人気声優たちが華やかに競演――「魔法少女リリカルなのはA's」放送直前イベント「リリカル☆パーティSP」をリポート

10月から放送を開始する「魔法少女リリカルなのはA's(エース)」の直前イベントに潜入取材を敢行。爆弾発言も飛び出したその内容は?

» 2005年09月29日 19時20分 公開
[高橋宏知,ITmedia]

 10月から放送開始する期待のアニメ「魔法少女リリカルなのはA's(エース)」。その放送直前イベント「リリカル☆パーティSP」が去る9月24日、東京、新木場のSTUDIO COASTにて開催された。人気声優たちが出演するとあってイベントは大盛況。2階席まであるイベント会場は2500人のものファンで埋め尽くされた。水橋かおりさん爆弾発言に会場中がどよめくなど、終始歓声の絶えなかったこの日のイベントをリポートしよう。

 「魔法少女リリカルなのはA's」は、2004年10月に放送され、大好評を博したアニメ「魔法少女リリカルなのは」の続編。ひょんなことから魔法使いになってしまった小学3年生の少女・高町なのはを主人公に、友情と白熱の魔法バトルを描いた作品だ。続編となる「A's」では、なのはのライバルとなる新キャラクターが多数登場し、複雑な物語を展開していく。また人気声優たちが多数共演していることも本作の見どころだ。

 本日のイベントでは田村ゆかりさん(高町なのは役)、水橋かおりさん(ユーノ・スクライア役)、水樹奈々さん(フェイト・テスタロッサ役)、桑谷夏子さん(アルフ役)、高橋美佳子さん(クロノ・ハラオウン役)、そして新メンバーとなる植田佳奈さん(八神はやて役)、清水香里さん(シグナム役)、真田アサミさん(ヴィータ役)の8人が出演。登場するや否や会場はファンの声援に包まれ大騒ぎ。司会を務める三嶋プロデューサーが、「今からそんなんで大丈夫? 大事なところでバテンといてな」と観客を心配したほどだ。

 まずは出演者たちそれぞれが自己紹介をしてくれたのだが、この時田村さんは新メンバーの方々をチラチラッとうかがうように見てから、「……頑張ります」と意味深なコメント。どうやら魅力的な新キャラがたくさん登場するのを、なのはの立場に立って意識しているようなのだ。それを受けたのか新メンバーの植田さんたちも、「『なのは』を乗っ取ります」と爆弾宣言。また水橋さんは「リハーサルのときに、ゆかりちゃんのおっぱいを触っちゃいました。けっこうありました」とこれまた爆弾発言。さらに水樹さんも「私もそのときゆかりさんの胸にタッチしてしまいました。だってゆかりさんが積極的だったんですもの(笑)」と、話すと会場中は異様な興奮に包まれた。やはり健康的な男子がたくさん集まっているだけあって、おっぱいネタは盛り上がる。まあ、若い男子には仕方のないことです。

あの人の意外な一面発覚!? ドキドキゲームコーナー

 本日のイベントでは「なのはお絵描きクイズなのA's」「どきどき☆風船バトルなの」「シャッフルアフレコなのII」という、それぞれ趣向の凝らされた3つのゲームが催された。出演者たちが意外な芸達者振りを発揮するなど、大盛り上がりをみせた。

なのはお絵描きクイズなのA's

 「なのは」に関するキャラクターやアイテムを、出演者たちがその場で書くというコーナー。主人公の高町なのはとフェイトが持っている杖「バルディッシュ」、「A's」の重要なアイテムとなる「闇の書」、フェイトをいじめるプレシアと全部で4問出題された。

 画力に定評のある桑谷さんは、その実力を遺憾なく発揮。三嶋プロデューサーに「ぜひ制作スタッフに」と誘われる一幕もあった。もちろん爆笑モノの解答も盛りだくさんで、特に田村さんが描いたバルディッシュは、三又のフォークのような農耕具という代物で、そのあまりの似てなさぶりに会場中の爆笑を誘っていた。

 ちなみに今回、各お題で優勝に選ばれた作品は公式サイトにアップされるとのこと。出演者たちの力作をぜひ堪能していただきたい。

どきどき☆風船バトルなの

 出演者が出されたお題について、順番に答えていく山手線ゲーム。ただし、お題に答えるまで、出演者は膨らむ風船を持ち続けなくてはならいというルールで、その恐怖に皆ちょっと怯え気味。何でもリハーサルの時に風船の割れる音が意外と大きくて、みんなビックリだったとか。だから本番でも、自分が渡されるとすぐに答えて風船を放り出してしまう人が続出。ステージ上は出演者たちの悲鳴でちょっとしたパニック状態になってしまったほどだ。

 「バラエティ番組で出演者たちがキャーと言っているのを見て、今までウソだーと思ってましたけど、実際やってみると本当ですね。身をもってその恐怖を体験しました」とは水樹さんの弁。恐怖にめげず、ゲームを行ってくれた出演者の方々は本当ご苦労さまでした。

シャッフルアフレコなのII

 こちらは自分が演じている役とは違う役になって、「なのは」の名シーンをその場でアフレコするというゲーム。植田さん演じる少し気だるいなのはや、水橋さん演じる変な英語発音のレイジングハート、「ヴァヴァヴァヴァ」とかわいらしげに木獣を演じる田村さんの演技に会場中も拍手喝采。その中でも第12話、フェイトがプレシアと対峙するシリアスな名シーンでは、「ユーに言いたいことあってきましたね〜」などという風に、皆がインチキ外人風のアドリブ演技を披露し、会場を爆笑の渦に巻き込んでいた。

「魔法少女リリカルなのはA's」第1話先行上映!

 続いては、本編第1話の先行上映会。なんとこちらは、一昨日完成したばかりのできたてのホヤホヤ。初めはダイジェスト版の上映ということだったので、この変更は観客たちにとっては大歓迎だっただろう。ちなみに第1話では、原作者の都築真紀氏が以前「今回は前作よりもバトル分増量しています」と語っていた通り、いきなり魔法使い同士による激しい魔法バトルが展開。大スクリーンでの迫力たっぷりの映像に、観客も大いに満足していた様子だった。

歌姫登場! 大興奮のライブコーナー

 2時間近くになるイベントもいよいよ大詰め。水樹奈々さんが登場し、お待ちかねのライブコーナーが始まる。まずは「リリカルなのはA's」のオープニング曲、「ETERNAL BLAZE」を熱唱。静と動を行き来する激しい曲調が、なのはたちの今後の戦いの厳しさを予感させる。続いて歌うは「リリカルなのは」のオープニング曲「innocent starter」。ステージの中央で凛として歌う水樹さんの姿は、まさに歌姫の貫禄。会場中の観客をその歌声で魅了していく。

 続いては田村さんが登場。「リリカルなのはA's」のエンディング曲「Spiritual Garden」を楽しげに歌いあげた。優しげな曲調が、友達の幸せを思いやるなのはの優しさを思わせる。田村さんは「すごい緊張した」と語っていたが、そんな雰囲気など微塵も見せない。

 「それじゃあ、最後の曲です。みんなで一緒に跳んだりしましょう」と田村さん。観客にはおなじみのイントロが流れる。「リリカルなのは」のエンディング曲「Little Wish~lyrical step~」だ。ステージ上では田村さんが右へ左へと本当に楽しげに跳びはねながら歌い、観客も息のあった「ゆかりん」コールでそれに応えていく。会場全体が大興奮に包まれ、イベントの熱狂はこの日最高潮。じつは2時間近く立ち見だったのだが、そんな疲れなんて一気に吹き飛んでしまうのだった。

イベント終了。最後もやっぱり――

 ライブ、そして続いてのプレゼント抽選会でこの日のイベントは終了。最後は出演者全員が挨拶をして終わりということだったのだが、ここでもちょっとしたハプニングが。水橋さんが田村さんに「ゆかりんは本当かわいいね。歌を聞いていたら、好きになっちゃったもん」とコメントし、田村さんの胸にタッチしたのだ。この不意打ちに会場中が再び異様などよめきに包まれる。とまあ、そんな風にイベントはゲームあり、ライブあり、終始笑いと歓声の絶えない楽しいものだった。出演者たちもみな仲がよさそうで、彼女たちからたくさんの元気なパワーをもらえた、そんな充実の2時間だった。

(C)なのはA's PROJECT


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」