レビュー
» 2006年04月20日 00時00分 公開

懐かしのファミスタモードで思い出にひたり、熱スタ2006でナムコ野球ゲームの進化を知る「プロ野球 熱スタ2006」レビュー(2/2 ページ)

[水野隆志,ITmedia]
前のページへ 1|2       

さらに広がった夢の領域

 初代ファミスタから始まったリアリティへの追求は、演出面で飛躍的な進化を遂げ、操作性においては、シリーズ初期のシンプルさを残しながら、プレーヤーの技量によっては、より複雑でリアルなモードも使用できるようになった。全体的に見て、初心者に配慮しながら、ベテランにも対応している、という作りだ。優しさ重視の発想と言えるだろう。

 では、ファミスタのもうひとつの特徴であった夢の部分はどうなっただろうか。これにかんしても、その楽しさは格段に上がっている。チームと選手の両方で、いろいろなアレンジができるようになっていて、夢の領域が大きく広がっているのだ。

photo アスナロDASH!で選手を作る場合は、能力以外に外見面も細かく決められる。写真は、ユニフォーム関連の設定を決めているところ。これ以外に、名前、誕生日、年齢、背番号、利き腕、フォームの種類、顔、髪型なども好みで設定できる

 チームでは、既存のプロ12球団をトレードなどの補強によって再編成することと、自分だけのオリジナル球団を作ることが可能になった。単純に試合をしたり、ペナントを通して優勝争いを行うのはもちろん、気に入った球団(オリジナル球団を含む)を経営し、人気球団に育てていくというシミュレート性の入ったモードも用意されている。

 選手のアレンジ方法も多彩だ。中でも、オリジナル選手を作ってキャンプで鍛えてプロデビューされる「アスナロDASH!」はプレイ時間もかからず、その割に内容が濃くて面白い。

 時間を短縮したいなら、定められた数値や設定を入力していくだけでオリジナル選手を作るお手軽なアレンジ方法も用意されている。ランダムの要素がないのでゲーム的な駆け引きはないが、自分のイメージ通りの選手が確実に作れるメリットがある。

 これが生きてくるのは、現実のプロ野球のシーズンが進んだ時だ。熱スタ2006に入っているデータは、昨シーズンに基づいて定められている。今年のシーズンで昨年の数字がそのまま反映されることはまずない。途中でトレードや補強が行われたり、2軍から若手が上がってくることもある。こうした現実の状況をゲームに反映することがカンタンにできるのだ。

チームではなく、個人の目線で野球を見る面白さ

 そして、こうしたさまざまなモードを通して作成されたオリジナル選手は、すべてのモードで、実在するプロ選手と同じに使用することができる。とりわけオリジナル選手が映えるのが、「ジンセイ」と呼ばれるモードだ。

photo 外国からの助っ人という設定で東北楽天に入ったオリジナル選手。打率3割を越す成績を残しても、まだ同僚選手とレギュラー争いを演じている。プロの世界は厳しい!

 このモードはチームではなく、選手の立場で進行する。目指すはレギュラーの座。ここでは試合で勝つだけでなく、選手として勝利に貢献することが大切になる。チームがいくら強くとも、役に立てなければ試合には出してもらえなくなるし、最悪、2軍落ちもある。なかなかキビしいモードだが、それだけに真剣勝負の醍醐味が味わえる。

 ジンセイはある程度ゲームに慣れてからでないと難しいかもしれないが、、契約交渉や自主トレ、キャンプなどの要素もすべて入っており、選手が現役引退するまでプレイすることができる。チームで勝利を目指すのとはまた違った面白さがあるのだ。

野球ファンの夢・ゴールデンドリームス

photo いきなり全選手に挑めるわけではなく、特定の選手をクリアすることで、次の選手への挑戦権が得られる仕組みになっている。フォームのシルエットだけで誰だか見抜ければ、かなりの野球通?

 実在しない選手をゲームで使うようにする各種のモードのうち、何と言っても野球ファンの心をくすぐるのは、往年の名選手たちを登場させる“タイムスリップ”だろう。

 これは現役選手を操作して名選手と勝負し、勝つことで名選手たちが使用可能になっていくというモード。投手30名、野手36名が登録されており、全員に勝てば、往年の名選手だけで編成されたゴールデンドリームスという球団が使用可能になる。ゴールデンドリームスは、トップに福本、クリーンナップは長嶋、王、野村、エースには200勝投手がズラリという、とんでもないチーム。操作しても、敵に回しても、それぞれ楽しみ方がある。

ながめているだけでも十分に楽しい

 リアリティと夢というファミスタのキーワードを発展させ、20年という節目の年に、その成果を存分に見せてくれた熱スタ2006。野球ファンなら、迷わず買いの一本なのは間違いないが、ここまでリアルになったことで、また別の楽しみも生まれている。最後に、それについて紹介しよう。

 初代ファミスタにもあった「WATCH機能」。つまり、コンピュータ同士に自動対戦させて、それをながめるモードだ。演出面のリアリティが増し、選手の行動パターンが細かく設定されている熱スタ2006では、この観戦機能が従来以上に魅力を増している。

photo ホームランやタイムリーヒット、ダブルプレーやピンチを抑えたときなど、名場面ではリプレイも流れる。リプレイはメモリーカードに保存することも可能だ

 テレビも面白くなく、適当なDVDも手元にないような時、この機能を使ってみよう。野球好きなら、何とも言い難い、心地よい時間を過ごせるはずだ。オールスターや日本シリーズなどの再現はもちろん、松坂VS上原のWBCエース対決、ダルビッシュVS一場の有力若手対決など、いろいろな組み合わせが自分の思う通りに実現できる。試合展開にもよるが、1試合だいたい1時間程度かかるので、ちょっと空いた時間を有効利用したい時には最適だ。

photo 各選手には調子があるので、レギュラーでも外したほうがいい場合もある。特に昨年の成績が良くなかった球団の場合、選手評価がキビしいので、工夫のしがいがある

 この観戦機能をさらに一歩進めた遊び方として、操作をしないでどこまで勝てるか、という遊び方も考えられる。つまり、先発投手の選択とオーダーの設定だけを行い、実際の操作はすべてコンピュータに任せてしまうのだ。打撃に目をつぶって守備力を強化してみたり、左ピッチャーに対して右打者を並べたり、といった采配を振るうことで、どこまで勝てるかやってみる。これにも直接プレイするのとは、まったく違った難しさがあって、かなり面白い。控えから起用した選手が活躍したりすると、自分のことのようにうれしくなる。

photo WBC日本チームを編成し(イチローと大塚は選手アレンジで作成)、ゴールデンドリームスと対決する。夢を追い求めるファミスタスピリットは、依然健在だ。さあ、自分なりの野球ライフを楽しもう!

 幾多のモードを搭載し、実際に操作しても、見ているだけでも野球の魅力が堪能できる熱スタ2006。ここには、ナムコの野球ゲームが培ってきた20年の成果が凝縮されている。今までの20年をまとめ、新たな20年(それ以上)の第一歩へとつながる作品として、見事にその役割を果たしたと言える。ボリュームがあるので、遊び尽くす頃には今年のシーズンが終わっているかもしれないが……まぁ、その頃には2007版が出ていることだろう。そして、そこでは今年の成果を踏まえ、さらなる進化があるはずだ。

プロ野球 熱スタ2006
対応機種プレイステーション 2
メーカーバンダイナムコゲームス
ジャンルリアルプロ野球ゲーム
発売日発売中
価格7140円(税込)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい