地獄の楽しみ方、伝授します――「DEAD RISING」(1/2 ページ)

大量のゾンビが徘徊する街を舞台にしたXbox 360用ソフト「DEAD RISING」。今回は主人公フランクと壮絶なスクープ合戦を繰り広げることになりそうな強力なライバルや、地獄と化した街で楽しく生き延びるための要素を紹介していく。

» 2006年06月01日 20時04分 公開
[ITmedia]

 大量のゾンビが徘徊する街「ウィラメッテ」を舞台に、プレーヤーはジャーナリストであるフランクとなり、“助けのヘリが来るまでの72時間を生き延びる”、“スクープを入手する”などの目的をはたしていくXbox 360用ソフト「DEAD RISING」。

 地獄と化したウィラメッテだが、これほどの大惨事に、スクープを求めてやってきたジャーナリストはフランクだけなのか? と言えば、もちろんそんなことはない。今回はまず、フランクが72時間のサバイバルの最中にたびたび出会うことになるであろう、幾多の戦場や危険をかい潜り、スクープを手にしてきた知る人ぞ知る名カメラマン(自称)の「ケント・スワンソン」を紹介しよう。

ケント・スワンソンが語るフランクとの出会い

 フランキーとの出会い? あぁもう最悪だったよ、あのときは!
 あいつさ、オレが最ッ高のシャシンを撮ろうとカメラ構えてたら、フレームの中にフラフラ入ってきちゃったんだよね。シロウトさんはこれだから困るよ。ご大層なカメラ抱えてんのに、シャシンのイロハも知らないんだから。
 彼“も”俺と同じプロのカメラマンらしいよね。どれほどの腕前か知らないけど、あの風貌じゃたいしたシャシンは撮れるハズないよ。まぁ、あいつがさ、自分が撮ったシャシンを見てくださいってお願いしてきたら見てあげなくもないけど、オレの最高のシャシンを超えるものを撮ることなんて不可能だろうね。あははっ!

photo ちょっと、あんた! こっちはシャシン撮ってるのに入っちゃってるの! フレームに! 判る?
photo ったく! ご大層なカメラ抱えてンのに、シャシンのイロハも知らないんだから…
photo OK、フランク! おたくのシャシンを見てあげるよ。オレの最高のシャシンを超えるものが撮れるかな?

photophoto どうだ、フランク! スクープは撮れているかい? おたくのシャシンを見せてみろよ…! って、ん…? まぐれだろ?


 どちらかと言えば悪役、やられ役にも見えてしまうケントだが、ゲーム中、フランクとスクープ合戦を繰り広げることはあるのだろうか? いずれにせよ、強力なライバルの出現はフランク(プレーヤー)の進むべき道に、何らかの影響を与えることは間違いなさそうだ。

 では次に、スクープになりそうな出来事を2つ、実際のゲーム画面を交えながら取り上げていこう。ここで注目してもらいたいのは、どちらもゾンビではなく生身の人間が引き起こしている出来事であること。“人と人との醜い争い”を描くことも、本作の重要なテーマのひとつとなっているだけに、こちらもしっかりとチェックしてもらえればと思う。

●Scoop1:謎のカルト教団

photophotophoto カルト教祖らしき男が剣を持ち、両手を高々と上げ恍惚の表情を浮かべ、何やら声を張り上げている。女が1人猿ぐつわのすき間からうなり声を上げるも、教祖は気にせず何かの儀式を続けている
photophoto シネコンの入り口。黄色いフードに妙な仮面を被った集団とは別に、先ほどの教祖と、猿ぐつわされた女性が見える。どうやら仮面の集団は、このカルト教団の信者のようだ。“悪しき血を流し尽くし、魂を救済するのだぁ!”とわめく教祖。ゾンビを静めるためのいけにえを捧げているようだが……このままでは彼女は狂った信仰により殺されてしまうのは間違いない。しかも、ほかにもいけにけ候補がいるようだ。スクープのために黙認するか? それとも助けるのか? プレーヤーはここでひとつの選択を迫られることになりそうだ

●Scoop2:ゾンビ慣れした特殊部隊

photophotophoto 完全武装した隊長と思しき士官が冷静に指示を出し、音もなく素早くモールに潜入する兵士たち。徹底的に訓練された特殊部隊が突如として出現する
photophoto 圧倒的な力でゾンビをせん滅していく特殊部隊。動きには無駄がなく、彼らの後には無数のゾンビの死骸(しがい)が残されていく。ただひとつ気になるのは、いくら訓練されているとは言え、彼らがこの状況に慣れ過ぎているということ。しかも、落ち着いているというより、ゾンビと闘い慣れているという点だ。彼らはウィラメッテの鎮圧だけが目的で投入されたのか? そもそも彼らは敵なのか? 味方なのか? 謎は多い
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」