ニュース
» 2006年03月16日 14時09分 公開

シリーズ初の女主人公も登場――ニンテンドーDSで新たなロックマン「ロックマン ゼクス」誕生(1/2 ページ)

1987年12月にカプコンから発売されたファミコン用アクションゲーム「ロックマン」。「ロックマンX」や「ロックマン エグゼ」など、これまでも数々の展開を見せてきた本シリーズではあるが、このたび、新たなシリーズが誕生することが明らかになった。

[ITmedia]

 1987年12月にカプコンから発売されたファミコン用アクションゲーム「ロックマン」。正統なナンバリングタイトルのみでなく、「ロックマンX」や「ロックマン エグゼ」など、常に新たな展開を見せてきた本シリーズだが、このたび、新たなシリーズが誕生することが明らかになった。その名は「ロックマン ゼクス」(以下、ゼクス)。ニンテンドーDS用に開発されているタイトルである。

ロックマン ゼクスの世界

 科学技術の発達した未来世界。人間と、人間が作り出した機械生命体「レプリロイド」が作り上げた平和は、暴走レプリロイドによる人間への反乱をきっかけにもろくも崩れ去った。やがて、長く続いた戦争はあまたの英雄たちの活躍により終わりを告げ、人間とレプリロイドは真の平等と共存を目指し、再び歩み始める。

 人間は「機械の体」というレプリロイドと同じ「力」を、レプリロイドは「寿命」という人間と同じ「命の重さ」をそれぞれ持つことが許され、両者の境は限りなく薄れていきそれから数百年の時が流れた……。

 世界はヒトビト(かつて人間とレプリロイドだった者たち)の手によりいくつかの国を形成するまでに復興していた。だが、それ以上の繁栄を阻むかのごとく、世界のあちこちで独自進化/野生化した機械生命体「イレギュラー」の出没する危険なエリアが発生し、国家間の交流を妨げていた。その危険性から、どの国も干渉しなくなった不可侵地帯「アウター」が形成される。

 こうして世界はヒトビトが暮らす安全地帯「インナー」と、イレギュラーの出現する危険地帯「アウター」とに分けられ、各国はアウターによって分断される形となる。そんな中、ヒトビトの国はアウターの遺跡から発掘された技術を保有する巨大企業「セルパン・カンパニー」によって、大きな発展を遂げていた。こうしてヒトビトは、イレギュラーの脅威が及ばない都市中心部にて、セルパン・カンパニーが提供する技術や恩恵を受けることで平和な暮らしを続けている。

photophoto ヒトビトの暮らす国内がインナーと呼ばれる。複数存在する各国は、アウターにより分断される形で地上に点在している。世界規模の戦争が終わったこともあり、インナーの自然環境は回復しつつある

photophoto 一方、インナーの外、不可侵地帯と呼ばれるのがアウターだ。荒野に廃棄され、独自進化をしてきたメカニロイドや 野生化した暴走レプリロイドたち、通称「イレギュラー」が出現するエリアの総称でもある。イレギュラー発生の原因は解明されておらず、その危険性からどの国も干渉しないため、不可侵地帯となっている。気象管理されていないアウターでは、異常気象が日常だが、アウター内にある遺跡などから「ライブメタル」など、過去の遺産が発見されることがある

 それでも国の危機管理のおよばない辺境では、時折アウターからのイレギュラー襲撃による被害が発生していた。これに対し、ヒトビトは「ガーディアン」とよばれる自衛組織を設立。独自に辺境の防衛とアウターのイレギュラー発生原因の調査を行っていた。


photo 街の中心にどうどうとそびえ立っているのがセルパン・カンパニーだ

 以上がゼクスの世界となるが、インナーとアウター以外にも、いくつか説明が必要なものが出てきたと思うので、ひとつづつ紹介していこう。まず、アウターの遺跡から発掘された技術を保有、ヒトビトに提供するセルパン・カンパニーについてだが、国のエネルギー資源の大半をまかなっている、言わば国の生命線となっている企業である。しかも、国の生命線を握っているからといって悪いことをする企業でもなく、民間用のありとあらゆる産業に着手しており、優良企業として信頼されているとのこと。


 なお、セルパン・カンパニーはその名が示す通り、セルパンという人物が社長を示す企業だ。セルパンは、アウターに眠る古代技術の発掘に成功し、一代で巨大企業へと育て上げた優秀な人物である。さらに言えば、カンパニー所属のメカニロイド隊を従え、過去に何度もイレギュラーの襲撃から国を救ってきた英雄でもあるという。

 では次に、イレギュラー襲撃から辺境の町々を守ってきた国家非公認組織、ガーディアンについて説明しよう。彼らは大型の飛行艇「ガーディアンベース」を本拠地として活動しており、辺境の防衛のみならず、独自にイレギュラー発生の原因調査をしている組織で、基本的には有志の集まりで構成されている。ガーディアンの初代リーダーは、アウターの調査中に失踪してしまったため、今は2代目として「プレリー」という名の少女がリーダーを務めているとのことだ。

photo セルパン(CV:梁田清之)
photo プレリー(CV:広橋涼)
photo ガーディアンのメンバー

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」