ニュース
» 2005年09月17日 22時32分 公開

向谷実氏が実演を交えつつ熱く語る――「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」イベントリポート東京ゲームショウ2005――タイトーブース

8月25日に発売された「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」のプロデューサーである向谷実氏によるステージイベントがタイトーブースの特設ステージで開催。ゲーム内容が向谷氏によって詳細に解説された。

[平澤寿康,ITmedia]

 「Train Simulator」シリーズは、タイトーの「電車でGO!」シリーズと並ぶ、列車運転シミュレーションの人気タイトルだ。そのTrain Simulatorシリーズの最新作で、8月25日に発売されたばかりである「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」(TS 京成・都営浅草・京急線)の内容を、プロデューサーである向谷実氏自らが詳細に解説するというイベントが、東京ゲームショウ2005のタイトーブース特設ステージで開催された。

 ステージに登場した向谷氏は、「1995年にTrain Simulatorの1作目を出したので、今年が10周年になります。そこで、これまでに出した路線で運転できる距離を全部足してみたんですけど、1632.2kmも運転できるんですよ。これは、私のバンドの名前と同じ寝台特急カシオペアの片道分の距離でもおつりが来る、そんな感じだと思います。」と、向谷氏らしいコメントで始まったこのイベント。もちろんステージ上は向谷氏ただ一人で、まさにオンステージといった様相だ。

 このTrain Simulator 京成・都営浅草・京急線は、8月25日に発売された、シリーズ28作目、プレイステーション 2用としては5作目となる。本作の制作で苦労した部分は、3つの異なる鉄道会社を通してプレイできるようにする、という点だったそうだ。普通であればかなり難しい調整が必要となると思うが、過去の作品からつきあいのあった京浜急行が協力して他の鉄道会社にアプローチしてくれたことで、3つの会社の路線をすべて通してプレイできるようになったそうだ。

 そして、それに絡むことだが、Train Simulatorシリーズは実写映像を利用していることはおなじみだが、もちろん本作でも実写が使われている。しかし、3つの異なる鉄道会社の路線を通して実写の風景を撮影することはできないので、それぞれの会社分を別々に撮影しなければならない。そのあたりの調整が大変だったといったエピソードが語られた。

 他にも、様々な努力があったそうだが、その甲斐あって本作は、在来線を題材としたシリーズの中で最長の運転距離、最大の車両数、とてつもなく多いダイヤを用意できているそうだ。とにかく、鉄道ファンにとって、これ以上ない非常に魅力のあるタイトルになっているわけだ。

 開発上の苦労話に続き、ゲーム解説では、本作で用意された練習モードの「ブレーキ練習」や、電車の運転方法のコツ、運転できる鉄道会社や車両の増やし方、京成スカイライナーを利用した実際のゲームプレイなどを、向谷氏自らがプレイしながら細かく解説された。そしてここでも、運転台の各種メーターの針の動き、運転中に聞こえてくる走行音、信号機の光り方、低速走行時での実写映像のなめらかさなど、制作上こだわった部分の説明が行われた。「プロの運転手に見てもらってお墨付きをもらえるクオリティ」、そこを目指して細かな部分までこだわっているそうだ。

 そして、このイベントの最後に向谷氏から大きな発表があった。それは、このTrain Simulatorの技術が、業務用の運転シミュレータに採用されることになった、というものだ。ハイビジョンクオリティで撮影した映像を利用し、Train Simulatorの技術を使って、実際の鉄道会社が利用する教育用の運転シミュレータを制作することになったそうだ。

 業務用のシミュレータ技術がゲームに応用されるというのはよくあるが、その逆のパターンはそう多いことではなく、これは快挙といってもいいだろう。まさに、Train Simulatorシリーズが鉄道会社や実際の電車の運転手の人からも認知され、認められていることの証でもあるだろう。向谷氏は、「業務用シミュレータ制作で得た知識や経験を、次世代のゲーム開発にも生かしていきたい」と語っていたので、ファンは次世代機向けのTrain Simulatorシリーズに大いに期待しよう。

プロデューサの向谷実氏。氏自らこだわって制作しているシリーズ最新作だけあって、熱の入った説明が行われた
専用コントローラを利用してゲームをプレイしつつ、細かなこだわりの部分まで説明してくれた
京成、都営浅草、京急の3路線をまたがって運転できる。在来線を取り上げたシリーズ中最長の運転距離、最大の列車数を誇る
特にこだわっている部分は、このように自ら指で指し示しつつ説明。鉄道ファンにとってはたまらないイベントだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  6. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  9. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」