ニュース
» 2005年09月16日 10時01分 公開

「ゼノサーガ エピソードI」と「II」が1つになってDSに登場「ゼノサーガ I・II」(1/2 ページ)

プレイステーション 2にて発売された「ゼノサーガ エピソードI【力への意志】」と「エノサーガ エピソードII【善悪の彼岸】」の2本が、さらにエピソードを追加しニンテンドーDSで1つになった。

[ITmedia]

手のひらに広がる、壮大な人類の物語

 2003年11月20日に発売された「ゼノサーガ エピソードI【力への意志】」(以後エピソードI)と、2004年6月24日に発売された「エノサーガ エピソードII【善悪の彼岸】」(以後、エピソードII)は、プレイステーション 2用ソフトとして売り出され、その世界観とゲーム性に注目が集まった。そのゼノサーガがハードを変え、ニンテンドーDSで開発しているとナムコが発表した。

 エピソードIとIIは続編という関係ではあるが、それぞれ単独で完結している構成。それを今回、1つの物語として全20章で再構成し、さらに描ききれなかったエピソードや、本作オリジナルのストーリーを加えられることになった。新キャラクターも登場しており、すでにPS2版を遊んだ方も楽しめるものになる。DSで発売されるということで、DSならではの遊びも用意されており、ゲームシステム自体にも改良が加えられている。

 ゲームシステムは、「エピソードI」を基本とし、戦闘中のブーストも健在。キャラ同士の戦闘では、新システム「P・F(仮称)」を搭載し、パーティーメンバーの個性を存分に発揮できる戦術を楽しめるものになるとのこと。新システム「P・F(仮称)」については明らかにされていないが、追って紹介したい。

 そのほかにも、ゼノカードやゼノサーガ用語データベース、タッチペンを使ったミニゲームなども用意されているとのこと。

こちらがメニュー画面。EPを使ってアイテムに変換することが可能。なお、画面中の顔アイコンは仮のものとのこと

 脚本は「勇者王ガオガイガー」や「ジパング」「ゼノサーガ ジ アニメーション」などを手がけた竹田裕一郎氏。キャラクターデザインは、芦田豊雄氏率いる「スタジオ・ライブ」の実力派・竹内浩志氏が。ゲーム中に登場するキャラクターとビジュアルシーンの作画監督は同スタジオの菊池愛氏、キャラクター達の彩色を「今日からマ王!」など多数の人気アニメ・ゲームで活躍する「スタジオ・ディーン」が行う。

 また、ストーリーを盛り上げるビジュアルシーンの演出には大河広行氏(シンクポート)を起用。音楽には、映画やTVドラマ、最近では「魔法戦隊マジレンジャー」など手がける山下康介氏が担当する。

序盤ストーリー

 ケニアのトゥルカナ湖に謎の物体ゾハルが出現したA.D.20××。

 そして、T.C.4767。人類が発祥の地を捨ててから、すでに四千年余りの歳月が経った。星団連邦軍の巡洋艦ヴォークリンデは、惑星消失事件調査のため艦隊を率いて該当宙域に向かっていたが、その道中、未知の物体「ゾハル」を回収する。

 同じ頃、ヴォークリンデ艦内では、人類の敵グノーシスに対抗する手段の1つ、「対グノーシス用人型掃討兵器KOS-MOS」の起動実験が仮想空間(エンセフェロン)で行われていた。

 KOS-MOSの開発主任・ヴェクター第一開発局シオン・ウヅキがKOS-MOSを起動させた直後、連邦軍中尉バージルが戦闘用レアリエン(合成人間)と共に、同空間に出現。KOS-MOSと、バージルの搭乗するA.G.W.S.(アンチ・グノーシス・ウェポン・システム)そして戦闘用レアリエンによる合同演習が半ば強制的に開始されてしまう。 バージルは、レアリエンを備品として扱い型番で呼ぼうとするが、シオンは彼の愛称を、彼自身の名前として呼ぶのだった。「あなたがそう呼ばれたいという意志を持ったなら――それが、あなたの名前よ」と。

 合同演習を終え、配備されているレアリエン達のメンテナンスを行うシオン。彼らとの会話にしばし心を和ませるシオンだったが、ヴォークリンデ艦内に非常警報が鳴り渡った――

登場人物

【シオン・ウヅキ】Shion Uzuki
女 身長163p 体重48kg 22歳
本作の主人公。ヴェクター第一開発局、KOS-MOS開発計画の主幹技師。物語冒頭では、官民合同で進められていた“あるプロジェクト”に関係すると思われる惑星消失事件の調査とKOS-MOSのテストを兼ねて、ヴェクターから派遣され、当該宙域に赴くことになる。
幼少時代、その故郷が戦乱に巻き込まれ、両親を亡くし、また二年前に初恋の男性を事故で失うといった辛い経験をしており、本人もその事で心に相当深い傷を負っている筈だが、それについて始終思い悩んだり、他人に吐露したりするようなことはない。

万事において、物事をポジティブに捉えようとするその言動、立ち居振る舞いは、ともすれば単なる楽観主義者と見られがちだが、それは過去の様々な体験、経験への彼女なりの精一杯の抵抗であり、“過去”という亡霊に束縛されず、今日、そして明日を生きようとする前向きな意志の表れである。

非常に“生命力が強い”女性で、周囲の人間を半ば強引に引っ張っていく、ある種魅力ともいえるものを持っている。
本人は否定しているが、KOS-MOS計画の主幹技師を務めている事から判るように、かなりの才媛であり、その容姿も相まって、ヴェクター社内で彼女に思いを寄せる男性社員は多い。
【KOS-MOS】KOS-MOS
外見は女 身長167p 体重92kg 外見は18歳前後
ゼノサーガシリーズを通して鍵となる少女。
星間コングロマリット「ヴェクター」によって開発された女性型戦闘用アンドロイド。レアリエン(合成人間)技術の発達したこの時代において、すべてが機械部品で構成されている希有な存在。KOS-MOSとはグノーシス用に開発された戦闘システムの総称であり、彼女自身の名前は無い。すべてにおいて論理、確立、任務の三原則を優先し、開発者であるシオンは無条件に護る。また、他者とのコミュニケーションを円滑にするため「模擬人格OS」が実装されている。「秩序」の名を持つ。

ゲームの流れ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声