んでいくわけではないので、自分だけでなく敵も華麗に避けてくることがある。それでも3連射すれば、ほとんどの場合は倒せるだろう

wk_0825taito23.jpg

ヒッププレスや蹴りは、かなり強力な武器。使い方を覚えれば、先の面へ簡単に進めるようになるだろう

wk_0825taito24.jpg

このゲーム一番の醍醐味が、敵をエレベータで潰して倒す方法。決まったときは、まさに気分爽快。逆に自分がやられると、無条件でリセットボタンを押したくなる

wk_0825taito25.jpg

六本木ヒルズのようなビルならともかく、このエレベータの数は……

 さまざまなテクニックが使えるだけでなく、銃も3連射が効くため、今プレイしてもそれほど違和感を感じない。敵も、面が進むと伏せて銃を撃ってきたりはするものの、それほどひねた攻撃をしてこないので、下巻の中でも比較的クリアしやすいタイトルだろう。エレベータの使い方も重要だが、所々にあるエスカレータを如何に利用するかも、隠れたコツとなっている。「こんな数のエレベータが設置してあるビルなんて、骨組みがふにゃふにゃで建っていられるわけがないから、ぶっちゃけあり得ない!」は、禁句ということで(笑)。

wk_0825taito26.jpg

エスカレータは、表示されている四角い足場の上で、降りるときは下・昇るときは上に方向キーを入力する。この間は無敵なので、敵とすれ違っても大丈夫

ザ・ニュージーランドストーリー

 この頃のタイトーは、なぜか似たようなシステムでタイトルの違う作品を、いくつもリリースしていた。例えば、「ザ・ニュージーランドストーリー」と似ているものとしては「地獄めぐり」や「ミズバク大冒険」があったし、翌年には「インセクターX」と「中華大戦」という似たような内容のゲームが登場している。

 これらは、目新しさがあまりないという代わりに、ルールもほとんど同じなのでプレイしやすい、というメリットがあった。中でも、「ザ・ニュージーランドストーリー」はキャラのかわいさも相まって、近所のゲームセンターでは比較的長く稼働していた記憶がある。

 最初は、ポップなノリのBGMに乗せられつつプレイしていたのだが、後になってから隠し扉があるというのに気づき、プレイスタイルが一変した。それまで地道に進めていたものが、今度は隠し扉を利用しながらの移動に変更してみると、扉の先にはEXTENDの文字が大量に! タイトーのゲームではバブルボブルから採用された(と記憶しているが……)、文字を全部揃えると自機が増えるシステムは、ザ・ニュージーランドストーリーにも健在で、今度はEXTENDの文字を探す作業へと変わってしまった。さらわれた仲間の救出は、一体どこへやら(笑)。

wk_0825taito27.jpg

タイトル通り、舞台はニュージーランド。エリアをクリアすると、どこまで進んだかをマップでチェックできる

 主人公“ティキ”は、南氷洋からきたアザラシにさらわれてしまった仲間を助けるべく、迷宮内を駆けめぐる冒険に出る。ティキは弓を装備していて、これで出現した敵を攻撃・倒すことができる。敵が消滅した後には、フルーツなどの得点アイテムや武器が落ちていることがあり、それを取ることで戦いが有利になったり不利(!)になる仕組みだ。

 また、ジャンプだけでは行けない場所もあり、その時は出てくる敵が乗っている“おまる”などの乗り物を奪って進むことに。途中、何も無いところにショットを撃ち込むと扉が現れたり、EXTENDの文字を揃えると自機が増えるなど、隠し要素も満載。各ワールドの最後には巨大なボスが待っていて、倒せばエリアクリアとなる。

wk_0825taito28.jpg

南氷洋からアザラシが出張してきて、ニュージーランドにいるティキたちをさらっていくとは、何ともご苦労な……

wk_0825taito29.jpg

初期装備の弓は、へたに拾ってしまう武器より、かなり使い勝手がいい。でも、一番便利なのはレーザー銃かも

wk_0825taito30.jpg

フルーツをとる分にはまだいいが、射程距離の短い爆弾のような武器を取ると、後の戦いが辛くなる

wk_0825taito31.jpg

乗り物は風船などいろいろあるが、なんと言っても“おまる”

wk_0825taito32.jpg

何もない空間にショットが吸い込まれていったときには、そこに隠し扉がある印。ある程度撃ち込むと、扉が現れる

wk_0825taito33.jpg

文字は、迷宮のあちこちに配置されている。6文字を1つずつ集められれば、ティキが1人増える

wk_0825taito34.jpg

各ワールドの最後には、ちょっぴり憎めないボスが待っている。でも、倒さないと仲間は取り戻せないのだ

 中盤を過ぎると面構成が広くなり、どこをどのように進めばよいかで迷ってしまうのが、今プレイしてみると厳しいところ。また、乗り物に乗ったときの操作方法が難しく、慣れないうちはすぐにやられてしまう。完全マップと攻略ルートつきの解説本が登場してくれれば、かなりクリアできる人も増えると思うのだが……。

 それでもティキの愛らしさは、個人的には“ちゃっくん”に通じるところがあると思っている。キャラとしては単純なのに、なぜか見ている人を惹きつける、そんな可愛らしさが画面から伝わってくるタイトルだ。彼の勇士を見るためだけにプレイしても、惜しくない作品だろう。

wk_0825taito35.jpg

見えないところでタイムもカウントされているので、マップが広いからといって迷子になっている場合ではないのだ

wk_0825taito36.jpg

助け出した仲間との2ショット。こうしてみると、とっても愛らしい

次ページは「レイストーム」について

前のページ | 1 2 3 4 | 次のページ

[J.O.宍戸,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.