ニュース
» 2006年02月17日 14時58分 公開

ゲーム界のアカデミー賞「9th Annual Interactive Achievement Awards」が決定(2/3 ページ)

[岩井省吾,ITmedia]

Outstanding Achievement of Game Design(ゲームデザイン賞)

Outstanding Achievement of Soundtrack(サウンドトラック賞<既存曲>)

  • Guiter Hero(Red Octane・Harmonix Music Systems開発)

 結果として、Guiter Heroが立て続けにゲームデザインを含む2つの賞を受賞した(サウンドトラック<既存曲>部門では「Guiter Hero!」という掛け声がとんだくらいだ)。「Guiter Hero」がどのようなゲームかというと「ギターコントローラを使ってギターで曲を演奏するゲーム」。ギターフリークスと同じと思われるかもしれないが、本作では5弦になっていたり、トレモロアームを使ったフィーチャーが搭載されているのが特徴だ。アメリカゲームメーカーによる日本産ゲームのアイディア盗用が問題になっている昨今だが、ただコンセプトを持ってきただけのゲームであれば、本作がここまで高評価を得られることは決してなかっただろう。

5弦あればゲーム性も異なっているということか……

 最終的には、ワンダとnintendogsがともに2部門受賞、Guiter Heroが3部門受賞となったが、それを上回る4部門受賞のタイトルがあった。それが「ゴッド・オブ・ウォー」だ。

Outstanding Achievement in Original Music Composition(オリジナル作曲賞)

Outstanding Achievement in Sound Design(音響効果賞)

Outstanding Achievement in Animation(アニメーション賞)

Ounstanding Character Performance-Male(キャラクターパフォーマンス賞・男性部門)

  • 「ゴッド・オブ・ウォー」(SCEサンタモニカ開発・国内発売元:カプコン)

 ただし、このタイトルはゲームデザインでの評価がなされていないため、この4作品のうち、どれがGame of the Yearになってもおかしくない状況だった。ひょっとしたらGuiter Heroの可能性も捨てきれない状況だった。それ以外の部門賞は以下のとおり。

Outstanding Achievement in Online Game Play(オンラインゲーム賞)

  • 「バトルフィールド2」(EA・Digital Illusions開発)
Xbox 360タイトルやマリオカートDSを押しのけて受賞。まだまだオンラインゲームはPCが強い

Outstanding Achievement in Story&Character Development(脚本賞)

  • Call of Duty 2: Big Red One(Activision・Treyarch開発)

 こちらのCall of Duty 2はプレイステーション 2、Xbox、ゲームキューブの「現世代機向け」に作られた作品。ちなみに本家Call of Duty 2は結果的に無冠に……。

Ounstanding Character Performance-Female(キャラクターパフォーマンス賞・女性部門)

  • ジェイドエンパイア〜翡翠の帝国〜(マイクロソフト・Bioware開発)

ジャンル賞・巨像対戦神!!

 続いてジャンル賞別賞だが、以下のカテゴリーでのジャンル分けがされている。

  • Action/Adventure Game(アクション・アドベンチャーゲーム)
  • Strategy Game(ストラテジーゲーム)
  • First Person Action Game(1人称視点のゲーム)
  • Simulation Game(シミュレーションゲーム)
  • Fighting Game(格闘ゲーム)
  • Racing Game(レースゲーム)
  • Sports Game(スポーツゲーム)
  • Role Playing Game(RPG)

さらに、対象年齢や運営・供給方法別などによるジャンルもある。

  • Handheld Game(携帯機・PSP/GBA/DS向け作品が対象)
  • Cellular Game(携帯電話向けゲーム・一応N-Gage向けも含まれる)
  • Downloadable Game(ダウンローダブルゲーム・一般市販ではなくダウンロードで購入できるゲームが対象)
  • Massively Multiplayer Game(MMOゲーム)
  • Family Game(ファミリー向けゲーム)
  • Children's Game(子供向けゲーム)

 なお、去年まではPCとコンシューマで別々の賞があったが、今年はPCとコンシューマを合わせて1つの賞になっている。

Children's Game of the Year(子供向けゲーム部門賞)

  • みんな大好き塊魂(ナムコ)
なんと、去年の覇者「Sly 3」(怪盗スライ・クーパーのシリーズ最新作)や「マダガスカル」などの受賞予想をくつがえし、王子がトロフィーを巻き込んだ! これには王様もビックリしたことだろう

Fighting Game of the Year(格闘ゲーム部門賞)

  • ソウルキャリバーIII(ナムコ)
「鉄拳5」や「エキサイティングプロレス7」といった日本勢の対決となったこの賞を制したのはゲームボリュームに優れたソウルキャリバーIIIがゲット

Handheld Game of the Year(携帯ゲーム部門賞)

  • nintendogs(任天堂)

 そして、問題となるのは「Action/Adventure Game of the Year」。5作品ノミネートされているが、事実上本年度は「ワンダと巨像」と「God of War」の一騎打ち。その結果、ゴッド・オブ・ウォーに軍配が上がった。

Action/Adventure Game of the Year(アクション・アドベンチャーゲーム部門賞)

  • 「ゴッド・オブ・ウォー」(SCEサンタモニカ開発・国内発売元:カプコン)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  6. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」