インタビュー
2006年06月02日 11時30分 更新

まさにディレクターズカット版――「ぼくなつポータブル」インタビュー (3/3)

前のページへ 1|2|3       

――話は変わりますが、上田三根子さんのキャラクターを使おうと思ったのはなぜですか?

綾部 ぼくなつの世界は夏休み、しかも昔の日本の夏休みなので、人によって感じる振れ幅が大きいと思うんです。ものすごく地味な、和風のおとなしい世界を体験として持っている場合もあるでしょうし、いまは田舎に住んでいなくて、都会に暮らしている人がプレイすることもあるわけです。この場合はすこしおしゃれな要素が入っている必要もあるでしょうし。ぼくなつという世界は、何も考えないで作ってしまうと、ベタに和風な世界へ過度に入ってしまう危険性があるんですね。そうではなく、都会に住んでいるユーザーも違和感なく、このゲームをおしゃれなものだとしてプレイできるためには、どこかデザイン的な強度を持つというか、べたつかない要素も必要になってきます。その意味もあって、上田さんのキャラクターを起用しました。

画像

 彼女のキャラクターは、絵にモノサシを当てて計ると分かるんですが、すらっとして8頭身や9等親に見えるキャラクターが多いにもかかわらず、実際には6.5頭身か7等親くらいしかないんです。ふつうの、生身の人間と変わらないんですね。でも立ち方が美しかったりとか、着こなしが美しかったりしておしゃれなイメージが作られています。ですから、上田さんのキャラクターであれば、ベタな日本の夏からおしゃれな世界まで、いずれも生活感たっぷりに描くことができるんです。そういう意味で、このゲームにとっては上田さんとの出会いは幸運でした。

 わたしは女性誌をよく読むんですが、「オリーブ」でよく描いているのを見ていて、好きだった、ということがありますね。上田さんが言っていたのですが、一時期はオリーブのほとんどの紙面で上田さんが描いていたこともあったようで、ものすごく目にしているキャラクターでした。そんなわけで印象が深かったということもありますし、シンプルなキャラクターで3Dにしやすく、ゲームに載せやすいという理由もありました。

――キャラクターデザインをお願いしたとき、上田さんはどのように思われたのでしょうか。

綾部 ゲームを作るというのは得をしているなと常々思うのですが、まったく異業種の人に仕事を依頼したときに、いきなり断られることはまずありません。「ゲームってどうやって作るの?」ということも含めて、クリエイターの方が興味を持ってくれるんです。上田さんも半信半疑の部分はあったのかもしれませんが、「おもしろそうだからやりましょう」という感じでした。

 そういう意味ではこのゲームは運がいいと思います。ソニー・コンピュータエンタテインメントに企画を持ち込んだときにも、わたしに会ってくれたプロデューサーにとって、夏休みをモチーフとした企画の持ち込みは3本目だったそうです。それで“3度目の正直”ということで採用したんだ、と後から教えてもらいました。

――オリジナル版を作るときには、ターゲット層などを考えて作られたのですか?

画像

綾部 オリジナル版については、プレイする年齢の対象などは特に考えてはいませんでした。ただ、プレイするのはきっと、いま田舎に住んでいる人ではないだろう。都市型のユーザーというか、都会に住んでいる人がプレイするのだろうなとは思っていました。プレイステーションのユーザーですし、新しいものが好きで、おしゃれなものが好きな人というか。ただ、企画した当時は30歳前後でしたが、自分が経験しているものが下敷きになっているゲームですし、結果的には同じような年齢の人には受けるのだろうと思っていました。実際発売されたあとの反響を見ると、小学生を含めて、かなり幅広い人に受け入れられたようです。

 オリジナル版が発売されてから、量販店である光景を目撃したんですが……。お母さんと子どもがゲームコーナーにいまして、お母さんがずーっとオリジナル版を見ているんですよ。子どもは別なゲームを買ってほしいので「あっちに行こうよ」と言っているんですが、お母さんは動かない。最後には子どもに「これは買わないからもうあきらめなさい」と言われていました(笑)。立場が逆ですよね。なんてこと言うんだと思いましたが(笑)。

画像

 それに、わたしもそうかもしれませんが、年を取ってしまうと「ゲームをプレイしている」なんて言えないじゃないですか。でも「あれは意外におもしろいんだよ」と、てらいなく言えるのが、ぼくなつなのかもしれませんね。いま使っている事務所を借りるときにお願いした不動産屋さんのおじいさんもオリジナル版を知っていて、「ぼくのなつやすみを作った人なんですよ」と大家さんに紹介されまして。さすがに大家さんは知らなかったんですが、こんなにお年を召した人も知っているのかと驚きました。

――ぼくなつポータブルですが、どのような方にプレイしてもらいたいですか?

綾部 これまでプレイしていなかった人には是非プレイしてもらいたいですね。オリジナル版を経験している人は、買うか買わないか迷うと思うんです。ぼくなつポータブルは、意外に変わっているんだけど、ぼくなつのニオイは失われていないという、異色の移植ができたと思っているので、機会があれば是非プレイしてもらいたいですね。暇つぶしでもいいですし、何かに疲れた人がこのゲームをプレイして元気になったりとか、そういうようなことが起きるとうれしいですね。

 この前子どもと池袋のプラネタリウムに行ったときに気づいたのですが、田舎と都会ではプログラムが違うんですね。田舎の場合は「こうしたら星を見つけられる」という解説があるんですが、東京だと中継地点となる星が見えない(笑)。星座の話は語られるけれども、星を見つけようという内容じゃないんですね。ぼくなつは都会に住んでいる人がプレイする場合が多いと思います。“実物が見えないからこそ星を見せてあげよう”というゲームなのかもしれません。

画像

ぼくのなつやすみポータブル ムシムシ博士とてっぺん山の秘密!!

画像

ジャンル:なつやすみアドベンチャー

発売日:2006年6月29日予定

価格:4800円

メディア:UMDディスク

メモリースティック使用量:352KB以上

企画 : ミレニアムキッチン

監督・脚本・ゲームデザイン:綾部和

キャラクターデザイン:上田三根子

発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン


(C)Sony Computer Entertainment Inc.


前のページへ 1|2|3       

[聞き手:今藤弘一,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.