レビュー
» 2005年12月14日 16時58分 公開

「龍が如く」レビュー:「GTA」とは似て非なる新世代エンターテインメント (4/4)

[水野隆志,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

緻密に作り上げられた大歓楽街で存分に楽しもう

 ところで、いくら強いとはいえ、ケンカばかりの毎日じゃ心が荒むという人もいるだろう。だが、ご安心あれ。疲れた男を癒すことにかけて、龍が如くはこれ以上はないほどの充実ぶりを誇っているのである。

 発売前から、なにかと話題になった、物語の舞台・神室町。ゲームが進むと、横浜へ出張したりすることもあるのだが、物語の大半は、一馬のホームタウン・神室町で繰り広げられる。そこには組の事務所やチンピラたちのねぐらをはじめ、ケンカの舞台となる場所が多数用意されているのだが、街にあるのはそれだけではない。

 例えば「食」。関連する店舗を挙げると、牛丼屋、喫茶店、アイスクリームショップ、ハンガバーガーショップ、ラーメン屋、バーなどがある。

 例えば「遊」。ゲームセンター、パチスロ、バッティングセンターなど。しかもゲームセンターならUFOキャッチャーができたり(さすがはセガのゲーム!)、バッティングセンターなら、規定数以上のホームランを打つと景品をくれたり、といったミニゲームが楽しめるようになっている。

 シナリオが進んで、特定の条件を満たすと、ブラックジャック、バカラ、ルーレットができる裏カジノ、己自身の肉体をかけてファイトマネーをもらう地下闘技場、博徒御用達の賭場(丁半博打)など、遊びきれないほどの娯楽も登場してくる。

photo コンビニやドンキホーテ(こちらは実名で登場)などもあちこちにあるので、ちょっとした買い物には便利だ。コンビニでは、すぐ食べられる品が数多く並ぶが、こうした食品類は、ケンカの最中に失った体力を回復させる効果があるので、買っておくと重宝する。なお、大手酒造メーカーや雑誌社との提携により、実在の飲料や雑誌も売られている。宣伝時に話題になったグラビアアイドルの写真などは、こうした雑誌に掲載されている

 そして、男にとって最大の楽しみ「女」。ビデオショップ(ただしヤバい映像はナシ)、ショー付きのランパブ、キャバクラ、マッサージ(健康的なマッサージのみ)などなど。そのものズバリ、ピンク通りという道を中心にこれらの店舗が並んでいる。キャバ嬢とは個人的に仲良くなったりするとメールが送られてきたりもする。ケンカで相手から迷惑料をせしめたら、彼女たちに癒してもらってまたケンカへ……これでは極道の名が泣く気もするが、そのへんはプレーヤーの裁量次第といったところだろう。硬派を自認する人はいかなければいいのだ。

photo 楽しいことも多いが、そこはやはり夜の街。危険な誘惑もいっぱい転がっている、ついつい調子に乗って、ひどい目に遭ったりしないように。「君子危うきに近寄らず」だ。とは言え、だまされてやるのも男の甲斐性のうちか!?

GTAシリーズとは本質的に異なる、龍が如くのゲーム性

 リアルに作られた街と、犯罪者の主人公という組み合わせを聞くと、どうしても「グランド・セフト・オート」(以下、GTA)シリーズに似ている、と感じる人がいるだろう。だが、この両者はそうした上辺の類似性とは裏腹に、ゲーム性はかなり違っている。

 GTAシリーズの場合、主人公は不特定のチンピラであり、それ以上の存在ではない。シリーズの中には主人公に名前がついている例もあるが、それでもそこに主人公の人生観といったテーマ性はない。

 詳しく語るのは控えるが、GTAシリーズは、“リアルに作られた街をいろいろな車で走り回る”ということから出発している。つまり、発想の原点がドライビングシミュレーションと同じなのである。そこから、いろいろな車を次々乗り換えさせたいというコンセプトが生まれ、主人公が車泥棒であるという基本設定が生まれる。そして、車泥棒である以上、彼はチンピラであって……と繋がるのだ。

 対して、龍が如くでは、まず初めに“極道を描く”という観点から出発している。そしてその拠点として、日本最大の歓楽街である新宿歌舞伎町をベースに、神室町という架空の舞台を作っている。完成した姿は一見似ているが、両方をプレイすれば、底に流れているゲーム性が異質であることは、すぐに気づくだろう。

 この両者に関しては、どちらが優れているという比較は意味がない。それぞれが別の物差しで計るべき作品なのだから。

 龍が如くの遊び方は、プレーヤーの数だけあるといっていい。各種のギャンブルやバッティングセンターなどのミニゲームは、実際やってみてもかなりハマる。好きな人なら、何時間でも遊んでいられるだろう。

 しかし、龍が如くの主軸は、あくまで極道のドラマなのだ。桐生一馬という、ひとりの男の闘いこそが要なのである。メインとサブという観点で言えば、両者の立場が逆転することはあり得ない。だが、かといって制作者たちが意識した、たったひとりの極道以外は受けつけない、といった偏狭さとも無縁なのだ。

 人気作家・馳星周氏の監修を仰いでまで描き出した極道の物語を、ひょっとしたらそれをすべて崩壊させてしまうかもしれない、ありあまるほどの副次的な面白さと混在させたこと。この思い切った姿勢こそが龍が如くの最大の特徴なのだと思う。硬派を貫くメインストーリーと、時に大バカなギャグにもなってしまうサブイベントは、同じゲームとは思えないほどのギャップを示すことすらある。それを容認したことで、龍が如くは、混沌とした膨大なエネルギーを獲得し、個性的なゲーム性を生み出すことに成功しているのだ。

photo 龍を彫った一馬と鯉を彫った彰。龍は、中国の大河・黄河を意味し、鯉はその黄河にある竜門を超えて、成長していくという意味を持つ。この刺青は、一馬と彰、ふたりの関係を象徴する。一馬を超えようともがく彰。それを受け入れつつ、跳ね返そうとする一馬。ふたりの極道の闘いは、どんな終幕を迎えるのだろうか?
龍が如く
対応機種プレイステーション 2
メーカーセガ
ジャンルアクションアドベンチャー
発売日発売中
価格7140円(税込)
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる