ニュース
» 2006年06月02日 00時00分 公開

「ドロロンえん魔くん」が本格ホラーで復活!! OAV「鬼公子炎魔」(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       
(C)2006永井豪/ダイナミック企画・バンダイビジュアル

 「ドロロンえん魔くん」の放映からはすでに30年以上が経過しているが、当時の放映を見ていた方々の中には現在でも好きな作品のひとつに上げる人は少なくない。

 たとえば、冒頭でも触れたとおり、長島さんの奥さんも前作のファンだったそうだ。「普段、奥さんは僕の仕事に興味を示さないほうなんです。でも、今回だけはものすごく興味を抱いていたようなので、なぜかと聞いてみたんです。そしたら、『小学生のころ、えん魔くんと結婚しようと思っていた』と言うんですよ(笑)。もうビックリです」。

 カパエル役の佐藤さんも思い入れが強いらしい。「僕が見たのは再放送だったのですが、当時の雪ちゃんのポロリシーンにはかなりグッときましたね。今回の役を演じるにあたって、大人になった今はさすがにないかとも思いましたが、雪鬼姫にやはりドキドキしてしまいました」。本作でも雪鬼姫のセクシーシーンは必見ということか。

 また、監督をつとめる神戸守氏もそんなファンのひとり。「実は『ドロロンえん魔くん』は子供のころに見ていて、好きなアニメだったんです。だから、まさか自分が監督をするなんてことは考えてもいませんでした」。そして、好きな作品だからこそ「最初にお話をいただいたときには、正直、受けようかどうしようかかなり迷いました」と言う。

 神戸氏と言えば、萌えとグロテスクの融合作とも言われるアニメ「エルフェンリート」の監督としても知られる。そのグロテスクな表現と不気味な演出で自らの才能を世に知らしめたわけだが、そんな持ち味と「ドロロンえん魔くん」のコミカルな描写のイメージが合わなかったというのもあったのかも知れない。ところが、本作はコミカルではなくリアルホラーで描かれることとなった。それはもちろん、監督の得意とするところ。神戸氏は本作の監督をつとめることとなり、その特異な表現方法で本作を描いていく。「前作との大きな違いは、やはり雰囲気にあると思います。コミカルな描写がなくなり、かなりリアルに描かれていますね。そのあたりはやはり、自分の持ち味なのかなとは思いますが……、ちょっと地味になってます」。

 また、ここで神戸監督は興味深い話もしてくれた。それは、今回の取材で一番印象的だったコメントでもある。作品を手がける前段階で、神戸監督は永井氏に「(アニメとして表現する際に)やってはいけないことはありますか?」と聞いたそうだ。すると永井氏は「自分の作品で、やってはいけないことなんて何もない」と答えてくれたらしい。これにより、神戸監督は「自由にやろう」と決心することができたと言う。

 この言葉は、監督の良さを引き出す力を持っていることは言うまでもないが、永井氏の作品に対するこだわりも感じられるような気がしてならない。作家や作風さえ変わりながらさまざまな媒体でリバイバルされている永井豪作品には、「作り手の発想が反映された自由で面白いもの」というこだわりが見えるような気がする。

 さて、多くの人が「ドロロンえん魔くん」を今でも好んでいるという話をしたばかりだが、とはいえ、知らないという人たちもいる。炎魔を演じる徳本さんや雪鬼姫役の千葉さんなどは、自分たちが生まれるより以前の作品だったということもあって、出演が決まってえん魔くんを初めて知ったらしい。そして、ふたりとも本作を演じるにあたって、勉強のためにと原作を見たそうだ。その感想を聞いてみると、ふたりは口をそろえて「今作との雰囲気が大きく違う」と話していた。

 そのあまりの違いに、徳本さんは前作のアニメを見ながら、自分がもらった台本を見比べてしまったそうだ。「本作への出演が決まって、僕はさっそく前作のレンタルビデオを借りてきたのですが、あまりの違いにビックリしてしまいました。本作の台本と見比べちゃったりしましたね」と明かす。ただ、その違いは、演技の方向性も示してくれたようだ。「見た目も雰囲気もまったく違う作品になっていたことで、“自分なりの炎魔”を演じればいいんだなと感じることができました。もちろん緊張はしましたけど、自分なりに頑張った炎魔を演じてみました」。

(C)2006永井豪/ダイナミック企画・バンダイビジュアル

 逆に千葉さんは、知人の情報から入ったそうだ。「前作を観ていたという知り合いに『ドロロンえん魔くん』について聞いてみると、みなさん『雪ちゃんのちょっとエッチな描写が忘れられない』と言うんです。それはとても印象的でしたね。ただ、実際に本作を演じてみると、雪鬼姫のシーンはエッチというよりは妖艶な雰囲気になっていました。前作とはまた違った魅力があると思いますので、ぜひ見ていただきたいですね」。

 そんな本作「鬼公子炎魔」のDVD第1巻の発売は、8月25日とまだ先だが、作業は順調に進行中。ホラー作品を扱うということで、4月には入谷鬼子母神にて出演者・スタッフそろっての「ご祈祷」も受けたそうだ。永井先生にその感想をうかがった。「入谷鬼子母神には昔からお世話になっていて、危ない(?)作品をやる前にはお祓い(厄よけのご祈祷)をしていただいているんです。スッキリとして悪いものが落ちたような感じがしますね。これで『鬼公子炎魔』もスッキリして、ヒット間違いなしだといいですね」。

 人気アニメのリバイバル作品ということで、純粋に作品を楽しんで見るも良し、あのキャラクターたちがどのように成長しているのかを見るもよし、さまざまな楽しみ方があるだろう。今年の夏も暑くなるだろうが、8月発売の本作を見て、涼しさを味わってみてはいかがだろうか。

原作者の永井豪氏を囲んで、監督、キャストとも大盛り上がり
スタッフ:原作/永井豪 監督/神戸守 脚本/吉岡たかを キャラクターデザイン/小丸敏久 アニメーション制作/ブレインズ・ベース
キャスト:炎魔/徳本恭敏 雪鬼姫/千葉紗子 カパエル/佐藤せつじ シャポ爺/長島雄一
DVD第1巻 発売日/8月25日予定 価格/6090円(税込)
(第2巻/10月27日予定、第3巻/12月22日予定、第4巻/2007年2月23日予定)


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい