メディア
レビュー
» 2006年05月02日 00時01分 公開

「テトリスDS」レビュー:誰もが知っている「テトリス」が、ニンテンドーDSによって生まれ変わる (2/4)

[桜山憂太,ITmedia]

ホールド

 テトリスDSにおいて重要なテクニックがこの「ホールド」。これは、LかRを押すことで、いったん画面左上のホールドボックスにテトリミノを置いておくことができるのだ。このホールドボックスにあるテトリミノは、いつでも落下中のテトリミノと交換することができるため、フィールドの状況に合わせて変えることが可能。ただし、一度ホールドボックスから出したテトリミノを再度戻すことはできないので注意が必要となる。このホールドを意識的に使えるようになれば、いらないテトリミノを置いておいたり、「テトリス」を決めるために縦一列の長いテトリミノを温存しておいたりと、かなり柔軟な戦い方ができるようになる。対戦時のオススメは、テトリス用の縦一列のテトリミノではなく、凸型のテトリミノを保持しておくといい。この凸型のテトリミノはかなり汎用性が高く、局面を打開するにはかなり重宝できるからだ。また、ホールドボックスから出されたテトリミノは、一番上から落下し直すので思考できる時間を取り戻せるのも利点の1つだろう。

ゲームスタート時は左上のボックスは空の状態。いらないテトリミノが出てきた、もしくは保持しておきたいテトリミノが出た時はLかRを押すと……
このようにホールドボックスにテトリミノが置かれることになる。この状態で画面のように使えないテトリミノが来た時や、狙っていた状況が来た時にLかRを押せば……
写真のように、落下中のテトリミノと交換ができる。このように、状況判断よくテトリミノを入れ替えることができるようになれば、かなり戦略に幅が出ることになり、対戦でもより有利な状況を作り出すことができるようになるはずだ

T-Spin

 今まで紹介してきた3つのテクニックも重要だが、この「T-Spin」は、より重要で高度なテクニックと言えるだろう。「T-Spin」を使えるか使えないかで、対戦でかなり差が出ると言っても過言ではないほどだ。初級・中級者にありがちな変な隙間ができてしまい、自滅してしまうというパターンを避けるためにも必須と言える。前述した通り、本作「テトリスDS」では、落下後もわりと長い間テトリミノの回転ができるため、ギリギリの状態から復活することも可能なのだ。絶対無理そうに見える隙間にも、「T-Spin」を使えば入れられる場所はかなりあったりする。下には一例を挙げてあるが、状況によって可能不可能があるため、さまざまな状況でどんどん「T-Spin」を狙っていき、体に覚え込ませるのが上達の早道と言えるだろう。また、Aボタンの時計回り、Bボタンの反時計回りも理解して使用できれば、より効率的に決められるぞ。

嫌な場所に隙間が出来ているうえに、ホールドボックスにあるテトリミノを出しても使えない
影を見てもわかるように、このまま落としても隙間が空いてしまう…。そこで落下し終わる寸前に、「T-Spin」を使えば……
このように、隙間を綺麗に埋めることができた。「T-Spin」を決めると、画面右下にマークが表示される。対戦時はより状況が有利になるし、1人用では高得点を得ることができるのだ

多彩なゲームモードが、新たなテトリスの遊びを提供する!

1Pゲームに入っている6つのモード。それぞれに特色があり、飽きずにいつまでも遊べるものばかりだ

 ここではテトリスDSの「1Pゲーム」にスポットを当ててみよう。本作には6つのゲームモードが用意されており、定番のテトリスから、DSの特性を活かした物まで多彩にそろっている。それぞれのモードについて、簡単な攻略法を含めて解説していこう。


基本を身につけられる、定番の「スタンダード」モード

 テトリスDSの基本的な要素が入っている「スタンダード」には、3種類のゲームが入っている。まず「マラソン」はひたすらラインを消して行くモードで、10ライン消すごとにレベルが上がり、テトリミノの落下スピードが上昇していく。特にレベル15辺りからは、テトリミノが出現後すぐに落下してしまうため、T-Spinを含めどれだけ回転をさせつつ粘るかがキモとなってくる。レベル15以上がこなせるようになれば、上級者の部類に入る目安と言えるだろう。

 次に「ステージクリア」は、自分でレベルと高さを選んで、指定されたラインを消すまでの間に何点取れるかを目指すモード。レベルを上げれば落下速度は早くなるうえ、高さを最高の“5”にすると、ゲームスタート時からフィールドの半分が隙間だらけの状態で埋め尽くされることになる。しかし、この「ステージクリア」ほど、高速落下やT-Spinの練習に持ってこいのモードはないと言えるだろう。いかに隙間を埋めつつ、フィールドの不利を解消するかを臨機応変に判断しなければならないからだ。まずは、低いレベルから始め、高さを徐々に上げるといい。高さに慣れてきたら、レベルを上げて速さに対応出来るようにしていけば、確実に腕は上がっていくはずだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.