ニュース
» 2006年06月02日 00時00分 公開

「ドロロンえん魔くん」が本格ホラーで復活!! OAV「鬼公子炎魔」(1/2 ページ)

永井豪原作の漫画「ドロロンえん魔くん」が全4巻のOVAとなって登場する。その発売に先駆けて、原作者の永井豪氏や出演者の方々にお話をうかがってきた。

[ITmedia]
(C)2006永井豪/ダイナミック企画・バンダイビジュアル

 国内外を問わず、各メディアに巻き起こっているリバイバルブーム。ハリウッドでは「宇宙戦争」や「キング・コング」、日本映画では「鉄人28号」や「戦国自衛隊」などのリメイク版が上映され、ゲームでは「スーパーマリオブラザーズ」や「テトリス」が再登場するなど、過去の名作たちが、21世紀の最新技術によって美しくダイナミックに復活を遂げている。

 そんな中、言わずと知れた巨匠・永井豪氏原作の「ドロロンえん魔くん」が、OVAとなって登場する。永井豪氏と言えば、「マジンガーZ」や「デビルマン」など数え切れないほどの人気作を世に送り出したヒットメーカーであると同時に、現在のリバイバルブームの中心的人物でもある。実写映画では、監督・庵野秀明×主演・佐藤江梨子のコンビで話題を呼んだ「キューティーハニー」や、10億円という莫大な制作費を費やし最新のVFX技術をふんだんに用いた「DEVILMAN」、漫画でも永井氏以外の作者によって執筆された「キューティーハニー a GO GO!」や「マジンガーエンジェル」など、多くのリバイバル作品が世を騒がせている。

 「ドロロンえん魔くん」のリバイバルは満を持してと言ってもいいだろう。この作品は、「デビルマン」や「キューティーハニー」と肩を並べる永井氏の代表作のひとつで、1973年10月から1974年3月にはテレビアニメも放映されていた。その放映を見たことがないという人でも、「名作アニメ」としてご存じの方が多いのではないだろうか。当時の人気は相当なもので、放映を見ていた少女たちの中には「えん魔くんと結婚する!!」と豪語していた人も多かったと聞く(本作でシャポ爺役を演じる長島雄一さんの奥さんもそうだったらしい)。

 そんな当時の「えん魔くん」と言えば、明るいわんぱくな少年。そんな彼が、周囲で起こる奇っ怪な事件を仲間たちとともに解決していくというコミカルな雰囲気を持つ作品だった。しかし、今回の「鬼公子炎魔」ではその真逆。難解かつ凄惨な事件に、主人公の炎魔たちが挑んでいくという純粋なホラー作品になる。

 そのストーリーはこうだ。

 炎の化身・炎魔は、魔界から逃げ出した「魔」を狩るため、人間界で「炎魔探偵事務所」を開いて情報を集めている。そんなある日、彼の元に「行方不明になってしまったローラという娘を捜してほしい」という依頼が舞い込んでくる。ところが、街ではローラに関係する人間が何者かに次々と殺されていき……。奇妙な連続殺人事件へと巻き込まれることになった炎魔たちは、真犯人を突き止めるべく調査をしていく――。

炎魔
−ENMA−
(声/徳本恭敏)
炎の化身。魔界より逃げ出した「魔」を狩るために人間界へとやってくる
雪鬼姫
−YUKIHIME−
(声/千葉紗子)
氷の化身。雪女族の姫にして、炎魔のパートナー
カパエル
−KAPAERU−
(声/佐藤せつじ)
河童の妖怪。炎魔探偵事務所では情報収集を担当している

シャポ爺
−SYAPOZI−
(声/長島雄一)
炎魔の頭上にいる帽子型の老妖怪。地獄界の生き字引的な存在

(C)2006永井豪/ダイナミック企画・バンダイビジュアル

 本作の物語は、「ドロロンえん魔くん」のアフターストーリー。子供だった「えん魔くん」が成長し、青年「炎魔」となった世界が舞台となる。当然、前作では幼かった数々のキャラクターも成長し、大人になった姿で登場する。

 そんな物語に至る経緯というのは、至極単純なものらしい。原作の永井氏はこう明かしてくれた。「わんぱくで面白い主人公だったえん魔くんが、成長して大人になったらどうなるんだろう? というところから今回の企画は始まりました。成長したのだから戦い方もハードになっているだろうし、より強い敵とも戦うことになる。これは面白そうだな、と」。

 それに合わせて、コミカルタッチだった前作から雰囲気がガラリと変わっている。登場キャラを妖艶かつアダルトタッチなデザインに変更し、ジャパニーズホラーを意識したエロティックでグロテスクな映像作りが行われている。「正統派」と言っても遜色のない本格的なホラーが展開していく。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」