レビュー
» 2005年12月26日 16時37分 公開

1次と2次のβテストに熱く参加してみた「ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン」体験記(1/5 ページ)

2006年2月23日(木)の発売が予定されているスクウェア・エニックスの新MMORPG「ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン」は現在第2次βテスト中である。スクウェア・エニックスが提唱する「MMO・アクションRPG×ストラテジー」というジャンルはいかなるものなのか。基本情報の紹介とともにリポートしていくことにする。

[仗 桐安,ITmedia]

ファンタジーアースって何なのさ

 スクウェア・エニックスのMMORPGといえば「ファイナルファンタジーXI」や「エバークエストII」が挙げられる。両者ともかなりの人気タイトルで、連日連夜遊び倒しているプレーヤーも数多くいることだろう。そんなMMORPGでは定評の高いスクウェア・エニックスから新機軸のMMORPGが登場する。それが「ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン」だ。現在2次βテストが進行中。3次βテスターの募集は12月19日より12月25日まで公式サイトで行われた。2006年2月23日の製品版完成に向けて確実に前進をしていると言えるだろう。

 今作が「新機軸」だと前述したが、どこがどう新機軸なのか。まずメーカーが提唱している今作のジャンル名が「MMO・アクションRPG×ストラテジー」という点に注目してみた。そう、ただの「MMORPG」というカテゴリーではなく、「アクション」と「ストラテジー(戦略)」が加えられた独創的な内容が盛り込まれているのである。既存のMMORPGタイトルとは一味も二味も違った遊びが体験することができるというのだ。

 6つの大陸で構成されている今作の世界では、常に5つの国の王が覇権を争っている。プレーヤーは、いずれか1つの国を選び、王の命に従って仲間とともに大陸の統一を目指して戦うことが主目的となる。モンスターを倒したり、敵の軍勢に切り込むときにはアクション性の高い操作が要求され、敵国との戦争の際にはリアルタイムストラテジーとも言うべき奥深い戦略の数々を駆使しなくてはならない。

 ちなみに筆者が参加した1次βテストでは、数々の制約があった。所属国はカセドリア、ゲブランドの2国に限定。本来6つある大陸を2大陸(エイケルナル大陸、ストリクタ大陸のみ)解放し、中央大陸を含む他の大陸を閉鎖。レベルキャップ(レベルの上限)は20。建設できる建築物はオベリスクのみ。必然的にカセドリアとゲブランドの一騎打ちという構図だ。次項では1次βテストに登場した各国についてご紹介しよう。

カセドリア連合王国とゲブランド帝国

 プレーヤーがどの国に所属するかは自由に選択できる。各国のリーダーはそれぞれ個性的な曲者揃い。どの国につくかが今後の命運にも影響を及ぼすので、慎重に選びたいところだ。筆者は何となく王の出で立ちが気に入ったのでゲブランド帝国に加わることにした。ここでは各国首都の景観をご紹介しよう。

カセドリア連合王国首都「アズルウッド」
豊かな緑と怏々たる外海に囲まれた美しき王城区と、外壁に囲まれ堅牢を誇る一般区とで構成されている。以前は、深い緑のなかにひっそりと存在していた傭兵街であったが、ウィンビーン率いる傭兵団の本拠地として名を馳せ、そのまま首都として使われることとなった。ティファリス即位の記念に王城区の離島に建立した「聖堂」は、唯一の架け橋が先の戦争により分断され、住民の間でも復興が待ち望まれている
静かな暮らしを望むティファリスの思いに同調する国民性のためか、多少の窮屈さは気にしていないようである。交通の便が劣悪なのを除き、生活は向上の一途をたどっており、非常に活気に満ちている。首都の周りで狩猟や食料の収集ができ、湖で水産物が採れ、木材を中心とした資源もあり、将来性豊かな土地といえよう

ゲブランド帝国首都「ルーンワール」
ルーンワールは、ゲブランド国内において最も歴史のある街である。しかし、その歴史の長さは貧富の差を生み、しかも文化として定着してしまっている。王城周辺は煌びやかであり、落ち着いた色合いも手伝って厳かなイメージを醸し出しているのに対し、一般居住区はあまりにも貧相である。いわゆるスラム街とまで言われる区画は首都らしからぬ雰囲気を持ち、ルーンワールの暗部として貴族からは毛嫌いされている
王城の周りに居を構える人々の暮らしは豊かである。だがそれは特権を振りかざし、栄華をほしいままにしてきた結果ともいえる。そしてその他大勢の一般住民は通常税の他に貴族のためにも税を支払っており、さらなる重荷となっている。それでも、住民の顔は明るい。ライル皇帝の革命的政治のためである。貴族特権を次々と廃止し、住民生活の向上に努めている。反対に貴族は没落を始めており、皇帝への反感もしばしば囁かれる

近くでぶったぎるか、遠くから放つか、それが問題だ

 今作を始めるにあたって最初に決定すべき項目は名前(当たり前だ)、性別、容姿、所属国、そしてクラス(職業)だ。クラスは全部で3種類。それぞれ一長一短でバランスを考えられたつくりになっているので、自分の好みで選んでみよう。

近接攻撃型の「ウォリアー」
強固な防御力と強烈な攻撃力を誇るクラス。肉体的に他のクラスより秀でており、白兵戦を得意とする
万能型の「スカウト」
弓による遠距離攻撃と短剣による奇襲攻撃を使い分けるクラス。相手をかく乱させ、弱体化させることを得意とする
遠距離魔法攻撃型の「ソーサラー」
強力な魔法を多彩に使いこなすことができるクラス。魔法でダメージを与えるだけでなく、相手の動きを封じることもできる

 ちなみに筆者は基本的に「戦士」的なポジションが好きなので、迷わずウォリアーに決定した。ガツガツガシガシと敵を叩くさまはなかなか勇壮なのだが、やはり飛び道具を前にするとキツイ局面もあった。特に戦争において動きを遅くするスキルを使われてしまうと、かなりのピンチに陥ることもしばしば。ウォリアーもレベルがあがれば攻撃範囲を広げるスキルを習得したりするので、最初のうちは辛抱だ。

城下町に並ぶショップで武器や防具を入手せよ

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい