クラッシュ君編集部漫遊のつもりがエライ目にあう――「クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド」

ビベンディ ユニバーサル ゲームズが、12月1日に発売を予定している「クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド」の宣伝に編集部に訪問。しかし、強敵が待ちかまえていた……。

» 2005年11月15日 15時20分 公開
[ITmedia]

 ビベンディ ユニバーサル ゲームズの「クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド」は、プレイステーション 2版ゲームキューブ版が税込み7140円で、PSP版が同じく税込みで5040円で、12月1日に発売を予定しているシリーズ最新作となる。

 今回、主人公クラッシュ・バンディクーが、編集部に表敬訪問にやってきた。もちろん発売に向けての宣伝活動の一環でもあるが、先日「としまえん」(※)にて行われたプレス対抗「クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールドカップ」でうっかり優勝してしまったITmedia +D Gamesがどんなところなのか興味があったのだそうだ。かくしてクラッシュはやってきたわけだが……。

(※)東京練馬区にある遊園地「としまえん」において10月31日(月)〜11月28日(月)の期間中「クラッシュ・バンディクー がっちゃんこフェスタ」が開催されている。園内に設置されているラリーポイントを探し、スタンプをすべて集めて規定の用紙で応募すると抽選で400人に素敵なプレゼントがもらえたり、イベント開催期間中の土、日、祝日の11時〜12時に、園内施設の「オートスクーター」に乗ると、“クラッシュ”オリジナルグッズをもれなくもらえるなどのサービスを行っている
クラッシュ・バンディクーと玄関前。本作の主人公。ちなみにバンディクーとは、タスマニア島に生息する有袋類で、フクロネズミとも呼ばれている絶滅危機種で実在する生き物。この生き物をモデルにバンディクーは生み出されたが、やけに頭がでかいため、編集部の扉をくぐるのもひと苦労
プレス対抗戦を制したということで、クラッシュとは仲良し。いかにゲームが素晴らしいのか、いかにクラッシュがすごいのかを力説するオレンジの生き物。このまま普通に帰るはずだったのに……

 1996年12月、初の奥スクロールアクションゲームとして世に送り出された「クラッシュ・バンディクー」は、99年のシリーズ4作目「クラッシュ・バンディクー レーシング」で、レースものが誕生。今回、従来のアクションゲームとレースゲームが合わさった、ちょっとお馬鹿で悪ノリ全開のシリーズ最新作となっている。

とレースものが加わるなど番外編も含め、現在PS、PS2、GBA、GC、Xboxとハードを問わずシリーズを積み重ねている。基本的にお馬鹿で、小ネタがいっぱいの脱力系ゲームではあるが、アクションゲームとして秀逸で、ファンも全世界に多数存在する人気作である。

 アクションゲームの途中にレースゲームが差し込まれていく形でゲームは進行。アクションパートでは、レースで使用するキャラクターや車種を増やしたり、ミニゲームをクリアしてコインを貯めることが目的になる。コインをためるとその枚数によって車や武器をパワーアップすることができる。レースパートでは対戦も可能だ。PSP版では最大8人まで。PS2版は最大2人、GC版は最大4人までプレイすることができる。

 こうして立て板に水の説明をクラッシュから受ける筆者の前に、黒い影が飛びかかった!?

いきなり視界にフェードインしてくる乱入者が! 昔からこういう類の生き物っぽいものを見ると、飛びつかずにはいられないという習性を持つ編集者がクラッシュに噛みついた。まさしく“がっちゃんこ”! いつも笑顔のクラッシュは、写真ではわかりづらいが困っている様子
乱入者は編集部の新人。狙った獲物は逃さないスナイパーのような女が休憩から帰りがてらオレンジの物体を見つけてとりあえず飛びついたらしい。当然、クラッシュに対しても怖じ気づくことなく「なんかくれ」と言い放つ始末。教育を間違えました。しかし、優しいクラッシュはジャンケンをして勝ったらプレゼントをあげましょうと提案。かくして新人vsクラッシュのジャンケン大会へと流れ込んだ。クラッシュの手は安定していない。いつもグニャグニャしているということで、“パー”しか出せないと踏んだ新人は自信満々。いざ勝負となったのだが……。いきなり意に反して新人は“グー”。しかし、クラッシュが意外にも器用に“チョキ”を出したためプレゼントゲットとあいなった。恐ろしや新人……

 「クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド」では、悪評価テーマパーク「ボン・クラッチ モーターワールド」を舞台に、盗まれた“ブラック・パワーストーン”と“パワーストーン”の争奪戦が展開される。今回の編集部訪問では、クラッシュが新人にプレゼントを奪われるという結果で幕となった。

それでも笑顔のクラッシュはさすが。むしろ笑顔しかできないクラッシュはちょっと切ない雰囲気をも醸し出す。いただいたプレゼント(シール)は、後日放出いたします。しばらくお待ちください。こうして寒くなった東京の空の元、彼の宣伝の旅は続くのであった……。
クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド
対応機種PS2/GC/PSP
メーカービベンディ ユニバーサル ゲームズ
ジャンルアクション
発売日2005年12月1日
価格PS2版、GC版:7140円(税込)/PSP版:5040円(税込)
(C)Crash Bandicoot Gatchanko World ©2005 Universal Interactive, Inc. Crash Bandicoot and related characters are ™ and © Universal Interactive, Inc. All rights reserved. Vivendi Universal Games and the Vivendi Universal Games Logo are trademarks of Vivendi Universal Games, Inc, in the U.S. and other countries.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」