ニュース
» 2005年10月04日 12時01分 公開

レアはXbox 360「パーフェクトダーク ゼロ」で新しいFPSのベンチマークを目指すXO5開催直前インタビュー

アムステルダムにて行われるXbox 360の欧州向けプレスイベント「X05」の開催を前に、レアのシニアデザイナー、ダンカン・ボットウッド氏に「パーフェクトダーク ゼロ」の話を聞くことができた。

[遠藤学,ITmedia]

 レアが1997年に発売した「007ゴールデンアイ」。それから3年後の2000年には「007ゴールデンアイ」のシステムエンジンをパワーアップさせたFPS「パーフェクトダーク」が登場した。

 そしてXbox 360において、「パーフェクトダーク」(以下、「PD」)の主人公である凄腕のエージェント「ジョアンナ・ダーク」が、そこに至るまでの過去を描いた続編「パーフェクトダーク ゼロ」(以下、「PDZ」)が登場する。

 今回、アムステルダムにて行われるXbox 360の欧州向けプレスイベント(今年は発売カウントダウンイベントでもある)「X05」の開催を前に、レアのシニアデザイナー、ダンカン・ボットウッド氏に「PDZ」の話を聞くことができた。

photo ダンカン・ボットウッド氏 10年前にレアに入社。「007ゴールデンアイ」、「パーフェクトダーク」、「パーフェクトダーク64」の制作に関わり、「パーフェクトダーク ゼロ」ではシニアデザイナーを務める

―― 「PDZ」は最初からXbox 360にて開発を進めていたのでしょうか?

ダンカン・ボットウッド氏(以下、ダンカン) 「PD」を使い、何か次の作品を作ろうという意図はありました。当初はゲームキューブでと考えていましたが、オンラインの面で弱く、また、Xboxだとグラフィックの面で私たちが望んでいるレベルにはならなかった。そんな時にXbox 360が登場したわけです。

―― 今ではさまざまなFPSが登場するようになりましたが、「PDZ」はそれらと比較してどのような特徴がありますか?

ダンカン 特徴と言えるのは、「PD」の過去を振り返ることにより、キャラクターの魅力をさらに高めるものにすることができた、ということが挙がります。また、ゲームの面白さとしては「COVER」(壁などに隠れながら狙いを定め撃つ機能)などがあります。ただ、今回見ていただいたもの(インタビュー前にダンカン氏によるデモプレイが行われた)はあくまでほんの一部であり、隠している要素はまだまだありますよ。

―― 操作は「Halo」に近いものがあるように見えましたが?

ダンカン われわれが調査を行った結果、「Halo」タイプの操作に慣れている人が9割近くいたので、こちらを選択しました。ただ、古いスティックタイプの操作で遊びたければ、そちらでも遊べるようにはなっています。

―― 選べるようになっているのは良いですね。ちなみにデモプレイでのステージは香港ですか? 舞台はアジアになるのでしょうか?

ダンカン 見ていただいたのは確かに香港ですが、それ以外にもアメリカやアフリカ、中国の本土など、世界中が舞台となります。ただ、日本はディテールを細かく描かなければならないため、今回は登場しません。

―― 世界中が舞台、となるとキャンペーンモード(ストーリーに沿って進むシナリオモード)でのステージ数はどれくらいになるのでしょうか。

ダンカン キャンペーンモードには14のミッションがあります。また、マルチプレイモードには6つのマップを用意しており、マップ自体も、4〜8人用の小さなものから、2チーム用、4チーム用といったように、遊び方によってその大きさが3つに分かれるようになっています。

―― マルチプレイモードの話が出たのでお聞きします。「Halo」は16人で遊ぶことができましたが、本作は何人になりますか?

ダンカン 発売時点では32人です。50人までは可能な段階にきてはいますが、まだ完全ではありませんので、自信を持って送り出せるようになってから、こちらは搭載する予定です。

―― ちなみに現在の開発状況と発売日は?

ダンカン 発売日はまだ決まっていませんが、開発状況は98〜99%になります。

―― もうほとんど完成しているんですね。近いうちに発売日が決定してくれることを期待しています。では、最後に日本のファンに向けてひと言いただけますか?

ダンカン 「007ゴールデンアイ」や「Halo」といったタイトルは、その時の(家庭用ゲーム機の)FPSのベンチマークになりました。ですから、「PDZ」が新しいFPSのベンチマークとなってくれることを期待しています。日本の皆さん、ぜひともプレイしてください。そして、楽しんでもらえればと思います。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  4. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  5. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  6. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  7. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」
  10. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい